タグ:料理 ( 148 ) タグの人気記事

高校入試

卒業式の二日後が高校入試だ。
今年は学区が再編されて最初の受験で、
実は大変なことになっている。
特に末男は自分の行きたい高校と自分の学力の差が激しく、
困難を強いられているのだ。

勉強しなかったのだから、自業自得とも言う。
そして今更しょうがないのである。

受験の前日、せめて今日くらいは早く晩ご飯を作ってやろうと、
仕事を1時間早引きさせてもらった。

f0088647_2134080.jpg


ところが帰るとほぼ出来上がっていたのだ。
次子が気を利かせてくれていた。

メニューは、牡蠣ごはんと牡蠣の味噌汁、生春巻き、厚揚げの焼いたもの。
夫も早めに帰宅できたので、ワインで義務教育終了を祝った。

(卒業おめでとうは前日に済ませていたので)
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 02:04 | 生活 | Trackback | Comments(6)

牡蠣ふたたび

またいただきました、牡蠣と日本酒。
f0088647_20535999.jpg

季節ですから。
ちゃんと火を通して、
日本酒も少しだけにして、
当たらないように注意しました。

二日間は、体調に気をつけて過ごすことにします。
多分大丈夫。自信はあります。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-11 20:45 | 料理 | Trackback | Comments(4)

凧揚げ会

職場のイベントで凧揚げ会をしました。

図書館で地元の凧作家の大凧を展示しているので、
その企画の一環で、凧揚げのデモンストレーションと
凧揚げ体験会をしていただきました。

空に舞う子どもたちが揚げる小凧
f0088647_034674.jpg


f0088647_034444.jpg

f0088647_034543.jpg


凧揚げ名人が揚げる大凧
f0088647_034663.jpg


この広場は山や建物に囲まれて、
風向きが安定せず、凧揚げ名人も、苦労されていました。
大空に舞う凧は、優雅で素晴らしい。


寒空で冷え切った体で帰宅した私を迎えてくれたのが、この晩ご飯。


f0088647_034748.jpg


作るの辛いなあと思っていただけに、
救われました。

ありがとう、次子。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-02 00:10 | 遊び | Trackback | Comments(2)

初めてのロールキャベツ

「お母さんは何でロールキャベツを作らへんの?」
と末男が言いました。

そうなんです。
昔昔にロール白菜を作って、夫から何かを言われて、自分の中で封印してしまっていました。

ちょっと悔しいので、作ってみましたよ。

f0088647_1264255.jpg


今回はクックパッドの人気レシピを参考にしたので、美味しくできました。
よかったよかった。
そんなに大変じゃなかったので、
また作ろうと思います。

中身は鶏の挽肉です。
[PR]
by senbe-2 | 2015-01-29 23:24 | 料理 | Trackback | Comments(4)

牡蠣と日本酒

牡蠣と日本酒、なんて合うんでしょうか。
この日も美味しくいただきました。

その昔、まだ独身の頃、この組み合わせで
辛い思いをしたことがありました。
酢牡蠣と冷酒を頂いて、お腹を壊したのです。それも2回。
ああ私は生の牡蠣はダメなんだな。
それも日本酒と合わせた時に限ってあたっちゃうんだから
気をつけなきゃと、わかっていたはず。
f0088647_1055651.jpg

それなのにやっちゃいましたよ。
一つは完全に生のやつ。たった一粒の小さな牡蠣。
後は半生っぽいのを2つ。
その他はお鍋の中のしっかり火のとおったもの。


その日は何事もなかったし、翌日もちょっと食欲がない程度。

翌々日の夕方、気分が悪くなり、職場で戻してしまいました。
戻してスッキリはしたものの、それから胃の中の鈍痛が翌朝まで続きました。

おバカな私。食べる前に、
「お母さんはあたるよ。」って次子が言ったのにね。
大丈夫な気がしたんだよね、その時は。

おかげで村の新年会は欠席。
美味しいお膳と楽しいおしゃべりを棒に振ってしまいました。

f0088647_1055765.jpg

末男が作ってくれたりんごのすりおろし。
美味しかった。
[PR]
by senbe-2 | 2015-01-12 06:59 | 料理 | Trackback | Comments(6)

フライドポテト…もどき

フライドポテト ラブの次子も認めた一品です。
もともとは2007年にレモンちゃんから教わったベイクトフレンチフライでした。
その時の記事を発掘してきたよ。

それの改良版がこれ。

f0088647_1514464.jpg



作り方は、

ジャガイモを洗って、皮のままくし切りにする。
皮も食べた方がいいし、なんたって時間短縮だからね。


一度水にさらして、水気を拭き取り、
塩を振りかけてから、オリーブオイルを絡ませ、
その上に片栗粉をまぶす。
この片栗粉がポイント。


それをオーブン皿に並べて焼く。
f0088647_1514378.jpg

今回はレンコンも焼いてみたよ。
でもレンコンはオイルを減らしたからか、ヘルシー過ぎるできばえでした。

今回は200度で予熱し、15分焼きました。
片栗粉のついていない面はテカリましたが、
ついているところは、カリッとして、油で揚たような風味になりました。

勿論、油で揚たほうが美味しいとは思うけど、
労力を考えたら、これはなかなかの優れレシピだと思います。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-03 21:34 | 料理 | Trackback | Comments(8)

受験生とピザ

今年度、我が家には受験生が2人います。
高3の次子と中3の末男。

次子は高校受験を一度経験しているので、受験というものを理解しているようです。
志望大学の難易度と自分の実力とにギャップはあるものの、
今やるべきことをやろうという気持ちが伝わってくるので、
こちらは見守るだけなのですが、問題は末男。

昨日は、夕ご飯が出来上がる頃に帰宅して、
突然ピザを作ると言い出しましたよ。
それも石窯で。
もし我が家の庭に石窯でもあるなら、
突然の思いつきとはいえ、
わたしは温かい気持ちで見守ってあげられたかもしれません。
でも、そんなものはないし、
ピザの材料だって揃っているかどうかもわかっていません。

その上、強力粉が足りないとわかると、
買ってきてくれと言うではありませんか。
勿論断りました。
ピザを作りたいなら、作れば良い。
でも材料が足りないなら、自分で買ってきなさい。
ただし今日中にピザの窯を作るというのは、
どう考えても無理。
せめて、ダッチオーブンで焼くぐらいに考え直せと助言しました。

でも思い立った末男は、わたしの言葉は、後ろ向きの発言でしかない。どうして協力してくれないのかと、ケンカ腰です。
私も末男のワガママ度に呆れてしまって、迷惑をかけるな!と怒りをぶつけてしまいました。

末男が石窯の作り方やピザの作り方を検索している横で、私は晩ご飯を食べ始めました。

末男の思いつきの行動は、今に始まったことではないけれど、
今回のは、ビックリしました。

次子や夫の対応は、大人でしたよ。
次子は帰ってくるなり、
末男に何を作ってるの?と尋ね、
ピザだとわかると、すごいね、いつできるの?ってアッサリ。
夫は、ピザの窯を作ると聞いて、
ピザってどんな原理で焼けるか知ってるの?と質問。
末男が庭に数個のレンガを並べて、
覆いをつけたら焼けるだろうと、
水で濡らしたダンボールを用意しているのを見て、
燻製しかできないよと、アドバイスしていました。

二人とも自分には何の負担もかからないから、そんな冷静な言葉がはけるのだと思う反面、私はちょっと落ち込みました。もう少し冷静に対処していたら、怒鳴る必要はなかったんだなって。


結局、末男は粉の半分を薄力粉に変え、
家にある材料だけで作り始めました。
幸いピザソースの材料やピザにのせる具材も、
揃っていました。
なんせ、次の日から仕事が再開する私は、
昼間に買い出していましたのでね。

その日のうちにピザ生地を仕込んで冷蔵庫に入れ、ソースを煮て、
翌朝焼いて学校へ持って行きました。

f0088647_104516.jpg


焼いたのはガスオーブン。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-01 23:15 | 料理 | Trackback | Comments(4)

沖縄土産

f0088647_550237.jpg


沖縄土産の島らっきょう。
皮を剥いて、塩をふりかけて、冷蔵庫で半日。
これに鰹節と醤油、島とうがらしの泡盛漬けをふりかけたら、
ビールにぴったりのあてになる。
オリオンビールで完璧な食卓だ。
ビールの向こうにあるのはピーマンチャンプルー。
ゴーヤを買おうと思ったらなんと300円以上もしていたので、
諦めた。

f0088647_5585019.jpg

ご飯の後は泡盛のロックを盃に2杯。
これで私の夜は終わった。

短く楽しい飲み会だった。
[PR]
by senbe-2 | 2014-05-17 06:04 | 料理 | Trackback | Comments(4)

こどもの日

f0088647_014316.jpg


昨年のひめじクラフトアートフェアで作らせてもらったこいのぼり。
数百円で材料も道具も自由に使わせてもらい、
指導もしてもらえました。
作品の見本を見ながら、まねっこして作ります。
所要時間は約20分。
楽しかった~。
こいのぼりだ〜って喜ぶようなチビッコは居ないけど、
季節のものはいいですね。
とは言うものの、実は一年中出しっぱなしだったのですが。(^_^;)

今年もあります、ひめじクラフトアートフェア。



お義母さんは、恒例の柏餅を作ってくれました。
f0088647_0344458.jpg


ゴールデンウィークに入る頃から、店先の柏餅を見て、
買いたい衝動に駆られていましたが、
きっと作ってもらえると、我慢していました。
おいし。
[PR]
by senbe-2 | 2014-05-09 00:39 | 生活 | Trackback | Comments(4)

フキが美味しい

f0088647_1105428.jpg


結婚記念日の翌日はあっさりと和食で。
スーパーでフキを見たとき、たまらなく食べたくなりました。
家で喜ぶ人は誰も居ないけど、
自分が食べたいのだから買おう。
私も子どもの頃はそんなに好きじゃなかった。
でも今、フキが食べたいと思うのは、
子どもの頃に食べていたからだと思う。
子どもたちが大人になって食べたいと思うかどうかはわからないけれど、
味を知っていて欲しい。

筍は焼きました。
ガーリックパウダーを入れたら、
臭い臭いと大不評でした。
私は好きなんだけどな。
[PR]
by senbe-2 | 2014-05-05 01:17 | 料理 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧