きくいも

春にホームセンターで出会ったきくいもの苗。

見つけたのは夫。

二株買って、夫が畑に植えた。

トマトとピーマンのわずかな隙間に強引に植えられていた。



このキクイモくん、とっても強い植物のようで、

どんどん大きくなる。どんどんどんどん大きくなる

ピーマンの上に覆い被さり、ピーマンは埋もれてしまった。


夏が終わり、夏野菜たちが、終わりを告げていっても、

キクイモだけは成長し続けた。

秋の初め、黄色い花をいっぱいつけて、2メートルを越していた。

f0088647_1392765.jpg

f0088647_1394669.jpg


まわりの畑が秋冬野菜に変わっても、キクイモくんは成長する。

とうとう、お隣さんの畑に覆い被さってきた。

ひもでくくって、こちらへ引き戻すが、

またまたお隣さんの方へ行きたがる。



ある日、お隣の大根畑に覆い被さっていたので、

「そっちはダメ!こっちへ来なさい!」と

叫びながら、ひもをグイッと引っぱると、

ボコッと、根っこが抜けてしまった。

根っこ、それはキクイモ。

「ありゃりゃ、抜けちゃったよ。でも、まあいいか、邪魔だし、

この際、全部掘りあげちゃおう。」


というわけで、掘ってみたら、生姜に似たかけらが山ほど出てきた。

f0088647_13213547.jpg



その晩、夫に報告したら、

「えー!そんなに採れたんや、すごいなー。」と驚きの声。


さあて、どうやって料理しようかな・・・。保存はどうやったらいいのかな・・・?

とネットで調べていたら、恐ろしいことが書かれてあった。

「キクイモの保存は難しい。

食べる分だけ掘り起こすべし。」

なにーっ?掘り起こしちゃいけなかったの?

その上、「12月頃から順に収穫可能。10月に入れば食べられるが、

芋は生姜の様に小さい。」というような内容。


た・し・か・に・・・・・・生姜並の大きさだ。

後の祭りだあ。


こうなったら、食べるしかない。

ネットで書かれていたとおり、

きんぴらにしたり、肉じゃがのじゃがいもの代わりにしたり。

f0088647_13332635.jpg



きんぴらはレンコンのきんぴらに似ていて、

ちょっとしゃきしゃきした食感。

キクイモ自体はそんなに個性のある味はなく、

ほのかに独特のにおいがするくらいで、誰でも問題なく食べられる。


キクイモにはデンプンが入ってないので、

芋のような食べ応えがない。

肉じゃがに入れても、違和感は全くないけど、

フワフワして、もの足りない感じ。


泥付きのまま濡れた新聞紙でくるんで冷蔵庫で1週間くらい保管できると

書かれていたので、その通りにしている。すでに1週間は越しているけど、

まだ、何とか食べられる。


実家に持っていって、食べてもらったけど、

生姜のようにゴツゴツしていて、小さいので、

皮を剥くのが、面倒だと、ちょっと歓迎されていなかったよ。

でも、ネットでは1キロ1000円位で売られている。

血糖値を下げる働きがあるとかで、

健康食品にもなっているらしい。


来年はどうしようかな・・・・。
[PR]
by senbe-2 | 2007-11-05 13:51 |

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る