冷蔵庫買い替えました

温度が高くなってきていた冷蔵庫、修理をお願いすることもなく、
買い替えました。
11年使っていると友だちに話したら、寿命だよと言われ、
そんなものかと思ったけど、
やっぱり「ブツ」としては、まだ立派な体裁を保っていたので、
もったいなかったなあ。

次のはこれ。
f0088647_1214837.jpg

薄型です。
奥行きが短い分、冷蔵室の要領は小さいけど、
コンプレッサーが上についているタイプなので、
野菜室や冷凍庫が大きい。
これはパナソニックの特徴らしい。


最後まで迷ったのは三菱。
製氷器の給水タンクの洗い易さ、タンクの大きさ、
レバーひとつで冷蔵庫の棚が上下に動く「動くん棚(うごくんだな)」
製氷室の横の小さな冷凍室がソフト冷凍(切れる冷凍)に切り替えられる機能
など、使い易そうな機能があって、良さげだったが、
これは要らないという機能がひとつ。
冷蔵室の最上段を使い易くするために、
回転式になっている「回るん棚(まわるんだな)」機能。
最上段がお盆の様な形になっていて、
ストッパーをはずせばくるりと回って、奥に入れたものが取り出し易くなる。
確かに手が届くようにはなるが、
私は、いちいちお皿を回して取り出したりしない。
その上、左右両端はものを詰めることができない。
ああ、中途半端だと私は思った。


最終的には見た目で決めた。
外観がスッキリしていて、パナの方が好みだったのだ。


今までの冷蔵庫は東芝製。
タッチポンという名前だったかどうかはわからないが、
ドアのノブにタッチするだけでドアが開くとても便利な機能がついていた。
しかし、壊れるのも早く、それからは手動だったので、今回は無視。
でも東芝の製品は冷蔵室の下が野菜室になっている。
他社のは冷凍庫になっている場所だ。
かがまなくても野菜を取り出せる高さにあるのがありがたかった。
ちょっとネギを出したり、生姜を出したりと、
我が家では頻繁に開けることが多いから助かった。
今度は一番下。野菜を出すたびにしゃがまないといけないが、
そんなことを面倒がるようじゃ、いけませんね。
滅多に開けない冷凍庫が真ん中にあるという事実が
もったいないけどね。
それに、製氷室の横の小さな冷凍室が、
チルド、パーシャル、冷凍など、いろんな温度設定ができた。
これがことのほか便利で、肉や魚を買ってきて、
ここに入れとくと、凍る寸前で保存されるから、
長持ちしたんだなあ。
まとめ買い家庭には嬉しい機能だった。

電気屋さんで見たものでは、
日立は冷凍室が3段になっていて、冷蔵室の棚に工夫があった。
色の濃い冷蔵庫が多かったのも日立の特徴。

我が家のキッチンは奥行きが狭いから、それにあった薄型の冷蔵庫で、
スッキリと収まっているのがやっぱり気に入ってます。
ただね、側面の色までは気にしなかったんだな。
お店では並んでたから見えなかった訳だけど、
全面が同じ色をしていると思って疑わなかったのに、
家で見ると、濃いグレーだったのですよ。
f0088647_12485122.jpg


我が家は両方が空いてるから、丸見え。
せっかく見た目で選んだのに、残念〜!


今日は夫の実家から野菜をたくさ〜んもらってきた。
白菜もほうれん草も小松菜もキャベツもいっぱい食べられる。
嬉しい!
[PR]
by senbe-2 | 2011-11-16 12:55 | 道具

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧