末男の計画 〜夏の観察〜

昨日の夕方、帰ってくるなり、

「大変やー、きてきてー」と玄関で叫ぶ末男。

どうしたのかと、重い腰を上げて外に出ると、

f0088647_1213179.jpg


自転車のかごにカニ。もずくがにと言うらしい。

「おれ、これ、こうて(飼って)夏の観察にする!」

といって、去年カブトムシを飼っていた飼育箱に移している。

f0088647_1245294.jpg


足を伸ばせば20センチもある大物。

はー?夏の観察?

観察なら、今すればよい。夏までこの箱の中で生きていられる訳がない。

早く逃がしてやる様に諭したが、言うことを聴かない。

仕方なく一晩おいたが、翌朝には、足先が一本とれていた。

昨日、籠から移すときにひっかかってたからだろう。

このまま弱って、死んじゃうよ。今なら間に合うよと言い聞かせ、

やっと逃がしてやった。





その日の夕方、

「ちょっと来てー!大変なんやからー」と玄関から末男の声。

またかと思って外に出ると、

f0088647_131505.jpg


今度はフナ。

体調30センチほどのフナが二匹、あの飼育箱に入れられている。

「おれ、これ、こうて(飼って)、夏の観察にする!」

興奮気味の末男。

いや、このままやと、絶対明日の朝には死んでる。

と諭され、一匹は逃がしてやったが、

もう一匹は飼うと言い張って、動こうとしない。

f0088647_138453.jpg


ということで、今この時間も、あのフナはこんな状態で

(ちょっとした草を入れてあげてはいたけれど)

耐えているのです。

顔のアップの写真(痛々しくて載せることができません)を見ると、

とてもかわいく、胸が痛んできました。

明日、末男が登校するまでに、絶対逃がしてあげよう。


キャッチ & リリース、生きる糧としての釣りでない場合の

基本姿勢を教えてあげなければ。



あ、この魚、末男がつり上げたものではないのです。

近くの池で、おじいさんが釣っていたのを貰ったのです。
[PR]
by senbe-2 | 2008-04-30 01:49 | 遊び

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る