カテゴリ:料理( 494 )

鰹の塩たたき丼

鰹の塩たたき丼

次子と2人だけの晩ご飯の日に、即興で作った塩たたき丼がなかなか美味しかった。
f0088647_21431395.jpg
<作り方>
鰹のタタキ (厚めにスライス)
玉ねぎ (繊維に沿ってスライス)
青じそ (せん切り)
にんにく (みじん切り)
ネギ (小口切り)
だし醤油 (できるだけ美味しいもの)
ごはん

1) 丼に温かいごはんを入れる。
2) その上に玉ねぎ、青じそ、鰹の順にのせる。
3) 鰹に塩をふり、にんにくをまんべんなくのせ、ネギを散らす。
4) 最後にだし醤油をかけて、がっつりいただく。

今回は、柑橘系や酢をあえて入れず。
いつものたたきとは違う美味しさがあった。

だし醤油をかけるというところが、
本格的じゃないので残念だが、仕方がない。
その分あっという間に出来上がるので、忙しい日のメニューにぴったりだ。






[PR]
by senbe-2 | 2018-06-02 22:24 | 料理 | Trackback | Comments(4)

お弁当生活を始めて12年。

f0088647_02013039.jpg
お弁当生活を始めて12年。
最初は長子の中学生弁当1つだった。
その頃は朝ごはんがパンではなくてご飯だったので、
毎朝、多めにご飯を炊き、お弁当のおかずは朝ごはんのおかず。
前の晩のおかずをちょっぴり取り置けば、女子中学生のお弁当くらい簡単に入れることができた。冷凍食品に頼ることもなかった。
長子は朝昼同じおかずを食べていたが、何1つ文句を言うわけでもなく、
冷凍食品に手を出さないお母さんは偉いと言ってくれていた。

その後、次子が中学生になって、弁当は2つに増え、
その3年後に末男が中学生になった頃、
私も仕事を始め、弁当持ちの生活が始まった。
この年は、毎朝4つのお弁当を作っていた。
ことは2つが4つに倍増しただけではすまなかった。
食べることに人並み以上の興味関心をもつ我が家の男子中学生は、
ちょっとした隙間を埋めるためのプチトマトやフルーツを拒否し、
ただただ肉を入れてくれと言う。
量的には晩ご飯並みのおかずが必要だった。

この頃だ、私が冷凍食品に手を出し始めたのは。

仕事をし始めて、時間的に余裕がなかったこと。
仕事をし始めて、金銭的に余裕が出きたのではないかと錯覚したこと。
身体が疲れて、夜の片付けができなくなってきて、お弁当の仕込みができなくなってきたこと。
そして、末男が冷凍食品の味を愛したこと。

理由はいくらでも考えられるが、
いくら忙しくても、お弁当を作らなければならない私にとって、
冷凍食品を取り入れることは必要なことだったんだと思う。

あれから6年、いつも冷凍庫には、唐揚げ、コロッケ、ハンバーグ、とんかつなどのメインになる冷凍食品や、隙間埋めのためのたこ焼き、餃子などがスタンバイしている。
毎日冷凍食品を使ってきたわけではないが、年々、利用確率が上がってきたように思う。

長子の高校卒業で、弁当は3個に減ったものの、
昨年度から夫の弁当生活が始まって、再び4つの一年が過ぎた。
現在は、末男が大学生になり、学食で食べるからと、ひとつ減り、
3つの弁当を作っている。

末男は昼ごはんだけでなく、夜ご飯も家で食べないことが増えてきた。
コンビニのお弁当を食べる機会も増えている。
末男の食生活を見ていて、不安を覚え始めている。
あんなに加工食品ばかり食べて大丈夫なのだろうかと。

そこで、はたと気づいたのだ。
私が多用していた冷凍食品も同じ加工食品ではないか。
保存料や酸化防止剤などの添加物が入っているに違いない。
子どもが小さい時は、全ての食品の袋の裏を確認していたじゃないか。
どうしてこんなにゆるゆるになってしまったんだ。

もう、足を洗う時が来たのかもしれない。
全ての加工食品を食べないと決めたわけじゃないけど、
できるだけ減らしていかなければと思う。

自分で加工したものをストックしよう。
ハンバーグも肉巻きも餃子もとんかつも多めに作って弁当に備えよう。

トップの画像は、晩ご飯とお弁当用のハンバーグ。














[PR]
by senbe-2 | 2018-06-01 00:39 | 料理 | Trackback | Comments(4)

ゴールデンウィーク2018

土日は仕事、祝日は休みというパターンで仕事をしているので、
世間のゴールデンウィークのような長期の休みではないものの、
普段よりは休みがあって、少し違う毎日です。

子どもたちはゴールデンウィーク後半はお出かけのようだったので、
29日に揃ってご飯を食べました。
f0088647_21395062.jpg
メニューはお寿司。
ひとりで握りましたが、手間がかかりました。
手巻きがいいなあと思いましたが、
握ってあるとお寿司屋さんみたいで、ちょっと嬉しい。

生ハムと新玉ねぎのサラダに三田屋さん風のドレッシングをかけました。
あくまで、〜風です。ドロドロで見た目が美しくないのが残念。

後半は夫婦2人だけだったので、
インド料理を食べに行ったり、
f0088647_21484442.jpg
お休みなのに仕事に出かけて、なかなか帰ってこない夫を待ち、
夜中に晩ご飯を食べたり、(ああ不健康)


飲み会の夫のアッシー君になって、ひとりおうどん屋さんへ行ったり、
f0088647_21524062.jpg
しました。

家族のご飯の心配をしなくて良いのは、お気楽でいいものです。
ただ、冷蔵庫には、調理するはずだった食材が入ったままで、古くなって行くのが少し心配です。飲み会の予定は早めに教えてくれ〜!



[PR]
by senbe-2 | 2018-05-05 21:32 | 料理 | Trackback | Comments(4)

バレンタインデー2018

今年のバレンタインデーも、手作りで頑張りました、次子は

f0088647_15023246.jpg
まずはトリュフ。
今年は転写シートを買ってきて、ハートの模様をつけていました。
チョコペンで柄を入れたり、
飾りをつけたり、まるで買ってきたような仕上がりでした。

次はクッキー。
いつものレシピでいつもの形。
ちょっと焦げてしまったと、しょげていました。

それからガトーショコラケーキも。

お世話になっているアルバイト先の方々に、お父さんに、そして彼氏に。



私はといえば、買った生チョコを、夫と末男に渡しましたよ。






[PR]
by senbe-2 | 2018-02-18 14:58 | 料理 | Trackback | Comments(3)

次子、次はホットケーキだ。

昨夜寝る前に、次子が、明日の朝はホットケーキを焼こうかなと、
嬉しいことを言っていた。

今朝、まだ私がうつらうつらしている5時台から、
階下で音がし始めました。
7時前に家を出る末男に食べられるように
早起きしてくれたらしいのです。

f0088647_21341590.jpg
ネットで見つけたレシピです。
ふんわりふんわり焼けていました。
素晴らしい。

次子曰く、私が昔食べていたホットケーキ何だったのか?と思うと。
昔食べていたというのは、私が作っていたホットケーキのことです。
当時はそれがホットケーキだと信じて、
それなりに美味しいと思っていたけど、
今自分が作っているふわふわで厚みのあるホットケーキに比べたら、
あれは何だったのかと。

つまり、お母さんのは、下手くそだということですね。
はい、その通り。
ホットケーキミックスなんて買ったことなかったし、
たまには本を参考に真面目に作ったこともありましたが、
大抵は、卵と牛乳と砂糖と粉と膨らし粉を適当に混ぜて焼いていました。

そういうことも自分で作って初めて分かること。
お母さんの苦労も、ええ加減さもひっくるめて
わかったんじゃないかと思います。
わかったというか、バレてしまったというか…。笑






[PR]
by senbe-2 | 2018-02-10 21:53 | 料理 | Trackback | Comments(5)

次子の晩ご飯

f0088647_20244336.jpg
今年は、新年からマメにに投稿し、我ながら頑張っているなと思っていましたが、
日常生活が始まるやいなや、止まってしまって、はや一月。

継続するのは、なかなか難しいものなのです。

で、昨日のことですが、家に帰ると、暖かな(火の気がある)、
いい匂いがぷーんとしておりまして、
台所にはせっせと働く次子の姿がありました。

大学3回生の後期試験も終わり、と言っても
試験は1つ受けただけのようですが、
それも無事切り抜け、開放感に浸っているのかもしれません。

作ってくれたのが、↑のご飯です。
とっても美味しかったです。

末男も自由登校になって、家に居ることが多くなりました。

家族の料理熱が盛り上がってくれることを密かに期待しています。
(ここだけの話)





[PR]
by senbe-2 | 2018-02-09 20:24 | 料理 | Trackback | Comments(2)

カレーとカレー

毎日暑いですね。
こういう時には無性にカレーが食べたくなります。
でも、市販のルーが入ったカレーはモッタリしてるし、
腐りやすいし、とインド風のカレーを作りました。
ホールスパイスをテンパリングした本格派です。
挽肉を使って、キーマカレー風に。
粉末のスパイスもたっぷり入って、
野菜はトマト、玉ねぎ、シシトウ、シメジを入れました。
油も控えて、カロリーもダウン。
体にも優しい。

f0088647_20145240.jpg
すごく美味しくできたって思ったのに、
そう思ったのは私だけだった模様です。

これを食べた夫と末男は
「俺は普通のカレーが食べたい」「俺も普通の方がいい」ですって。




それじゃあってわけでもないけど、
ご期待に応えて、数日後、ルー入りのカレーを作りました。

f0088647_20145339.jpg
これはこれで美味しかったです。


インド風も美味しいと思うんだけどなあ〜。
インド風を応援してくれたら、私、もっともっと研究して、
いろんなインド料理を作るのに。
豆のカレーや野菜だけのカレーなんかも食べたいなあ。


この味覚の違いは何なんだろう。




[PR]
by senbe-2 | 2017-07-14 22:21 | 料理 | Trackback | Comments(2)

鰹のタタキ丼

f0088647_22034925.jpg

鰹のタタキといえば、我が家では毎回、玉ねぎのスライスの上に、タタキを並べ、
塩とニンニクのみじん切りとネギをふりかけ、
ゆず味のポン酢をまわしかけていただく。

ところが先日お友だちのブログで、
鰹のタタキ丼の画像を目にした。
ああ、私も岡山の明神丸さんで、食べたよなあと思い出し、
急遽作ってみることにした。

急に作ろうと思って作れるのが、冷凍のタタキのいいところ。
冷凍だけれども、ちゃんと藁焼きをした本場のタタキを
たまたまいただいていた。

丼なのでゆずや酢は入れない醤油ベースのタレに、
タタキを漬け、ちょっと量が少ないのでアボガドも追加。
それを玉ねぎのスライスと大葉をのせた酢飯の上に並べて、
タレも回しかけた。

旨かった。









[PR]
by senbe-2 | 2017-07-12 23:01 | 料理 | Trackback | Comments(0)

焼かないプリンを作ってみました

買い置きしている牛乳が余ってきたので、プリンを作ることにしました。
プリンといえば、焼きプリンを作っていましたが、
今回は、ゼラチンで固めるタイプのプリンです。
実際は、ゼラチンではなく、アガーを使っています。
f0088647_23082699.jpg

牛乳 1L
砂糖 120g
卵 4個
アガー 12g(スプーンすりきり4杯)
バニラエッセンス 少々

f0088647_23082607.jpg

美味しくできました。
焼きプリンが好きだけど、
蒸し暑いこの季節、なめらかな舌触りのプリンも美味しかった。


今回使ったアガーですが、原材料はカラギーナンという海藻です。
安全性が疑問視されていますので、積極的の食べるのは避けた方がいいかもしれません。
でも、たくさんでなければいいかなと思って使ってみました。
寒天でプリンを作ったら、プリンじゃなくなる気がしたので。





作り方
[PR]
by senbe-2 | 2017-07-02 01:13 | 料理 | Trackback | Comments(2)

土曜日の朝ごはん

f0088647_20540857.jpg

パンの買い置きがなくなったので、土曜日の朝ごはんはホットケーキに。
久しぶりだったけど、美味しく焼けた。
ちゃんとレシピメモを見て作ったからね。

その代わり、お昼ご飯は手を抜いた。
写真遠くに写ってるお弁当箱と保存容器の中身はチャーハン。
それとカップ麺で。出勤する夫と私の分。

まだ家族(主に末男)から、簡単弁当でもいいよっていうコメントをもらってないが、
末男は家弁なので大丈夫。





[PR]
by senbe-2 | 2017-06-18 10:33 | 料理 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧