真夜中の飲み会

日曜日はとてもいい天気だったのに、夕方4時頃に雨が降ったのでした。
図書館内にいたので、外の様子はわかりませんでしたが、
急に空が暗くなってに雨が降りはじめたようです。

この日、夫は友達の船で魚釣りに出かけていたので、
きっと、雨で早めに切り上げているだろう、
家に帰ったら、釣った魚を料理していてくれるかも・・・なんて
お気楽な気分で帰宅したのですが、・・・・居ない。

家にいた次子に尋ねると、
お父さんから☎があって、
波が高いから今日は帰られへんかもって言ってたよ、とのこと。

え、え〜!
じゃあ、どこに居るんだろって☎をかけたら、
受話器からチャプチャプ波の音が聞こえてます。

小さな船に友達とふたり。
暇だから、今、横になってるよ。
こっち(瀬戸内の島の近く)は波は高くないけど、
どうもそっち(我が家がある本土)側の波が高そうで帰れない。
波が治まるまで待ってるわ。
最悪は帰るのが明日になるよって。

何だって?
船の上で夜を明かすかもって、寒くないわけ?
おなかすかないの?
船の上で寝てて凍え死んだらどうするの?
といろいろ考えちゃいました。

でも大人ですからね、心配する必要はないだろうと
☎を切ったわけです。



そしたら、夜の10時過ぎに帰ってきました。



俄然元気がでたのが末男。

釣りに行くと聞いた時から、今日は魚を料理してやるぜと
内心、張り切っていたらしいのです。

末男が太刀魚を、夫が鯵を ともに刺身にしてくれました。

f0088647_1123460.jpg


食べ始めたのはもう次の日。

f0088647_1133477.jpg



夜中に刺身をつつく家族。
いやあ、とってもおいしかったよ。

ごちそうさまでした。


夫は今度からは夜釣りの用意もして行こうって。(笑)

いや、笑い事じゃないです。
無事に帰って来てくれてよかった。
[PR]
by senbe-2 | 2013-12-03 01:23 | 料理

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧