ガスレンジのお掃除

結婚して、義母の台所を見てすごいと思ったことがある。

それは、ガスレンジが美しい事。

実家のガス台が汚いという訳ではないが、経年劣化というか、

多少のこびりつきや焦げ付きがあった。

しかし義母のガス台は、使い込んでる割に、汚れが全くなかった。


見てると、料理の間中、汚れたらサッと一拭きしているのだ。

それでも、火に近いあたりは熱くて、調理後すぐには拭き取れない。

そこで、ご飯の後かたづけの時に、毎回拭き掃除をしていた。


見習わなければと思ったものだが、私のガス台は

いつも汚れがたまっている。

たまに、きれいにすると、子供たちが、

「お母さん、掃除したん?きれいになっとうなあ。」と言ってくれる。

それくらい、ほったらかされているということ。

本当に情けない。


今日、久しぶりに掃除をした。

重曹を使って、ペーストを作り、ごとくに塗りつけて油汚れや

焦げ付きを落とす。

クレンザーでこするより、油汚れがすっきり落ち、気持ちがよい。


f0088647_142272.jpg


お掃除前の写真を撮っておけばよかったと思ったけれど、

そんなの見せる勇気はないと思う。


今はガス台でも、IH調理台のように、ガラストップ仕様がある。

あれだと掃除がしやすいのにとあこがれるが、

問題はきれいにしようという気持ちだ。

今の私がガラストップを使ったところできれいを保てるという

保証はゼロ。


汚れたら掃除をする、ではダメ。

使ったら掃除をする、これしかない。

さあ、いつまできれいを保てるか!
[PR]
by senbe-2 | 2006-10-02 14:10 | 生活

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧