タグ:手芸 ( 12 ) タグの人気記事

鉛筆も作ったよ

新聞deエコバッグの講習会は、無事終了しました。
英字新聞で作る人、可愛い広告ページで作る人、
台湾の新聞を持参された方もあり、それぞれ味のあるバッグが完成しました。

今回エコバッグと一緒に、鉛筆も作りました。
ペパ鉛筆という名前で、作り方が公開されています。


短くなった鉛筆から芯を取り出し、
細長く切った新聞紙でぐるぐる巻きにします。
短い鉛筆の芯を使うので、鉛筆の真ん中あたりまでしか、芯がありません。
芯を最後まで使えるのが、最大の利点です。
f0088647_20341274.jpg
紙の鉛筆は手触りもよく、書きやすさの面では、木を上回るんじゃないかと思います。
ただ、電動の鉛筆削りでは、どうもうまく削れません。
手動の鉛筆削りで、通常に削る、3倍くらい多くレバーを回す必要がありました。
もっと簡単なのは、カッターナイフでサクサク削ることです。

巻き終わりの部分の新聞を少し切って、包装紙や雑誌のカラフルな紙を継ぎ足せば、
好みの柄の鉛筆になります。

小学生の子どもたちは、今でも鉛筆を使います。
鉛筆削り器に入らなくなれば、捨てられる運命にあった鉛筆が
可愛く生まれ変わるのは、本当に素敵なことだと思います。

鉛筆の再生は、以前紹介したtsunago(つなご)を使っていました。
紹介記事はこちら

とってもいい道具なのですが、固くてなかなか削れないのです。
初めての人にやってもらったら、これは壊れていると言われてしまうくらい、
作業が進まないのです。半ば諦めの心境でtsunago は放置されていました。

そこで、このペパ鉛筆を見つけた時は、
これだ!と思ったのです。

ただ、これにも問題は残っていて、
鉛筆から芯を取り出すのが、簡単にとは言いがたいのです。
表面を削ったり、水に浸したり、最後は指の力で木を剥ぎ取りますから、
この季節、荒れた指のささくれはますます酷くなりました。
なんせ、参加者分の芯が必要だったので。

さっき、ふと、tsunago の新製品が売り出されていないか。
できれば切れ味の良いtsunago が出ていたら、すぐに買いたいと思って、
HPを訪問しました。

なんと、新製品が出ているではないですか。
ところがそれは、代替え品ではなく、接続パーツだったのです。
名前はTSUNAGO PENCIL HOLDER。

力が入りやすくなるよう鉛筆を差し込んで回しやすくする道具ですね。
これはすぐにでも購入しなければなりません。

こんな小さなものを通販で買っていいのでしょうか。
運送屋さんにガソリンを使って配達してもらっていいのでしょうか?
Tsunago を買ったお店になかったら、仕方ないですね。


木材資源を無駄にしたくないと考える人、鉛筆を最後まで使いたいと考える人がいて、
その思いを形にする人がいるということが、とても嬉しです。






[PR]
by senbe-2 | 2018-02-12 20:10 | 遊び

新聞 de エコバッグ

古新聞を使った紙袋を初めて見たのは、もう随分昔のことでした。
まだ子どもたちが生まれる前、高知県を旅して、
四万十川流域の村を元気にする活動があることを知りました。
面白そうだったので、会員になると、わずかな年会費のお返しにと、
いろんなものが送られてきました。
その中に、新聞で作った袋が入っていたのです。
村のおばさんが考案したと書かれてありました。
それ以来、同じような、でも作り方は少し違う新聞バッグを
目にするようになりました。


そして、とうとう、今回、自分で作ってみたのです。
f0088647_09363128.jpg

参考にしたのは↓の2冊です。
両方の本から、いいとこ取りしました。




お正月は、きっといい柄の広告が載るのではないかと目を光らせていると、
楽しい広告がいっぱい集まりました。

実は図書館で、このカバンを作る会をするので、参加者の分も必要なのです。
そして、当日は、作り方を説明しないといけないので、家で練習を重ねました。
もともと作ることが大好きなので、この作業は全く苦になりませんでした。
というより、休みの日には、新聞を読んだついでに1つ作ってしまうくらい、
楽しい作業でした。

さあ明日が本番です。上手に説明できるかな。



[PR]
by senbe-2 | 2018-02-11 09:45 | 遊び

手袋その1

編んでます、手袋。
f0088647_1915533.jpg


突っ込みどころ満載。

長過ぎ〜!靴下じゃないの?(笑)
上半分と下半分の太さがちが〜う。
オレンジ色が勝ち過ぎて可愛くな〜い。

検討の結果、ほどくことに。
今度は一部の柄で、オレンジと緑の色を入れ替えて緑を多めで。
編み地は上半分のきつさで。
好きじゃない柄を抜いて、適度な長さにする。
できたら5本指にしたいけど、
柄優先か、指優先か、悩む所。

また一から・・・。
がんばります。
[PR]
by senbe-2 | 2011-02-03 19:24 | 縫い物

ベスト、自分用

今シーズンも編み物はちまちまやっている。
f0088647_16461922.jpg


編んでると没頭してしまうけれど、
まとまった時間がなく、細切れに中断しながら編む時は、
編み目も揃わないし、どこまで編んだかわからなくなること度々で、
疲れてしまう。目数を数えてる時などに話しかけられたら、
聞いてるふりして全く聞いてなかったり、
無視を決め込む時もあるのだ。
最近、子どもたちがよく言ってくる。
「今、私が何を言ったか言ってみて。」
「ごめ〜ん。」
なんて事がしょっちゅう。(笑)

上のベストは極太毛糸でズンズンすすんで気持ちよかった。
こんなのばかりだといいけれど、
今やってるのは、初めての編み込み。
それも細い毛糸で手袋ときた。
出来上がるんだろうか。
全く自信がない。
片手を編み終えたとして、もう一個も同じ様に編む気力が残っているのか、
不安だ。
毛糸を無駄にしないで済む様、がんばるしかないな。
[PR]
by senbe-2 | 2011-01-30 16:53 | 縫い物

本棚完成!

完成お披露目だよ〜!

f0088647_1030915.jpg


きのう作ったのはここの部分。
f0088647_10314100.jpg


本棚の両端にスピーカーを置いて、そのスピーカーで窓際の棚(カウンター)を支えているのですが、
今回つくった本棚の背が高いのでそれに合わせる為にスピーカーの下に挟む台を作ったのです。
夫からのアドバイスに従って、スピーカーは重いからしっかりした材木でつくりました。
厚み3.8㎝なのでもうガチガチの立派な台ができました。

完成して窓際に置いてみたら、夫がオーディオを入れようとするのです。
え!本棚設計のときにオーディオをここにおくことは考えなくていいって言ったじゃない!
でも、スピーカーが両端にあるのだから、やっぱりここにおくのが一番いいよな。
オーディオを置くには奥行きが足りず。
本棚を無理矢理前に出し、載せました。
これもかなり重いよ〜。つぶれないかな〜、すごく不安だ。

本棚を前に出した為にカウンターより前に大きく飛び出してしまった本棚の角を
斜めに切り落としてもらったよ。
f0088647_1124986.jpg

ここだけは夫にやってもらった。
悔しいけど、電動ノコギリが恐くて使えない私。

いつ壊れるかわからないくらい頼りない本棚だけど、
完成!
めでたし、めでたし。
[PR]
by senbe-2 | 2010-07-25 11:12 | 木工

やったもん勝ち〜本箱〜

いろいろ思うところあって、3連休3日目の昨日の朝、
本箱を作ることにした。
自分なりの製図は春休み頃に描いていたが、
夫から材木の質について意見されていたので、
どうして良いかわからず、放置されていた。
夫はツーバイフォーでよいから、無垢の木を使う方が良いと主張。
私は以前から子どもたちが木工に使っていたパインの集成材が使うつもりだった。

そして昨日の朝、早く作りたくなって、
計画通りパイン集成材で作ってしまったのだ。
f0088647_14332172.jpg


帰宅した夫が言った言葉は、「作ったもん勝ちやなあ。」
せっかく無垢材にこだわって家も家具も選んできたのに・・・
なんで集成材を使うのか、ともっともな意見。
でも私にしてみたら、
ごもっとも。でも最高をめざして、いつまでも作らないより、
65点でよいから、前へ進みたかったのだ。

木工なんて全く知識も技術も無い私は、
夫の道具を駆使して頑張ったが、
途中幾度も壁にぶつかった。
下穴をあけてネジを使って接合しているのに、
途中でネジが空回りしてしまうとか、
電動ドライバーの先を変えたいけれど、
変える方法がわからないとか、
多分夫ならホイホイとやってのけるだろうが、
夫がいないのを承知で作っているのだから仕方が無い。
唯一の頼りは末男。
知識も技術も私と大差ないが、それでも心強いもの。
お互いにお互いの無知を確認し、
まあこれでいいやと納得し、
数しれない小さな失敗を許容しながら、完成させたのだ。

強度の方はまだ未知の世界。
横幅180㎝ではいくらなんでも弱くなるので、
90㎝幅のを二つ制作。
f0088647_1451522.jpg

さあ、本棚として機能するだろうか?
ちょっとふらつくぞ。(笑)
今になって、不安になってきた。
[PR]
by senbe-2 | 2010-07-20 14:55 | 木工

エコクラフトでポシェット

ブログでも実生活でもお世話になっている前を向いて歩こうのまぐ子さんに教えてもらって作ったバッグ。

f0088647_9322186.jpg


紙製のテープを使って作るエコクラフト。
どこがどうエコなんだろうと、ちょっと気になりますが、
手軽に作ることができて、とっても楽しいです。
昨年の夏に作りかけて、夏が終わり放置。
この春に仕上げて、先日やっと中袋を縫いました。

これで使えるぞ〜。
夏本番に間に合ってホッ。

肩ひもはちょっと贅沢して革製のひもを購入。
金具もつけて取り外し簡単。

中袋は見えてるところだけは、ちょっと良いハギレで、
見えないところは普通の麻布。
ひもに通した玉は2年前京都の露店で自分土産に購入分。
やっと使えて嬉しいよ。

できた〜とお披露目したら、
末男が、「これ持って、外に行かんといてよ」と。
え、え〜、なんで〜!
それじゃあ何の為に作ったのよ。
せっかくできたんだから、使いますよ、絶対に!

でも私も作ってるときからちょっと不安な気持ちになっていたんだよね。
魚籠(びく)に似てる様な気がして・・・。
[PR]
by senbe-2 | 2010-07-06 09:55 | 縫い物

ルームシューズ

自分用のルームシューズをまた作ったよ。

f0088647_2339829.jpg


もう、今回は本も見ず、何も参考にせず、

適当に作った。

大きさも自分の足にあてがって、これくらいじゃん・・・

とか言いながら。

編み方も適当に変えて、たとえ左右の差が出ても、

はけたらいいよ、あったかけりゃいいのよと気負わずに。

前回作ったのは足の裏のフエルトや毛糸がすり切れて、

予想以上に長持ちしなかったので、

その反省をふまえて、底にあたる部分は張り替え可能にしたぜ!

中底にはもう着ない子ども用のベストをフエルト化させて、

裁断して使用。


課題はデザイン。

もう少し明るい色で楽しみたいなあ。
[PR]
by senbe-2 | 2010-02-10 23:48 | 縫い物

マイかご

かごを作りました。
f0088647_14512827.jpg


竹製のかご作りをされている方がいて、

前から教えてほしいなと思っていたの。

とあるイベントでかご作り体験教室をされることを教えていただき、

参加してきました。

本当はもっと大きなものを作りたかったけれど、

初心者なので、基本のかご。

直径18センチくらい。


作ったと言っても、私がしたのは途中部分だけ。

初めと終わりはほとんど先生作。
f0088647_14593073.jpg


いえね、もっとやりたかったのですよ、自分で。

でも、末男のお迎えの時間が迫っていて、そういうわけにもいかず。


今回は断念したけれど、近いうちに先生のところへ押し掛けて教えていただくつもり。



とりあえずこのかご、畑に持って行って収穫物入れにしようと思っています。

はさみやひもを入れて持ち歩くのにも便利だし。
[PR]
by senbe-2 | 2009-06-28 15:15 | 道具

携帯ポーチとエコバッグ

また作りました。

前回の携帯ポーチの一つは実家の母が使っていますが、

持ち手を止めているボタンがいつちぎれないかと不安になると聞き、

今回はバージョンアップで、皮の持ち手をつけてみました。
f0088647_2144395.jpg


これなら外れる心配はまずなさそう。

布選びの難しさ、これはセンスの問題だからどうしようもないのでしょうか。

今回はプレゼントなので、落ち着いた雰囲気にしたのですが、

もっと遊び心が欲しい。センスが欲しい!!!


それからエコバッグ。
f0088647_2152262.jpg


今回も小さくたためます。
f0088647_21531266.jpg


生地は私の一番のお気に入りです。

でも、長子には不評。

好みは人それぞれってことですね。
[PR]
by senbe-2 | 2009-03-24 21:56 | 縫い物

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧