人気ブログランキング |

豆腐と大根

f0088647_10472535.jpg


9月1日夕方、末男が熱を出した。

それも38.3℃。夜には38.7℃。

体温が急上昇し、寒い、頭が痛いとうなるばかり。

これはもしや・・・と思いながら、氷枕などで冷やしていた。

連日の報道で家族でも新型インフルエンザの話はよくしている。

末男も自分がそうだと思い込み、一人でエンエン泣いている。

「まだ死にたくない〜」と。

笑うに笑えない現実もあるけれど、

私もインフルエンザの恐さを強調しすぎていたのかもしれないと反省。

それに、いざ病気になると、誰だって気弱になるものだ。

そばについてやり、インフルエンザにかかった人がみんな死ぬわけじゃないこと、

今までだってインフルエンザにかかっても、ちゃんと直してきた。

それだけの体力が末男にはあることなどを力説し、なんとか落ち着いた。



その前日に、近くに住む友人からたまたま1冊の本を借りていた。

東城百合子さんの
「家庭でできる自然療法」という本。

借りる時にその友達が

「熱を出した時も豆腐を湿布すると熱が下がるのよ〜」

と言っていたことを思い出し、早速やってみた。

やり方は本書に詳しく書いてあり、その通りにすると、

末男が「あ〜気持ちい〜!」と喜ぶのだ。

なかなか眠れなかったのに、その湿布をしているとすぐに眠れたようで、

湿布がずり落ちたことも気づかなかったようだ。

夜遅くに取り替えてやると、朝までぐっすり。

朝には平熱に戻っていた。

正確には夜中に見に行った時、すでに下がっていたよ。


その日受診し、熱の原因は扁桃腺の腫れであることがわかる。



そして発熱から3日後の昨夜、じんましんが出た。

完全復帰したと思い、昨日から学校へ行っていたが、

まだ回復していなかったのか。

かゆみがひどく、「薬つけて〜」と叫んでいるが、薬など持ち合わせていない。

そこで早速、例の本で対処療法を調べてみた。

いろいろあったけれど、一番簡単に今すぐできる

大根をこすりつけるってのを実践。

これまた末男もびっくり。

「気もちい〜!かゆいのがマシになる〜」と言う。



身近にあるものに症状を抑える力があることがとても新鮮で、

楽しくなるくらい。

ただ、誰にでもうまくいくわけじゃないとも思う。

豆腐湿布を教えてくれた友達も、自分の子どもで実践してみたら、

かゆくなったと話していた。

刺激がきつ過ぎてやり方をゆるめたり、

違うものを使ったりと工夫が必要なこともあるだろう。

でも、そんなことは薬でもあること。

これからもやってみる価値はありそうだ。


今はまだ熟読していないけれど、

ここは一つ、この本を買って、手元に置いておきたいと思っている。



上の写真は熟したゴーヤ。

種取り用に熟れるまで放置していたら割れてしまった。

種の回りの真っ赤な部分を口に含んでみたら

甘くておいしかったよ。
by senbe-2 | 2009-09-05 10:53 | 生活

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る