人気ブログランキング |

おでかけと末男の宿題

夏休みも折り返し地点に近づきつつある。

f0088647_213727.jpg


先日、末男がズボンを買ってくれと言うので、
仕事から帰ってきてバタバタとやっている夕飯の支度の手を止めて、
買い物につき合った。

母親にとって一番忙しい時間帯に、
息子のわがままな望みを聞き入れ時間を割き、
ここで母親の気分を損ねると、
店にも寄らず、速攻で引き返すという可能性もある中、
私は切り出した。このタイミングが大事。

宿題がお盆が終わるまでにできなかったら、
それ以後は宿題が終わるまで部活禁止にするか、
それがいやなら今日から毎日、お母さんの立てた計画通りに宿題をやること。
もしできなかったら、翌日の部活は欠席する。

さあ、どっちがいい?
末男に選ばせてあげるから、自分で決め!

指図されるのが嫌な末男は前者を選びそうになったが、
冷静に考えて、ほとんど手をつけていない宿題をお盆に終わらせるなんて、
現実的でないと姉に諭され、後者を選んだ。

改めて計画表を作ると、
今まで、やってこなかったつけの大きさにめまいがしそうだった。
このペースは過去最低。

宿題は自分の責任だから、もう私は口出しなどしたくないのだが、
1学期の終わりにもらってきたプリントには、
親が宿題を見てあげてほしいと先生からのメッセージが入っていた。

本来なら、親は口出しせず、夏休みの終わりにさんざんな結果になろうが、
それを本人に全て受け止めさせてこそ、成長があるのだと私は心の底では思っている。

でも、放置できないのが、私の懐の小さいところ。(笑)
中学生になった覚悟がない息子には、まだもう少しサポートがいるのではないかと
思ってしまっているのだ。

悩んでいても始まらない。
宿題の進み具合を毎日チェックする、そう決めたのだから、前に進もう。


決めて早々、家族旅行に出かけた。
↑の写真はその小さな旅のはじまり。
そのことは、またおいおい。
by senbe-2 | 2012-08-09 21:20 | おでかけ

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る