父ちゃん、がんばる。

長子は試合、末男は野球。

私は次子のピアノの検定試験に付き添い。



一人残った、父ちゃん。

いつものように水槽の水替えを始めようとしたらしい。



ところが、

キッチンへ水をくみに行くと、水回りの汚れが気になって、

掃除を始めることになってしまった。

流しまわりをピカピカに磨き上げると、

今度は目の前の窓のさん(木製)のよごれが目につき、

柿渋オイルを塗ることを思い立った。



そしたら、ついでに玄関扉(木製)にも塗っておこうと、

玄関に移動。

オイルが少し垂れて、たたき(石)が汚れたので、

今度はたたきを水で洗い始めた。



その頃、次子と私が帰宅。

ブルーベリーの枝が子供たちのボール遊びで、

折れていると報告したら、

「じゃあ、挿し木にしておこう。」

と庭へ移動。


そしたら、今度は、前から気になっていたラズベリーを

植え替えることになり、

ついでにワイルドストロベリーも植え替えられてた。


外で一仕事終えた父ちゃん、家の中に入ると、

キッチンには水槽の水替え用の大きなバケツが置かれたまんま。

「あ、そうや、今日は水替えをしようと思ってたんや。」


ここでやっと、当初の予定の水替えが始まった。



ほんとにご苦労様。

でも、それだけでは、終わらなかった。

その夜、お風呂の中からでブラシのこする音が・・・。



今日は、父ちゃんの中で、お掃除モードのスイッチが入ったのか。

週に1回くらい、こんな日があったら、

家の中ももう少しきれいになるのにな。


えっ、私がしたらいいって?

そうなんだけど、人には不得意分野もあるのよ (^^;)。


父ちゃん、ありがとう。
[PR]
by senbe-2 | 2007-07-22 20:27 | 生活

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る