タグ:家族 ( 214 ) タグの人気記事

夏休み 2015 次子編

今年大学生になった次子は、ワンダーフォーゲル部に所属している。
中学や高校で運動をしていない彼女が、
山登りをするとは、私には意外だった。

筋トレ、ランニング、近場の山登りを繰り返し、
夏休みには南アルプスへ出かけていった。
春の合宿では、20キロのザックを持ち上げて、担ぐことが、
ひとりでできなかった彼女も、今回の合宿では、25キロを担いであがったという。


瞬発力を求められる球技などと違い、
丹念に計画を立て、きちんと準備し、しんどくても粘り強くいっぽいっぽ歩く山登りは、
のんびり屋の彼女に合っているのかもしれない。
でも、そんなに甘いものじゃないのは、彼女も気づいたようだ。
「何をやっても、みんなすごく早くてびっくりした。
自分がこんなに遅いとは。」とこぼしていたのは、5月頃だったか。

けれど体力もない、要領も悪い彼女を見捨てずに、
山に連れて行ってくれる先輩方には、感謝している。
女子が多いパーティでは、その分男子がカバーして
荷物を多く担いでくれているらしい。
f0088647_19233598.jpg


今回の南アルプスでは、台風が近づいていたため、北岳登頂は見送られた。
けれど、初めて、3000メートル級の山を経験した彼女は、
頂上からの眺めに魅了されてしまったようだ。

そう、この世にこんな世界があったのかと、興奮したことが、私にもあった。
もう25年以上前のことだけれど。

f0088647_19233653.jpg



[PR]
by senbe-2 | 2015-09-03 13:15 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

こどもの日

今年のこどもの日は、親戚のお家でバーベキュー。
いつもなら、事前に相談して、持っていくものを相談するんだけど、
今年は、ぜーんぶ、こどもたちで準備してくれました。

とは言っても、リーダーシップを取ってくれる
頼もしい大人がいてくれるからこそできることなのです。

リーダー的存在のお兄さんが、
前日に男の子たちを連れて買い出しに行ってくれました。
当日は11時に召集がかかり、
女子も合流となりました。

男子は主に焼き係。
f0088647_16264782.jpg

BBQ場のセッティングと火起こし、焼きを担当してくれました。
こどもと言っても、成人も居ますが、
私たちのこどもという意味で。

女子は家の中で、お肉の下準備、切り目を付けたり、串に刺したり。
野菜サラダやポテトサラダを作ったり。
おにぎりもありました。

途中で、「お酒が無い!」というわがままな20歳を超えたこどもが叫び、
急遽お酒の買い出しに行くことに。

その後、デザートのクレープを作るとかで、
女子はキッチンに入り、ひたすらクレープを焼いてくれました。

f0088647_16264567.jpg

とても上手に焼けていてびっくり。

クレープ屋さんの開店です。
ひとりひとりオーダーをとって、希望通りのオーダーメイドクレープを
全員に用意してくれました。

f0088647_16264619.jpg



f0088647_16264694.jpg

味もなかなかでした。

現在上は21歳、下は15歳。
この間に8人のこどもたちがいます。
みんな仲が良くて、今回も親戚のLINEグループがあるらしく、
そこで連絡が回って、全員集合ができました。

こどもって呼ぶのはもう終わりですね。
[PR]
by senbe-2 | 2015-05-06 16:26 | 生活 | Trackback | Comments(6)

レンズ豆のスープ

自分の誕生日くらい自分の好きなメニューにしてもいいかなと思って、
いつもは作らない豆系のスープを作った。
f0088647_23461967.jpg

ワイングラスの向こうの鉢に入ったもの。
インド風にコリアンダーで風味をつけたカレー風のスープ。
これがとっても美味しかった。

実はこの前日にスリランカ料理のお店で似たようなダルカレーを食べた。
f0088647_23462023.jpg


これもすごく美味しかったけれど、
自分で作ったのもなかなか。

こんなに美味しかったら、
度々作りたいけど、
家族受けはイマイチどころかイマサンくらい。
なんとか、慣れてもらって、月一くらいは登場させたい。
レンズ豆、それも皮なしの豆を使っているので、調理時間も短かいよ。

家族がお店で食べたのはこっちのカレー。
f0088647_23462050.jpg


これも美味しそうだけどね。


誕生日のプレゼントに次子からイヤリングをもらった。
f0088647_2346211.jpg


ところがもらって数日後、
片方が行方不明。
イヤリングって、つけていても、外れても、気づかないんだよね。
何回なくしているんだろってくらい、
片方だけのイヤリングを持っている。
[PR]
by senbe-2 | 2015-04-14 23:25 | 料理 | Trackback | Comments(4)

入学式 今日は末男

寒い入学式になりました。
と言っても、まだ始まっていません。
13時半からの入学式に、
12時からの入学金納付と書いてあったため、
正直に12時にやって来ました。
式が始まるまで1時間余り、底冷えのする体育館で座っています。
最大の失敗は、さっきまで家で読んでいた本を忘れてきたこと。
あ〜もったいない。

周りはみなさんお友だちとおしゃべりに花が咲いています。
あいにく知り合いは一人も居ないので、
じっと座っているだけです。寂しい(._.)
次子の時は、みなさんお一人だったので、
お隣に座られた方と楽しくおしゃべりできたっけ。



f0088647_12441370.jpg


写真は我が家のジューンベリー。
今が満開です。
今年はたくさん実をつけて欲しいなあ。
[PR]
by senbe-2 | 2015-04-08 12:15 | 生活 | Trackback | Comments(2)

入学式 今日は次子

雨がちらつく中、次子の入学式に行って来ました。
会場は大学外の公共のホールで。
駅からも近いし、参加しやすく便利でしたが、
おかげでまだ一度も大学へ足を運んでいません。
大学生なんだから、いつまでも親がついていくこともありませんね。
入学式も親が行く必要もなかろうとは思いましたが、
道案内役でついて行きました。

私はと言えば、数年ぶりにスーツを着て、
腰回りがピチピチになっていて、ショック。
やっぱり食べ過ぎなんだと、反省中。

娘は娘で、初めてはいたパンプスで靴擦れを起こし、
裸足で歩きたいと言うものだから、スニーカーを買って履き替えました。

通学定期も買って、さあ、明日から大学生活開始です。

一日おいて、明後日は末男の入学式。
友だちができたら、親なんて要らなくなっちゃう。
今のうちにと、子どもたちとべったりの時間を楽しんでます。
[PR]
by senbe-2 | 2015-04-07 00:43 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

お彼岸の日に

お彼岸の日、久しぶりに長子が帰ってきた。
ちょうどいいので4人でお墓参り。

義母が作ってくれたおはぎをよばれる。
f0088647_03004444.jpg
お天気もよく、暖かだったこの日、
お墓参りの後、
「つくしが出てるんじゃないの」
と誰かが言い出した。

じっくりつくし狩りしてる時間はないなあと思っていたら、義母が近場に案内してくれた。

f0088647_03052003.jpg
義母の案内でつくしを探す長子と次子。
その後ろで、川の中が気になる末男。
w
ひとつかみだけ取れたので、晩ご飯に天ぷらにした。
f0088647_03082621.jpg


[PR]
by senbe-2 | 2015-03-25 02:56 | 生活 | Trackback | Comments(4)

進路決まる


末男の受験が終わり、
合格発表もありました。

残念ながら、第一希望の高校には合格できず、
第二希望となりました。

本人はとても残念がっていますが、
この進路が末男の人生の中できっと良い結果につながると信じて、
前に進んで欲しいものです。

(15歳の本人には、なかなか伝わらないのですが。)



f0088647_2463515.jpg


写真は入試の翌日に、次子と末男で作ってくれた夕食。
この日は、友だちの遊びのお誘いを断って、
一日中家の片付けをし、晩ご飯まで作ってくれたのでした。
家の蜘蛛の巣をはらったり(どれだけ掃除をしていないのか?)、
新聞紙を束ねたり、掃除機をかけたり、
よく頑張ってくれました。

その日から部屋のキレイをキープしようと思っていましたが、
それはやっぱり難しい。
あの日何ものっていなかった、リビングのテーブルと、
ダイニングのテーブル、キッチンのカウンターは、
すぐにてんこ盛りになってしまいました。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-18 23:01 | Trackback | Comments(6)

入試の前の夜に

入試の前夜、
末男は準備物を確認しながら、つぶやく。
あー、もっと勉強しとくんやった。

そうなんだよ。お母さんもずっとずっと思っていたよ。
そして何度も何度も言ったよね。
後悔するよって。

末男はいつも言ってたよね、
わかってるって。
お母さんが話をする度に、
うるさそうな顔をしてた。
もう言ってはいけないんだと、
口を閉じたよ。

あの時はわかってるつもりやったんや。
でもわかってなかったわ、と末男。

気づくのが遅すぎて笑うにも笑えない。

でも気づいたら、この気持ちを忘れないで欲しい。

この入試の前の夜に思ったその気持ち。
15歳で気づいたことに感謝して、
次の一歩を歩んでくれたらと思う。

自分の道は自分で切り開くしかないこと。
そのためには、しんどいことを乗り越えなければならないこと。
それは簡単なことではないけど、
しんどいだけでなく、ワクワクすることでもあること。

今のしんどさから逃げずにじっと耐えて、力を蓄えてほしい。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-17 13:41 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

高校入試

卒業式の二日後が高校入試だ。
今年は学区が再編されて最初の受験で、
実は大変なことになっている。
特に末男は自分の行きたい高校と自分の学力の差が激しく、
困難を強いられているのだ。

勉強しなかったのだから、自業自得とも言う。
そして今更しょうがないのである。

受験の前日、せめて今日くらいは早く晩ご飯を作ってやろうと、
仕事を1時間早引きさせてもらった。

f0088647_2134080.jpg


ところが帰るとほぼ出来上がっていたのだ。
次子が気を利かせてくれていた。

メニューは、牡蠣ごはんと牡蠣の味噌汁、生春巻き、厚揚げの焼いたもの。
夫も早めに帰宅できたので、ワインで義務教育終了を祝った。

(卒業おめでとうは前日に済ませていたので)
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 02:04 | 生活 | Trackback | Comments(6)

末男の卒業式

末男の卒業式は10日。
その日は雨の翌日で、天気は晴れたものの
寒くて強風の吹く大荒れの日だった。


入場を終えた卒業生の席に目をやると、
最後尾に空席が一つずつ
どのクラスにもある。
予備の椅子を置いているのかと思ったが違っていた。
どうやら不登校の生徒のための椅子だったようだ。
今この瞬間、この子達はどんなことを思っているのかと
思わずにはいられない。そして彼らの親の気持ちも。




式は滞りなく終わり、卒業生退場のアナウンスのあと、
1組から順に出て行く。
その時1組に所属する末男が大声で叫んだ。
「⚪️⚪️先生3年間ありがとうございました。」
続いてクラス全員が「ありがとうございました」と続く。
こんなに大声で叫ぶことができる末男には
この学校で確かな居場所を持つことができていたのだろう。
勉強面や部活動ではいつも何かと問題を抱えていたし、
学校からの呼び出しも数回あった。
それでも、学校が好きで、友だちに恵まれ、楽しい中学生活を送ることができた。
それは本当に幸せなことだと思う。

f0088647_152328.jpg


写真は式の後、部活動の仲間と一緒に顧問の先生にご挨拶。
ちゃんとした挨拶も考えていなくて、モジモジしている子どもたち。
ちゃんと考えておかんかい!と言いたくなった。

帰宅してから、学年主任の先生が作ってくださったであろうDVDを観た。
3年間撮りためられた映像がたっぷり収められていた。
映像は入学式の前から始まっている。
愛されていたんやなあと、ありがたく思う。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 00:57 | 生活 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧