おいしい焼き芋が食べたい!

土曜日に出かけた講演会で「サツマイモは生涯の友」というチラシをもらった。
サツマイモ研究40年の福田豊さんが地域の農業発展のために行っている
活動報告が書かれた論文の写しだった。


「ゼオライト芋焼き装置」を開発されたことや
サツマイモで緑のカーテンを作られたことなど、
なかなかおもしろい内容だ。


講演会の後、なんとその芋焼き装置で焼いたホクホクの
焼き芋を振る舞ってもらえると聞き、
私の心は躍った、「お子様優先で・・・」という言葉を聞くまでは。

おっと、お子様優先ですか。
会場には小さいお子様は少なかったけど、
中学生や高校生がたくさんいらっしゃる。
いくら出しゃばりおばさんでも、
ここは遠慮しないといけないこと位はわかるのよ。

一度は会場を出たけど、う〜ん、後ろ髪惹かれる思い。
かなり人が減った会場にそおっと戻ってみた。
あ、まだあるみたい。(笑)

そしていただいた1本の焼き芋。
おいしかったこと。
どちらかと言えばしっとり系。
食べたらびっくりする位の甘さ。
2/3まで食べて、芋好きの娘たちにも食べさせたいと、
そうっと鞄にしまった。

娘たちも感激の焼き芋。

あれから数日、焼き芋焼き芋、おいしい焼き芋と
頭から焼き芋が離れなくて、
とうとう、今日、作ってみた。


あ〜前置き長くてすいません。

f0088647_162163.jpg



さあ、どうだ、おいしい焼き芋はできたか?


それがですね、普通のお芋でしたわ。
あの甘さは再現できず。
今後の課題といたしましょう。(笑)


今回の作り方。
①庭の石を拾って洗う。
②ダッチオーブンに石を入れ、火にかけ石を熱する。
③洗った芋を入れて弱火で加熱すること80分。
 途中で一回裏返す。

もともと甘みの少ない芋だから?
いや、それだけではないはず。
サツマイモ研究40年の福田さんが書かれているのは、
温度55℃〜75℃で30分以上保つのが重要ということ。
庭石(砂利)では高温になり過ぎていたのではないかと思います。
[PR]
by senbe-2 | 2012-01-31 16:16 | 料理

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る