タグ:イベント ( 58 ) タグの人気記事

発芽玄米酒 むすひ

4月に岡山県高梁市まで出かけて観た映画「降りてゆく生き方」

第二次大戦後、私たちは、ひたすらに右肩上がりの経済成長と物質的豊かさ、そして個人的自由を求め続けてきました。そしてその努力は結実し、私たちはかつてないほど、豊かで便利で自由な社会を実現しました。私たちはみな、しあわせになるはずでした。
しかし、そこにあったのは、幸福に満ち溢れた世界ではなく、暗雲が立ち込めるが如く不安に満ちた社会でした。

世界的な金融恐慌、かつてあり得なかった凶悪犯罪や少年犯罪の増加、数々の偽装問題、年間3万人を超える自殺、派遣切り、うつ病の激増、格差社会・・・現代の日本人の抱える不安は数知れません。

いったい、私たちは、これからどのように生きていったらよいのだろうか?
どうやったら不安から脱し、明るい未来への希望を取り戻せるのだろうか?

そんな現代人の根源的な疑問や不安を問うべく産み出されたのが、
映画「降りてゆく生き方」なのです。(降りてゆく生き方 H.P.より)


なんて難しい文章を借りてきましたが、
この映画の中で出てくる造り酒屋のモデルになった千葉県の醸造元が作ったお酒を
取り寄せたのです。

お酒って昔から「百薬の長」とよばれてますが、
実際にはお酒を飲み過ぎて病気になる人が多い世の中。
じゃあ、百薬の長って言うのが間違っているのか、
飲み方が悪いのか。

今回取り寄せたお酒は発芽玄米酒「むすひ」(ムスビと読む)
f0088647_101452.jpg


糖尿病や高血圧の人はお酒を控える様に医者から言われます。
でもこのお酒を、毎日少しずつ飲むことで、
糖尿病や高血圧が改善されるというのですよ。
それならいっぺん飲んでみるべと、買ってみましたよ。

味は封を切った日はなんだか甘酒の様な感じ。
翌日にはちょっと酸っぱくなっていて、
日に日に酸っぱさが増す感じ。
どぶろくを飲んだことが無いけれど、
多分それに一番近いんじゃないだろうか。
夏は体力が落ちる季節。
こういう醗酵品を毎日採ることで、
少しは体が楽になるんじゃないかと期待して飲んでます。

農薬を使って育てたお米は10年もしたら、腐ってタール状になってしまうけど、
昔のお米は千年経っても発芽する。
10年で腐る様なお米でお酒を造っても良いものができるわけが無い。
とうい考えで、無農薬のお米を使って、生きてるお米(玄米)をそのまま使って
作られているお酒です。

詳しくはこのお酒を造られている醸造元寺田本家の当主 寺田啓佐さんの著書「醗酵道」に詳しく書かれています。
個人的にはとても良い本だと思いました。醗酵という自然の力にてついて書かれた本ですが、
「生きるってそういうことか」と納得させられる内容です。


それで、4月に岡山まで観にいったこの映画「降りてゆく生き方」ですが、
来月末に神戸で上映会があります。

もし興味があれば、足を運んでみてくださいね。
[PR]
by senbe-2 | 2010-07-26 10:24 | お気に入り | Trackback | Comments(3)

末男の誕生日

f0088647_02466.jpg

末男が11歳になりました。
今日は晩ごはん時にお誕生日会をするよと言ってあったので、
夫も仕事を早めに切り上げて、間に合う様に帰ってきてくれました。

家族5人でごはんを食べるのって、ほんとに久しぶり。
末男のリクエストで焼き肉でしたが、お肉は牛、豚、鶏が1パック(小)ずつという、
決して満足な量じゃなかったけれど、みんなで分け分けしていただきました。
お野菜はトウモロコシ、タマネギ、アスパラ、パプリカ、しめじ、キャベツ、かぼちゃ。
種類だけは沢山用意したら、なんだかすごく豪華な感じ。(笑)
いつものお皿盛り料理だと、みんなで食べても、自分のペースで食べちゃうから、
早い人はすぐに終わってしまうけど、
焼き肉はペースを合わさなきゃいけないから、一緒に食事してる感が強くて、
いいねえ。
ホットプレートは小さいのしかないから、横にすき焼き鍋を並べて、
お野菜とお肉に分けました。これもなかなか良い感じ。
大きなホットプレート欲しい願望がここ数ヶ月続いてますが、
無くてもいいんじゃないか・・・に傾きかけてます。

食後はケーキをいただいて、
トランプ(大富豪)大会。
私が子どもの頃には無かったルール(革命:同じ数字のカードを4枚揃えて出すとカードの強さが逆転する、つまり2が一番弱くなって、3が一番強くなる)のせいか、
トランプしながら飲んでいたハイボールのせいなのか、ど貧民辺りをうろつく羽目になってしまったけれど、お風呂に入る順番をかけた最終戦は私の勝利で終わりました。
なので気分は最高!(笑)

家族ですごす時間なんてほんとに後少しなんじゃないかな。
そう思うと、今このときがすごく貴重。
子どもたちの心の中に、「あのときは楽しかったな〜」という家族の記憶が、
少しずつ沈殿していって欲しい。
私にできることは、みんなが居心地よく過ごせる場所を
つくることなのか。

まず、片付けやなあ。
これ、私の一番苦手な分野だわ。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-07-12 00:04 | 生活 | Trackback | Comments(6)

ミツバチの羽音と地球の回転 観てきましたよ

映画の舞台は山口県、瀬戸内海に浮かぶ祝島。
対岸の上関町田ノ浦に原子力発電所の建設計画がある。
原子力発電所が建設され、稼働すれば、放射能の汚染の心配もあるが、
海水温度上昇により生態系の変化、工事による環境破壊が予想される。

現在稼働している他の原子力発電所の例をみると、
まず、藻類が採れなくなり、貝がいなくなる。
魚は寄り付かなくなる。目に見える変化だけでもはっきりしている。
でも、漁師たちは何も言えない。
なぜなら、補償金をもらってしまったから。

この上関町でも補償金を受け取っているひと、いない人で、
町は線が引かれた様に分断されてしまったようだ。

補償金を受け取っていない祝島のひとたちは、
過疎とよばれる島で魚を捕り、米を作り、くだものを育て、豚を飼い、
それを売ることで暮らしを立てている。
原子力発電所に頼らない持続可能なエネルギーについても模索中だ。
過疎化が進んでいるというその島の暮らしは、決して貧しいものではない。
自然の中にお宝が満杯に埋まっているような贅沢な暮らしなのだ。

映画ではもう一つの舞台、スウェーデンが紹介される。
28年前に化石エネルギーに頼らない社会を作ると決めた町の現状が紹介される。
風力発電は勿論、廃材でお湯を沸かし各家庭に供給し暖房に利用する施設の建設、
工場で発生する熱を利用するインフラの整備、家畜の糞尿を使ったガスで走る公共交通機関の整備、
などなどいろんなアイデアがある。
日本のえらい人たちも多分こんな知識は全部知っているのだろうけれど、
実現しないのはどうしてなのかしら。
誰かがやってくれると思っているからかもしれないし、
そんなことをしたら、儲からない人がいるからかもしれない。

印象的だったのは、スウェーデンで自然エネルギーへの転換に尽力され、
今や世界各地でアドバイザーをされている人が言ったこと。
「日本は火山があり、森林がある。
自然エネルギーになる資源がいっぱいあるじゃないか。
それを利用しないのはもったいないね。」

そうなのか、できるのか、日本でも、この村でも、
やる気があれば、現状をかえることはできるのか・・・。

ふと、自分のまわりを見回してみる。
田舎には仕事がないという。
仕事って何だろう。
大きな会社で雇ってもらって与えてもらう仕事なのか。
それなら、やっぱり田舎に仕事はない。
でも、やることはいっぱいある。
地域単位で小さなエネルギーをつくる仕事、
海の恵み、山の恵みをいただいて町の人に届ける仕事、
田舎だからできる仕事があるし、
日本の田舎に必要なのはそういう仕事かもしれない。

原発推進派か脱原発派かという悲しい対立を早く乗り越えて、
みんなで真剣に近い将来の暮らしを考えたい。

補償金を受け取れば、自分たちの代の暮らしは楽になる。
でも、それを受け取らずに未来の子どもたちに豊かな自然を残そうと
踏ん張っておられる祝島の人達を私は応援したいと思う。

鎌仲ひとみ監督、かっこええ人でしたよ。
[PR]
by senbe-2 | 2010-06-26 23:06 | 映画 | Trackback | Comments(4)

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

ちょっと気になる映画が姫路で上映されます。
「ミツバチの羽音と地球の回転」

「六ヶ所村ラプソディー」を作った人の映画。
詳しいことは私もわからないけれど、観てきます。

今月から全国各地で自主上映されています。
上映スケジュールはこちら
気になる人はチェックしてみてくださいね。


感想はまた映画を観た後で・・・。
[PR]
by senbe-2 | 2010-06-24 22:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

いろいろありました

長らくご無沙汰をしました。

4月後半、いろいろ出かけることが多く、
溜まっていく家事をこなすのに精一杯でありました。
まあ、えらそうに家事と言える程のことはやっていないのですが...(笑)。

自分の記録のために、書いておきます。

映画を観に、岡山県は高梁市に行ってきました。
何故にわざわざ岡山まで行くのか!
それは岡山でしかやっていないから。

映画の名前は「降りてゆく生き方」
一般上映なし、DVD化なし、テレビ放映なしなので、
自主上映会場を見つけて行くか、
自分で自主上映をするしかありません。
映画の内容ついては触れませんが、見たかった映画だっただけに、
充分楽しんできました。

そして、高梁の街を散策。
備中松山城の城下町の風情を今でも色濃く残した素敵な街でした。

f0088647_1684525.jpg

↑こんな建物が沢山残っていました。

f0088647_169031.jpg

↑街の中に川が流れ落ち着いた雰囲気があります。

f0088647_1692474.jpg

↑お城に近い地域に残る武家屋敷。

f0088647_1694151.jpg

↑四方を山に囲まれ、どの山も近い。

f0088647_1695245.jpg

↑山の上に建つ松山城。

この日カメラをにぎったのは夫。
鉄道マニアだった昔の少年は、電車の音がするたびに、
散歩道から一人姿を消し、電車を追いかけていました。(笑)
f0088647_16202040.jpg
f0088647_16203343.jpg
f0088647_16204696.jpg
f0088647_1621043.jpg


行って初めて知ったのは、この街が映画「バッテリー」のロケ地だったこと。
至る所にロケ地であることの表示がありました。
バッテリーは本でも読んでいたので、私は興奮気味。
帰宅後、本を読んでいる長子だけは感動してくれたよ。

山があり、川があり、お城があり、お寺が沢山あり、学校も沢山あって、
学生が多く、ほんとに風情のある街です。


この小さな旅に同行してくれたのは、
私たち以外に、夫の友達と私の友達、そして渋渋つき合った末男。
お留守番だった人達には申し訳ないけど、
楽しい1日でした。
[PR]
by senbe-2 | 2010-05-07 16:32 | 生活 | Trackback | Comments(4)

バーガーとカレーと

珍しく夫が休みだった月曜日、
お昼ごはんにカレーを食べることにした。
月曜日だけ龍野で販売があるカレー屋さん、サンサーラ。

f0088647_21311533.jpg


そう、このお店、前に一度載せたたつのバーガーを売っているお店でもあります。
こんな可愛い車で移動販売をされている。
f0088647_2134032.jpg


メニューは・・・
f0088647_2135426.jpg


私は豚スジと野菜の炒めカレー、
夫はサンサーラ特製オリジナルカレー、
それからやっぱりたつのバーガーも。

↓ダブルバーガーもあるらしい。
来月は特製ビビンバやカルボナーラ・パスタもあるみたい。
f0088647_21372480.jpg


おうちにもって帰って夫と食べようとしたら、
末男が帰ってきたよ〜。
そうだそうだ、今日から家庭訪問で早いんだったね〜。
これはお母さんたちのお昼ごはんだからね〜といいつつ、
分けてあげないわけにはいかず、ちょっとだけだよとお裾分け。


f0088647_21445349.jpg
f0088647_21451981.jpg
f0088647_21454025.jpg


今月24(土)・25(日)には万博公園で開催されるロハスフェスタに、
29日(祝)にはたつの中河原公園のトランクマーケットに、
5月8(土)-9日(日)には姫路城の北のシロトピア公園で開催される
クラフト・アートフェアに出店される予定だとか。

たつのバーガー、内容がかなり本気です。(笑)
ボリュームもあるので一度お試しくださいね。
ホームページはこちら
[PR]
by senbe-2 | 2010-04-22 22:03 | 料理 | Trackback(1) | Comments(4)

入学お祝いの会

崩れたチーズケーキを冷蔵庫に入れ、見えない様にして、
晩ごはんの料理に入った。

メニューは長子が好きなハンバーグ。
本当はステーキなんだろうけど、それはあり得ないので、
実現可能な範囲でリクエストしてくれている。(笑)

次子が混ぜてくれた。
翌日のお弁当の分を取り分けて、
後を5等分してねと伝えると、
まず最初にでっかいのを丸めていた。
5等分って言ったのに・・と言うと、
これは長子の分。と嬉しそうに言っている。
ああ、なるほど主役の長子のを特別大きいのにしているのねと
母としては嬉しい気持ちになる。
全部丸めた後、一番小さいのを私にしてねと言ってくれて、
ますます幸せな気分になっていたのに・・・・・。

長子が現れて、一目で大きさの違うハンバーグを見て、
「これ誰の?」と問うものだから、
次子、即座に「私の」と答える。
長子もあまりの大きさの違いにだまっていられなくなって、
「そりゃないやろ」と。
次子もそろそろ自白すればよいものを、
「私が丸めたんやから、私が一番大きいのをもらうんや」と譲らない。
もうええかげんにしてくれと思っているそばで、
二人の口論が続く。
結局長子が「次子の気持ちはわかってる」といい、
次子は「私のやもん」と言い張り続ける。

二人ともええやつなんやけど、
全く違う人種なので、噛み合ないのかな。
次子はそっとしておいて欲しかったのだろう。
長子が自分のお皿に特大が載っているのを見つけて、
嬉しそうな顔をしているのを次子は見たかったのかもしれない。

そのハンバーグがこちら。
f0088647_23592833.jpg


他のと比べられないが、みんなのはこの半分くらい。(笑)

ちょっとハンバーグがひからびているのは、
夫の帰りをひたすら待っていたから。
なかなか帰ってこないので、待ち時間にスーパーへお買い物に出かけたくらい。

かなり遅い食事になってしまったけど、
みんなで祝えたのがなにより。
[PR]
by senbe-2 | 2010-04-10 00:04 | 料理 | Trackback | Comments(4)

お彼岸はおはぎで

お彼岸の前夜にふっと思い立っておはぎを作ることにした。

小豆をつけ、餅米をつける。
これさえやっていれば、明日の私は嫌でも作るだろう。
そうだ、ためらわず明日の自分を信じよう。(笑)

幸い夫が仕事で早朝に家を出た。
こどもたちが起きるまでにまだ2時間くらい有る。
その時間にあんこは出来上がった。
朝から行なわれた婦人会(戦時中に生まれたこんな組織がまだ現存するのだ)の総会後、
餅キビ入りの餅米を炊き上げ、
末男がぺったんぺったんやって、
私があんこを包み込み、
末男がきな粉をまぶして、
出来上がったぜ!

f0088647_0463349.jpg


これを持ってお墓参りだ。

終わったら夫の実家近くを散策してつくし採り。
「ここはよその陣地やから、俺ら泥棒?」と末男。
陣地じゃないけど、よそ様の田んぼであることには間違いない。
ということは泥棒と言われても間違いはない。
田舎の道ばたということで許してもらえはしまいか。
ご近所の息子の嫁とその子ということで多めに見てもらえまいか。
これからは、もう少し考えて行動せねばならないかも。

f0088647_0534296.jpg


昨日にうってかわって肌寒く、
風が異常に強い日だった。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-22 00:55 | 料理 | Trackback | Comments(8)

上映会がありました

日曜日、近隣の町(田舎ですが)で映画の上映会がありました。

映画は「1/4の奇跡」と「宇宙の約束」

午前に1本、午後から1本と、なんと1日で2本も。

荒っぽく内容を説明すると、養護学校の先生が、
子供達とのふれあいを通して感じた宇宙の真実を、
わかりやすくまとめたもの。

この世にあるものには全て意味があり、
無駄なものなど一つもない。
これはよく言われることだけど、
それは科学的にも証明されつつあると。
人間も宇宙の一部である。
人間がみんな一緒なら絶滅の危険が高いけれど、
その危険を回避するために、違う人間がいるのだと。

まだ自然とともに生きていた古代の人間は、
今の人間よりもっと宇宙に近い存在だったのではないか。
ナスカの地上絵をどうやって描いたのかは今でも謎のままだけど、
障害を持っているとされる子の中には、
今、目の前に見えている状況ではなくて、
高い空から見た絵が描ける子供がいる。
子供が運動場に何やら大きな線を描いている。
その絵を後から見ると、きれいな正方形になっていた。
などなど・・・・。

現代の人間は宇宙の意思と遠く離れてしまっているんじゃないか、
もっと自然に生きることで、少しでも人間として生きる力を高めることが
できるんじゃないか・・・。

映画自体は難しい内容ではなく、涙がいっぱい流れてしまう、
感動のドキュメンタリーでした。


映画の間に主催者の方が用意してくれたランチが、最高だったの。

f0088647_0272132.jpg

f0088647_028669.jpg


黒米入りごはんと野菜のカレー
ひじきとマカロニのサラダ菜の花添え
お豆のサラダ

どれもおいしくて、おいしくて、おかわりしちゃいました。

これで、300円ですよ。
主催者の若い女性、彼女がお一人で作られたようです。
もう、感動でした!
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-09 01:28 | 映画 | Trackback | Comments(2)

バレンタインデー

11日の祝日。

部活から帰った次子、クッキー作りに着手。

どうしても手伝いたい末男が参加。
f0088647_19503462.jpg


小麦粉400g、一杯できました。
f0088647_19515238.jpg
f0088647_19521553.jpg


一つ一つラッピングして、
f0088647_19525575.jpg

f0088647_19531684.jpg


これは一部。
家族分も含めて20袋くらいあったような。

長子たち3年生はさすがに今年はやめとこうか・・・って言ってましたが、

やっぱりくれると聞いて、チョコ菓子をお返しに買ってきてました。

f0088647_19555628.jpg


リボン結びの練習中。

柄が裏向かない結び方を習得した模様。




今年は末男ももらえました。
やっぱり嬉しいみたい・・・。(笑)

[PR]
by senbe-2 | 2010-02-12 20:01 | 料理 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧