2011年 08月 18日 ( 2 )

土佐へ〜風景編

高知と言えば、桂浜。
f0088647_16112143.jpg

石切をする末男と五色の石を探す面々。
f0088647_16121421.jpg

五色あるかな。


中村へ向かう途中に見た四万十川にかかる沈下橋ふたつ。
f0088647_16104349.jpg

f0088647_1613477.jpg

道幅は狭いけれど、どちらもちゃんと日常生活道路だった。



絵に描いた様な海岸、大岐の浜
f0088647_1614493.jpg

ハワイじゃないの?ってハワイへ行ったことなどないんだけど、
きれいな海岸だった。




足摺岬の灯台が見える。今からあそこへ行くところ。
f0088647_1619033.jpg




その灯台の入り口。足摺埼無線方位信号所というのか。
f0088647_1620122.jpg




岬の一角にある白山洞門
f0088647_16234776.jpg

ココへ降りる階段がきつかった。そしてもちろんまた上がる。
しんどいのが嫌な人はこの上にある足湯(無料)から一望できる、というのが
この後わかった。




雄大な景色を眺めていると、小さいことにこだわっているのがばからしくなる。
外の世界に目を向けた偉人が輩出したことと無縁ではないだろう。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-18 16:33 | おでかけ | Trackback | Comments(11)

土佐へ〜生き物編

今回、中村を起点に足摺岬を一周してきた。
途中、以布利港に海遊館以布利センターというのがあって、
予約をすれば、ジンベイザメがいる水槽を見学できる。
(毎月第2日曜日の午前9時から正午までとパンフレットで確認)
もちろん予約などしている訳がない私たち。
厚かましく、いきなり押し掛けて見学を希望。
職員の方はおそらく研究員。
予約もない観光客のわがままをいちいち聞いている余裕はない。
でも、たまたま20分後に予約の観光バスが到着するとかで、
私たちも紛れ込ませていただけた、ラッキー!
f0088647_837771.jpg

f0088647_8373548.jpg

f0088647_8375214.jpg


f0088647_8392313.jpg

このお魚がずっとチラ見していくよ。


足摺岬を一周したあとに立ち寄った足摺海洋館は、小さいながらも水族館。
夕方だったからか、ほぼ貸し切り状態でのんびり観察ができた。
f0088647_8491478.jpg

触れるんじゃないかと思うくらい近くにいるアザラシ。

f0088647_850080.jpg

建物の真ん中にある大水槽。

f0088647_8503081.jpg

幕を触りながら浮いているマンボウちゃん。

f0088647_8512034.jpg

恐いもの見たさで見てしまうウツボさん。

f0088647_85263.jpg

四国の海でも見かけたカクレクマノミ。

f0088647_8531011.jpg

大きいけど、ヤドカリでいいのか。

f0088647_8545236.jpg

会えて一番嬉しかったチンアナゴ。
もう、ちっちゃくて、気が小さいのか、すぐに隠れてしまうかわいいやつ。

f0088647_904883.jpg



せっかく来たのだからと、一日は海で泳いだ。
岩場でシュノーケル。
高知の海は南国だね。
沖縄の珊瑚の海程白くはないけど、
泳いでるお魚はカラフルなのが多い。
それに魚が近づいてきて、ツンツンしてくる。
人間を恐れているようには見えなかった。

時間を忘れてずっと潜っていたら、
背中側が日焼けで真っ赤になってしまった。
この歳で体を焼くとは・・・うかつだった。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-18 09:13 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧