堆肥作り

夫が念願の堆肥ボックスを作ってくれた。

f0088647_19595854.jpg

(写真は落ち葉を入れ始めた時に撮ったもの)

これで、生ゴミバケツがいっぱいになっても安心。

その上、生ゴミ堆肥を畑に入れた直後に心配される、

動物の畑荒らしもなくなるだろう。

そして、落ち葉を一緒に入れるから、

半年後にはふかふか堆肥もできるはず。

このあじけのないボックスが庭に居座るのは、嬉しくはないけど、

土作りのために、当分は我慢しよう。




堆肥ボックスを作った夫は、

大手を振って、私に言う。

「大量の落ち葉を集めてくるように!」

はい、わかりました。

彼は仕事へ。



でも、一人で行くのは、なんだか恥ずかしい。

次子を誘うが、乗り気でない。

こうなったら、長子が部活から帰るのを待とう。

彼女なら、きっと一緒に行ってくれる。


案の定、長子はOKしてくれた。

前々から、目をつけていた、街の中心部の公園。

f0088647_2032222.jpg


f0088647_2041556.jpg


ゴミ袋と小さながんじき、ちりとりを持って、出陣。

長子が集める、私が詰める。

ひたすら公園のお掃除。

勝手に採っていいのかどうか知らないけど、

とがめる人はもちろんいない。

ただ、そばを通る人がささやくのだ。

「あ、焼き芋をするんだね。」

長子は、「そりゃ誰だってそう思うよなー。

あたしだって焼き芋の方がいい。」

そんなことを言いながら、二人で協力して、8袋貯めた。

f0088647_2013820.jpg



日没寸前に帰宅した夫、

8袋の落ち葉と、バケツ3個分の生ゴミをボックスに投入。

あれっ、全然足りない。

あんなにたくさんあった落ち葉が、

ボックスの1/3の高さに納まってしまった。

また、集めに行かないといけないのだぁ~。


f0088647_20174960.jpg


ふたをどうするか、考えていなかったので、とりあえず家にあった、

透明のマルチをかぶせる。

雨に当たってもいいのかどうか、もうちょっと勉強しなければ・・・。
[PR]
by senbe-2 | 2007-11-19 13:39 |

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧