あけまして…(元旦編)

元旦の朝は近くの山に登って初日の出を見ました。

夜中に帰宅して、ようやく年賀状を書き始めた私は一睡もせずに出発です。

山頂まで約1時間、到着した時はもう明るくなっていました。
f0088647_21041301.jpg
山頂では、豚汁やコーヒーの無料サービスがあります。
お箸が入った写真で申し訳ないですが、とっても美味しい豚汁でした。

今年は低い位置に雲が広がっていて、雲の上に太陽が現れるまで時間がかかりました。でも、その分、雲海が見られて幻想的でもありました。

また1時間かけて下山した後、
今度は近くの神社に初詣。
f0088647_21240137.jpg
2つ目の神社なので初詣とは言わないのでしょうか。
帰宅して、お雑煮をいただきました。

午後は実家に行き、両親を囲んで過ごしました。



[PR]
トラックバックURL : https://senbe.exblog.jp/tb/29157651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2018-01-05 16:17 x
寝る暇もないくらい忙しいのに、早朝2時間の登山って元気ですねー。初日の出だからパワーが出るんでしょうね。
近所にこんな場所があっていいですね。
うちなんか歩いて2分のお宮にも夜中だと寒くて行けませんでした。振るまい甘酒があるらしいんだけど。
で、朝はちゃんと夫が起きてきて初日の出をスマホで撮ってました。良い天気だったので洗濯すると言ったら嫌がられたけど、前日天気悪くて洗濯たまってたし、周り見たら干してるベランダが結構あったから、ま、いっかと。
(夫がいなかったら、私は適当に過ごしてると思う。)
お雑煮も前夜に下ごしらえしてくれるし、自分で動く人なので助かってます。
Commented by senbe-2 at 2018-01-06 01:07
yukarim、
やっぱりね、おせちと年賀状を一度にやるのは無理がありますね。
年賀状は前もって済ませておくものですね。
毎年そう思うのに、なかなかやる気が起こらず、年末がやってきます。

元旦登山は、もう40年続いている地元の行事です。
たまたまその登山口が家の近所にあるので、子どもたちも小学生の頃から、
勝手に登っていました。たくさんの人が登るので山頂はとても賑わっています。
割と大きな神社がこれまた近所にあるものだから、行ってみたのですが、
ほとんど人はいませんでした。初詣客は帰った後だったのでしょうか。
百円のおみくじは凶でした。おみくじの言葉を真摯に受けてめて、
一年を過ごそうと思います。

お雑煮を作ってくれるなんて夢のようですね。
もう、うちはそんなのありえませんから、
夢を抱くのはやめました。自分で好きなようにやります。

元旦と言えども、洗濯はやってますよ。それまで前日にやれというのは酷な話です。
洗濯しないと着るものがなくなってしまうし、洗濯機は台風でも回します。
なんでも昔の通りにはいきませんよね。
by senbe-2 | 2018-01-04 20:08 | 行事 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧