人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クッキー作り

今日は公民館でクッキー作り。

週末に行なわれる公民館祭りのクーッキーなので、

自分たちは作るだけ。食べるんじゃないのよ〜。

先週、ひたすらアイスボックスクッキーの生地を作り、

今日はひたすら、切る、焼く、さます、詰めるの作業。

6枚入りのクッキーを175袋作りました。

一袋100円で、販売予定。

毎年人気ですぐに完売するらしいです。

味はプレーン、ミルクティー、黒ごまの3種。

バターをたっぷり使った贅沢クッキーです。


あ、画像はなしです。
by senbe-2 | 2010-01-29 14:14 | 生活

味噌作り

麹を仕込んで2日後、

義母に電話し、出来具合を確認したら、

「うまいことできたで〜」とのこと。

「おめでとう!、昼からもらいに行くわ」と出かけたら、

到着するなり、義母が、

「失敗してもた・・・・。」

途中まではうまいこといってたらしい。

でも、ちょっと温度が足りないと判断して少しぬくめたら、

それが仇になり、温めた部分だけだけれど、納豆菌が繁殖してしまったらしい。

「まあ、何とかなるやろ、勉強勉強。」(笑)

義母の口癖。

来たついでというか、明日自分で味噌を仕込む予行演習とういか、

義母の仕込みのお手伝いをした。

出来上がった麹。
f0088647_21553954.jpg


塩切りした麹にミンサーを通した煮大豆。
f0088647_21581581.jpg


長年使い込んだミンサー。

さすがミンチをつくる道具だけあって、きれいにつぶせる。
f0088647_21593127.jpg


ここから先は私の手がぐちゃぐちゃになってしまったので、

画像はなし。

お米3升分の麹を味噌に加工し、瓶に詰めて完成。

ここから先は本日我が家の画像。

麹と大豆をよく混ぜて、味噌だんごに。
f0088647_222976.jpg


我が家のはガラス瓶に。
f0088647_2224195.jpg


暗い食品庫に入れておくからガラスでも大丈夫でしょう。

義母の味噌の分量は
  麹 米で2升分、麹の重さで約3㎏
  大豆 乾燥状態で770g
  塩 5合(約750g)

次回は友達のお宅で一緒に仕込む予定。

いろいろなレシピでやってみて、好きな味を見つけられるといいなあ。
by senbe-2 | 2010-01-28 22:09 | 料理

麹づくり

義母が麹を仕込むと聞いて、

見学に行ってきました。

f0088647_23205714.jpg


蒸し上がった5升のお米を30℃くらいにさましているところ。

f0088647_23222157.jpg


「糀の種」と書かれている麹菌をまんべんなくまぶす。

f0088647_23253696.jpg


f0088647_23261434.jpg


ご飯に菌がひっつくように、義母はギュッギュッと押し付けています。

f0088647_232719100.jpg


普通なら麹蓋に入れて暖をとるところ、

母は布の袋に詰め込みます。

f0088647_23283194.jpg


二つの袋を一つにまとめたところです。

これを薄い布団で包み、段ボール箱に入れ、

使い捨てカイロをいくつか入れて、

毛布でくるんだのが↓。

f0088647_23301460.jpg


これから48時間、温度を30℃にキープして、

時々固まった麹をバラバラにする作業を挟みながら、

麹になるのを待つ予定。

これが多分難しいところなんだと思う。

義母は昔おじいさんが、まるで生まれたての赤ちゃんを見る様に、

麹を見守られているのを間近で見て、

「私には無理」と思ったらしい。

そんな義母も試行錯誤しながら、

今やっているのだから、

私だってできるかも・・・と

未来の自分に淡い期待を持ちつつ、

見学してきました。

温度が高すぎると納豆菌が繁殖するのか、

糸を引いてしまうらしい。

低すぎるといつまで経っても麹にならない。

うまくいくといいなあ。
by senbe-2 | 2010-01-26 23:38 | 料理

ISS(国際宇宙ステーション)を観た!

サイエンスカフェの日記でISS(国際宇宙ステーション)を観るんだと

張り切っていた私。

23日土曜日の夕方、その頃は丁度、台所で夕飯の、のり巻きを巻いていました。

そう、すっかり忘れていたのです。はあー。

家族の誰も思い出せず。


思い出したのが今日(25日)の朝。

気をとりなおしてJAXAのH.P.で次回はいつ観ることができるのかチェック。

そしたら、今日見えるって書いてあるじゃありませんか。

よかった〜。

でも、今日は雨。

あらら〜と思っていたけれど、

夕方日が沈む頃にはくもの切れ間がチラホラ。

もしかしてもしかするかもと、時計とにらめっこ。

今度こそは見逃さないぞ。

寒かったので家の中からまだかまだかと待ってたら、

外で頑張っていた末男が「見えた!」と叫んでる。


雲の切れ間からスーッと動いて、次の雲へ隠れていった。

飛行機より速く、流れ星より遅く。

肉眼ではっきり見えるくらいキラキラと輝いて、とてもきれいだった。

星の様に輝いて見えるのは地上ではもう見えない太陽の光を反射しているから。

昼間は明るくて見えないけれど、

夜になってしまうと太陽の光をが当たらなくてこれまた見えない。

日の出前や日没後1〜2時間以内が観察のチャンス・・・らしい。

今回は丁度いい時間帯だった。



ISSはまた雲から出てきて、また次の雲へ隠れていく。

ほんの2分間くらいの間だった。


ふう。やっと会えたね。

これでもう安心だ。

って、何がだ?(笑)
by senbe-2 | 2010-01-25 22:31 | 生活

ひまわりの種とスイカの種

ご近所さんにいただきました。

f0088647_20261567.jpg


種です、食用の。

学生時代に中国旅行をした時には、向日葵の種を買って、パリポリ食べていました。

ちょっと塩味がついていて、やみつきになります。

皮を剥くのが厄介ですが、慣れると片手でポリッとね。

勿論お行儀なんて考えずに、歯でいっちゃいます。


これをくださった方は、最近台湾への出張が多いらしく、

お土産に買ってこられていたものをくださいました。

先日のご近所新年会の席で、夫とそのご主人が種の話になったらしいです。

私が好きだと夫がアピールしてくれたのかしら・・・。

気が利くじゃないの。(笑)


f0088647_2038524.jpg


向日葵の種は塩味で、八角やら丁字で味付けしてあるの。

口に入れると(舐めるわけじゃないけど)ほんのり中華スパイスの味がひろがって、

それがまたたまりません。

そして、ここが大事なところなんだけど、

家族はそれを嫌がってあまり食べようとしないのです。

ええ、ええ、食べなくていいのよ〜。

ということで、わたくし、ゆっくり味わえます。(笑)



f0088647_20424763.jpg


剥いても実は小さいでしょ、だから、食べた気がしなくて、

一度食べ出したら、なかなかとめることができないのが難点。



f0088647_20454412.jpg


こっちはスイカの絵が書いてあるから、スイカだと思いたい。

でもね、種を見たらかぼちゃにしか見えないんだな。

大きさも固さもまさしくかぼちゃ。

瓜子としか書いてないからかぼちゃだと密かに思っています。

小学生の頃、世界の物産展があり、そこでスイカの種を大量に買い

ポリポリ食べた記憶があるのだけど、その時のスイカの種は、

私が知ってるスイカの種だった。

南国育ちのスイカは種も大きいのか?

みなさん、これはかぼちゃだよね〜。

こっちはお醤油味。

家族はみんなこっちの方がおいしいんだって。


私は絶対向日葵派。(笑)


ご近所Nさん、ごちそうさまです。
by senbe-2 | 2010-01-21 20:58 | いただきもの

サイエンスカフェ

サイエンス カフェなるものがありました。

何それ?

お茶を飲みながら科学を語り合う会・・・・かな?

イギリスやフランスで近年始まったものらしいです。


今回は地元の中学校に西はりま天文台公園の研究員の方を招き、

お話会があり、その後グランドで星の観察会。

カフェですから、学校といえども、ドリンクサービスがありましたよ。063.gif

f0088647_23242185.jpg


f0088647_23263562.jpg


今日はあいにくの曇り空。

その分暖かかったので体は助かりましたが、

星が少なくて・・・ちょっぴり残念。

でも、たくさん星が出ていたら、私の記憶力では覚えられなかったよ、多分。

少なかったからこそ、観察した星を覚えられたのでしょう。

うまく出来てるわ。(笑)


観察できたのは、月、土星、カペラ、アルデバラン、スバル・・・。

以前から見たいなと思っていた国際宇宙ステーション(ISS)も

今日は観測できる位置にはありませんでした。

でも、これは肉眼でも見えるらしいので、家で観察してみようと思います。

望遠鏡があれば、形まではっきり見えるんですって・・・いいな072.gif

このへんだと、次のチャンスは1月23日(土)の18:43頃から。

忘れないようにしなきゃね〜。

詳しくはJAXAのH.P.に詳しく載っています。



今、ちょっと夢中になってる漫画があります。

「宇宙兄弟」

おもしろいです、とても。
by senbe-2 | 2010-01-20 00:03 | 遊び

次子の誕生日

次子は1月15日生まれ。

今から13年前の1月14日。

2歳の長子と夫と私は当時住んでいた地区のとんど会場まで歩くことに。

歩いて5分くらいの距離。

とんどの燃え盛る炎を見て、体の中が動き始めた感覚を覚えました。

帰り道、長子の足取りに追いつけなくて、

「待って〜」と声に出したことを覚えています。

だんだん下がってくる次子を感じながら。


そして帰宅後、やっぱりなと陣痛が始まる。

それでも二人目、気持ちは余裕たっぷり。

明日は成人式。いつ産気づいても夫がいてくれる。

その夜はお風呂に入り、ゆっくり寝て、

翌日のお昼頃夫の運転で病院へ。

そして午後3時頃出産。

安産でした。

祝日に生まれ、毎年ゆっくり次子の誕生を祝えると思ったのに、

数年後には普通の日になってしまいがっかり。

てなわけで、15日金曜日に誕生日会開催。



今年は次子の希望で誕生日の夕食はバイキング。
f0088647_20483036.jpg


あー、メニューが穀物やお芋ばっかり。(笑)

末男が「品数少ないな〜。」

確かにね〜、でもそんなにたくさん作れないよ〜。

f0088647_2102196.jpg


自分の好きなものを好きなだけとってテーブルについていただく。

スタイルだけはバイキング。

子どもたちは喜んでいたけど、

翌朝私の手はむくんでました。

ちょっと体に合わないみたい。


食後はいつものケーキ屋さんのケーキ。
f0088647_213193.jpg


いつもの通りおいしかったわ。

ああ、また食べ過ぎた〜。(笑)
by senbe-2 | 2010-01-17 21:09 | 生活

とんど

毎年1月14日はとんど。

その日が月曜日でも火曜日でも日曜日でも関係ない。

今年は木曜日だった。

できれば休みの前の夜にできないかと、長老に尋ねてみた友は、

あっさり「できない」と言われたらしい。

そうなのだ、とんど焼きは14日と決まっているのだ。

成人の日を勝手に変えた方が悪いのだ。

f0088647_2231254.jpg


その週の日曜日に夫たちが作った。

とんど作りは毎年夫が参加してくれる。

近所の中では夫はまだ若いもんらしく、

それなりに役に立っているようだ。

とんどに糸がついている様に見えるのは針金。

焼け出した時、どちらの方角に倒すか、

あらかじめ決めて取り付けておくのだ。




向こうの小さいのが末男たちが作ったとんど。

今年は特に小さい。

それを指摘したら、末男がものすごい剣幕で怒ってきた。

今年は子どもが少なくて、これを作るのも大変だったのに、

とんど作りに参加さえしていない母親に口出しされるのが悔しかった様子。

ごめんごめん。




夫の実家からお鏡餅をもらってくる。

夫の実家のとんどは、子供会の方でお餅まで用意してくれるらしく、

毎年余るから・・・ともらってくることにしている。

お鏡餅を飾る時に半紙の上にお米をパラパラとまいてから、

お餅をのせるので、カビが全く生えていない。



もらっていた大きなお餅の塊を、

包丁で切る。固い、固すぎる。

刃が立たないとはこういうことだ。

この場合「歯」が正しいが、今回は「刃」だ。



長子に手伝ってもらったが、昨夜のうちに夫に頼んでおけばよかったと、

深く後悔した。長子は私よりか弱かった。

割ればいいというが、やっぱりきれいに切りたいから半分くらいまで切って、

後はその流れで割るという方法でなんとかしのぐ。



f0088647_2285286.jpg


点火して間がない頃の画像。

f0088647_2211107.jpg


子どもたちは子どもとんどを楽しむ。

単なる火遊びだともいえるが、

火の熱さ、燃え方、消し方を遊びながら覚えることができるのは幸せなこと。


火が落ち着いていい炭が出来上がった頃に、

餅焼きが始まる。
f0088647_2216269.jpg


画像はよそんちの餅焼き風景。

やはり切れなかったと見える大きな餅の塊が。

そうだよね、そう簡単に切れるものじゃない。


6時点火で、結局9時頃までは遊んでいた。

夫は9時半に帰宅、

ちょっと気になるからとまだ燃えているとんどの現場へ。

一度帰宅して腹ごしらえをした後、再び火守をしに出かけていった。

いつもなら、年配者の方々もお酒を片手にちびりちびり火の守をするが、

今年はかなり冷え込んでいたからか、

早めにみんな出来上がり、帰っていってしまった。

残ったのはほんの数名。

翌日が休日なら火の守も楽なんだけどね。

神様にはそんなこと関係がない。

夫が帰宅したのは12時過ぎ。

お疲れ様。


焼いた餅は勿論その場でいただくが、

今年は焼いたのを少し持ち帰って、

翌日おぜんざいに入れてみた。

固く焦げ目がついた餅がお汁粉と絡み合って、

おいしかった。


お〜っと、これは夫にはナイショだったな〜。

でも大丈夫、

夫はこんな長い私の文章を最後まで読むわけがないから...(笑)



たぶん...。
by senbe-2 | 2010-01-16 22:38 | 生活

末男のホットケーキ

同じ題名の記事が1年半前に。末男のホットケーキ

今回も作ってくれました。

なんと小麦粉450g。

ちょっと生地がゆるかったのでしょう、厚みは出ませんでしたが、

柔らかく優しい味に仕上がっていました。

量が多いから焼くのに時間がかかりましたが、

最後まで一人でやり遂げた・・・というより、

誰にも焼かせなかった。(笑)

私たちには2枚ずつ焼いてくれて、

最後に自分用をたくさん焼いて積み重ね、

自分で写真を撮ってました。↓

f0088647_2322157.jpg



お昼ご飯に4人で450gの小麦粉、完食です。
by senbe-2 | 2010-01-10 23:26 | 料理

「めんどくさ〜」のその後

「めんどくさ〜」と口にしたら1000円の罰金という家庭内ルール。

その話はこちら

その後、順調に私が口に出し、子どもたちもちょこちょこ口を滑らせ、

年末には回転寿しに行けるくらいたまりました。




最近は、こどもたちが苦肉の策で、

「あ〜またこれせなあかん、禁句やわ〜」

と言う様になった。

何かにつけて、「あ〜禁句や〜」。

確かに言ってはないけど、家族の間では、禁句と聞きながら、

禁句=めんどくさい の変換が瞬時に行なわれる様になっている。

そんなん、アリ?



それから今までめんどくさ〜を発したことがない夫。

確かに立派だとは思ったけれど、

最近、別の言葉をよく耳にする様になった。



それは、「じゃまくさい」。

これも同じ意味でしょう。(笑)

夫は「めんどくさい」とは言わないで

違う言葉を使っていただけのことではないのでしょうか。


それに気づいた子どもたち、「じゃまくさい」も罰金にしようよと

言い出したが夫は知らん顔。


う〜ん、不平等感がつのりますが、

これ以上、禁句を増やすのもどうかと思いながら、そのまますごしています。
by senbe-2 | 2010-01-09 14:04 | 生活

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る