鰹の塩たたき丼

鰹の塩たたき丼

次子と2人だけの晩ご飯の日に、即興で作った塩たたき丼がなかなか美味しかった。
f0088647_21431395.jpg
<作り方>
鰹のタタキ (厚めにスライス)
玉ねぎ (繊維に沿ってスライス)
青じそ (せん切り)
にんにく (みじん切り)
ネギ (小口切り)
だし醤油 (できるだけ美味しいもの)
ごはん

1) 丼に温かいごはんを入れる。
2) その上に玉ねぎ、青じそ、鰹の順にのせる。
3) 鰹に塩をふり、にんにくをまんべんなくのせ、ネギを散らす。
4) 最後にだし醤油をかけて、がっつりいただく。

今回は、柑橘系や酢をあえて入れず。
いつものたたきとは違う美味しさがあった。

だし醤油をかけるというところが、
本格的じゃないので残念だが、仕方がない。
その分あっという間に出来上がるので、忙しい日のメニューにぴったりだ。






[PR]
# by senbe-2 | 2018-06-02 22:24 | 料理

お弁当生活を始めて12年。

f0088647_02013039.jpg
お弁当生活を始めて12年。
最初は長子の中学生弁当1つだった。
その頃は朝ごはんがパンではなくてご飯だったので、
毎朝、多めにご飯を炊き、お弁当のおかずは朝ごはんのおかず。
前の晩のおかずをちょっぴり取り置けば、女子中学生のお弁当くらい簡単に入れることができた。冷凍食品に頼ることもなかった。
長子は朝昼同じおかずを食べていたが、何1つ文句を言うわけでもなく、
冷凍食品に手を出さないお母さんは偉いと言ってくれていた。

その後、次子が中学生になって、弁当は2つに増え、
その3年後に末男が中学生になった頃、
私も仕事を始め、弁当持ちの生活が始まった。
この年は、毎朝4つのお弁当を作っていた。
ことは2つが4つに倍増しただけではすまなかった。
食べることに人並み以上の興味関心をもつ我が家の男子中学生は、
ちょっとした隙間を埋めるためのプチトマトやフルーツを拒否し、
ただただ肉を入れてくれと言う。
量的には晩ご飯並みのおかずが必要だった。

この頃だ、私が冷凍食品に手を出し始めたのは。

仕事をし始めて、時間的に余裕がなかったこと。
仕事をし始めて、金銭的に余裕が出きたのではないかと錯覚したこと。
身体が疲れて、夜の片付けができなくなってきて、お弁当の仕込みができなくなってきたこと。
そして、末男が冷凍食品の味を愛したこと。

理由はいくらでも考えられるが、
いくら忙しくても、お弁当を作らなければならない私にとって、
冷凍食品を取り入れることは必要なことだったんだと思う。

あれから6年、いつも冷凍庫には、唐揚げ、コロッケ、ハンバーグ、とんかつなどのメインになる冷凍食品や、隙間埋めのためのたこ焼き、餃子などがスタンバイしている。
毎日冷凍食品を使ってきたわけではないが、年々、利用確率が上がってきたように思う。

長子の高校卒業で、弁当は3個に減ったものの、
昨年度から夫の弁当生活が始まって、再び4つの一年が過ぎた。
現在は、末男が大学生になり、学食で食べるからと、ひとつ減り、
3つの弁当を作っている。

末男は昼ごはんだけでなく、夜ご飯も家で食べないことが増えてきた。
コンビニのお弁当を食べる機会も増えている。
末男の食生活を見ていて、不安を覚え始めている。
あんなに加工食品ばかり食べて大丈夫なのだろうかと。

そこで、はたと気づいたのだ。
私が多用していた冷凍食品も同じ加工食品ではないか。
保存料や酸化防止剤などの添加物が入っているに違いない。
子どもが小さい時は、全ての食品の袋の裏を確認していたじゃないか。
どうしてこんなにゆるゆるになってしまったんだ。

もう、足を洗う時が来たのかもしれない。
全ての加工食品を食べないと決めたわけじゃないけど、
できるだけ減らしていかなければと思う。

自分で加工したものをストックしよう。
ハンバーグも肉巻きも餃子もとんかつも多めに作って弁当に備えよう。

トップの画像は、晩ご飯とお弁当用のハンバーグ。














[PR]
# by senbe-2 | 2018-06-01 00:39 | 料理

私宛の荷物が届いた。

私宛の荷物が届いた。
Amazonで注文した記憶も無いのに。
発送元を見たら新聞社の名前が。
心当たりなど何も無い、とその時は思ったのだ。

まあ開けてみようじゃないか。
f0088647_18322522.jpg
ああ可愛い。
パピエティグルのノートとペンとペンホルダーとかばんの4点セット。

あ、なんだか記憶の底から、
ポチッと応募したことが浮かび上がってきた。
ネットで出くわしたプレゼントに応募したんだった。
ああ、あれだ。

懸賞で当たったことがほとんどなかった人生。
まさか当たるとは思わなかった。

プレゼントはとっても嬉しい。
でも、もったいなくて使えるかな?
いや、使わなかったら、それこそもったいない。



[PR]
# by senbe-2 | 2018-05-28 18:21 | いただきもの

母の日 2018

今年も幸せな母の日を迎えました。
さっさと更新できなかったのは、自分の母に何もしていないからです。

でもちゃんと記録を残さないとね。

f0088647_08091074.jpg
次子からは似顔絵付きのガーナチョコレートとカーネーションの鉢植え。
末男からはステーキ用のお肉。
2人ともアルバイトでしっかり稼ぎ始めたので、奮発してくれました。
ありがとう!
幸せ者です、わたし。

写真下のお魚とアサリは頂き物です。
自分では買えないサイズの立派なメバルと
貝毒が出たため、今年は一度も口にしていなかったアサリ。
久しぶりでとっても美味しくいただきました。






似顔絵
[PR]
# by senbe-2 | 2018-05-25 08:32 | 行事

ゴールデンウィーク2018

土日は仕事、祝日は休みというパターンで仕事をしているので、
世間のゴールデンウィークのような長期の休みではないものの、
普段よりは休みがあって、少し違う毎日です。

子どもたちはゴールデンウィーク後半はお出かけのようだったので、
29日に揃ってご飯を食べました。
f0088647_21395062.jpg
メニューはお寿司。
ひとりで握りましたが、手間がかかりました。
手巻きがいいなあと思いましたが、
握ってあるとお寿司屋さんみたいで、ちょっと嬉しい。

生ハムと新玉ねぎのサラダに三田屋さん風のドレッシングをかけました。
あくまで、〜風です。ドロドロで見た目が美しくないのが残念。

後半は夫婦2人だけだったので、
インド料理を食べに行ったり、
f0088647_21484442.jpg
お休みなのに仕事に出かけて、なかなか帰ってこない夫を待ち、
夜中に晩ご飯を食べたり、(ああ不健康)


飲み会の夫のアッシー君になって、ひとりおうどん屋さんへ行ったり、
f0088647_21524062.jpg
しました。

家族のご飯の心配をしなくて良いのは、お気楽でいいものです。
ただ、冷蔵庫には、調理するはずだった食材が入ったままで、古くなって行くのが少し心配です。飲み会の予定は早めに教えてくれ〜!



[PR]
# by senbe-2 | 2018-05-05 21:32 | 料理

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る