タグ:外遊び ( 31 ) タグの人気記事

潮干狩り

「貝とりに行きたい」と末男が行っていたので、
今年も潮干狩り決行。

今年は寒いから人出が少ないんじゃないか・・・
っていう予想は大きく覆された。

f0088647_1715343.jpg


この写真じゃ大したことないじゃないかと思われるかもしれないけれど、
こっちの方向に見て、これくらいというだけで、
これが全てではないのですよ。
写真の右側にも沢山の人がいます。

駐車場は満杯。
誘導されたのは浜から1キロくらいあるのではないかと思われる空き地。
おかげで駐車料金を払わずに済んだけど・・・
きつい長靴(こどもたちが小さくなってはけなくなった子供用長靴)をはいていた私は
軽い靴擦れ状態。(涙)

歩きながら、末男がぽつり。
「去年はあっちの道を歩いたなあ。」

はいはい、そうでした。
去年の悲劇を覚えている方がいらっしゃるだろうか?
なんだったっけ〜?と思われる方、
そんなんしらねーよって思われる方はこちらを

去年のことを思えば、これくらい歩いたってしれてるぜ!(笑)

ということで、あさり掘りに取りかかったところ、
今年は採れる採れる。
ここ数年、明らかに蒔かれたと思われる小さな貝しかなかったのに、
今年はかなり大きめサイズばかりだった。
(身入りは普通でしたが)
今年のも蒔かれたものに違いはないけれど、
やっぱり採れると嬉しい。

長子、末男、夫と私。(次子は部活)
黙々と掘りつづけ、4人分の袋が一杯に。
夫はまだまだやりたかったみたいだけど、
またこれを持って歩くことを考えて、
今年はこれで切り上げ。

f0088647_17194160.jpg



写真ではもう人がいないのではないかと思わせるが、
それは違う。
入場料のもとをとろうと、
まだまだ頑張っている人達がいた。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-05-07 17:24 | 遊び | Trackback | Comments(2)

外遊び

日曜日に校区内にあるキャンプ場へ、
末男の同級生たちと一緒に遊びに行った。
同級生のママが頑張って企画してくれている外遊びの日。

この日の活動は焼き芋づくりとキャンプ場の門の絵付け。

みんなで落ち葉を集めて焼き芋を焼いた。

f0088647_0501697.jpg


この中に芋が入っているよ。

お芋を焼いてる間に鉄でできている門のさびとりとペンキ塗り。
f0088647_0514663.jpg


末男がんばっとります。
彼はこういう作業が好きなのかもしれない。
親ばかだけど、丁寧に塗ってるなと思った。
自宅の外装がかなりはげてきていて、
塗り直しが必要なのだが、彼にやらせてみても良い様な気がしてきた。

女子は門に貼付けるパネルの下絵作り。
f0088647_055683.jpg


いきなり絵を描けと言われて、描けるのかと心配したが、
描けるものだね。みんなが各自描いた絵を寄せて、
うまく下絵が出来上がった。

焼き芋もできたので、お昼ごはんに。
メニューはコンビニのおにぎりと焼き芋。

こどもたちは早々と食べ終わり、川遊び。
f0088647_182829.jpg


捕まえたものたちを見せてくれた。

f0088647_104033.jpg
f0088647_11514.jpg
f0088647_112452.jpg


どれもかわいいなあ。

呼び戻されて、作業再開。

男子は門に絵を描く。
f0088647_135873.jpg
f0088647_141795.jpg


さっき捕まえたカニやカナヘビがモデル。

女子は色付け。
f0088647_152128.jpg


みんな手分けをしてガンガン塗る。
パネルは女子の領域だけど木の幹が寂しかったので、
末男がカブトムシ描きで参加。
f0088647_1102465.jpg


なんとか完成。

f0088647_1122431.jpg


自由に遊んだら、やっぱりみんな川の方へ。

一歩間違えたら大けがの危険もある自然の中。
親としては危ないから遊ぶなと言うか、
少々の怪我は覚悟で体験させるか。
正直迷うこともある。

でも少しずつでいい、できることを増やして、
体験から学ぶこどもであって欲しい。
自然のすごさは自然の中に入ってみなけりゃ
わからないのだから。
[PR]
by senbe-2 | 2010-04-20 01:27 | 遊び | Trackback | Comments(6)

お彼岸はおはぎで

お彼岸の前夜にふっと思い立っておはぎを作ることにした。

小豆をつけ、餅米をつける。
これさえやっていれば、明日の私は嫌でも作るだろう。
そうだ、ためらわず明日の自分を信じよう。(笑)

幸い夫が仕事で早朝に家を出た。
こどもたちが起きるまでにまだ2時間くらい有る。
その時間にあんこは出来上がった。
朝から行なわれた婦人会(戦時中に生まれたこんな組織がまだ現存するのだ)の総会後、
餅キビ入りの餅米を炊き上げ、
末男がぺったんぺったんやって、
私があんこを包み込み、
末男がきな粉をまぶして、
出来上がったぜ!

f0088647_0463349.jpg


これを持ってお墓参りだ。

終わったら夫の実家近くを散策してつくし採り。
「ここはよその陣地やから、俺ら泥棒?」と末男。
陣地じゃないけど、よそ様の田んぼであることには間違いない。
ということは泥棒と言われても間違いはない。
田舎の道ばたということで許してもらえはしまいか。
ご近所の息子の嫁とその子ということで多めに見てもらえまいか。
これからは、もう少し考えて行動せねばならないかも。

f0088647_0534296.jpg


昨日にうってかわって肌寒く、
風が異常に強い日だった。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-22 00:55 | 料理 | Trackback | Comments(8)

こどもの遊び場

今日は外遊びの日。

こども27名と町内にあるキャンプ場へ行って来ました。

町内といってもキャンプ場は山の中、自転車で30分・・・はかかってないか。(笑)

でも、車で10分くらいは余裕でかかるくらい。

その上なだらかな登り坂。きつかった〜。

f0088647_032861.jpg


キャンプ場内で遊んだり、カレーを作ったり、楽しんできました。

薪割りこそしませんが、火をおこし、ごはんを炊き、カレーもみんなこども達で

やりました。まだまだ大人の力なしではできないけれど、

その大人も技術的には、かなり怪しいメンバーだったので、

きっと、すぐに自立していくと思われます。(笑)

f0088647_043368.jpg

f0088647_045334.jpg


こども達はこれから、この山で自分たちの遊び場を作る予定。

この木立にネットを張ろう、
ツリーハウスにできそうな木はないか・・・など
計画を練っています。

ちょっと腰が痛くなってしまいました。
運動不足です。
しばらくこたえそう。(苦笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-01 00:14 | 遊び | Trackback | Comments(2)

ISS(国際宇宙ステーション)を観た!

サイエンスカフェの日記でISS(国際宇宙ステーション)を観るんだと

張り切っていた私。

23日土曜日の夕方、その頃は丁度、台所で夕飯の、のり巻きを巻いていました。

そう、すっかり忘れていたのです。はあー。

家族の誰も思い出せず。


思い出したのが今日(25日)の朝。

気をとりなおしてJAXAのH.P.で次回はいつ観ることができるのかチェック。

そしたら、今日見えるって書いてあるじゃありませんか。

よかった〜。

でも、今日は雨。

あらら〜と思っていたけれど、

夕方日が沈む頃にはくもの切れ間がチラホラ。

もしかしてもしかするかもと、時計とにらめっこ。

今度こそは見逃さないぞ。

寒かったので家の中からまだかまだかと待ってたら、

外で頑張っていた末男が「見えた!」と叫んでる。


雲の切れ間からスーッと動いて、次の雲へ隠れていった。

飛行機より速く、流れ星より遅く。

肉眼ではっきり見えるくらいキラキラと輝いて、とてもきれいだった。

星の様に輝いて見えるのは地上ではもう見えない太陽の光を反射しているから。

昼間は明るくて見えないけれど、

夜になってしまうと太陽の光をが当たらなくてこれまた見えない。

日の出前や日没後1〜2時間以内が観察のチャンス・・・らしい。

今回は丁度いい時間帯だった。



ISSはまた雲から出てきて、また次の雲へ隠れていく。

ほんの2分間くらいの間だった。


ふう。やっと会えたね。

これでもう安心だ。

って、何がだ?(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-01-25 22:31 | 生活 | Trackback | Comments(4)

夏休み

ご無沙汰しております。

元気にしていますよ。

夫は休みなくお仕事。

長子はテニスの大会も終わり、家でのんびり机に向かい、

いえ、ダイニングテーブルに向かって宿題をしています。

息抜きだと称して、ゲームをしたり、漫画を読んだりする時間の方が長い日も多く、

そばにいるとやきもきしてしまいます。

もちろんお菓子作りもやっていますよ。



次子は吹奏楽のコンクールに向けて、毎日お弁当持参で終日練習。

おかげで私は夫の分と合わせて毎朝二つのお弁当を作り続けています。

ちょっと休みが欲しくて、昨日今日はパンにしてもらいました。



末男と私は、いつも通りの夏休みを過ごしています。

f0088647_2129062.jpg


ここはおばあちゃん家の横の川。

少年は川が好き。

魚を見つけたら、いてもたってもいられなくなるようだ。



f0088647_21401891.jpg


今日は中学生の軟式野球県大会の決勝戦を観に行きました。

さすが県大会決勝戦に残る2チーム。

動きがキビキビしていて、見ていても気持ちがいい。

特に優勝チームは控え選手の動きがとてもよかった。

ネクストバッターサークルに選手が入るまでのわずか数秒の間も、

控え選手がきちんと入っていて、いちいち交代する。

これがみんなで戦うってことなんやなあと感動。


末男との夏休みはまだまだ続く。
[PR]
by senbe-2 | 2009-07-29 22:02 | 生活 | Trackback | Comments(8)

やまもも

夫が採ってきてくれました、やまもも。

f0088647_22104411.jpg


ちょっと小振りですが、良く熟れていて、酸っぱいながらも甘くおいしいです。

昔の子どもたちはこういう木の実を食べていたのでしょうか。

夫は食べていたらしいです。

私は子どもの頃は、存在すら知りませんでした。

街の子どもだったのか?

外遊びをしない子だったのか?



夫は、実のなる木が大好き。

車通勤の最中も、大きなヤマモモの木が気になってしかたなかったようです。

近づいて枝をゆすると、バラバラと落ちてくるとか。

みんなで採りに行きたかったけれど、

近くに民家もあるし、誰かの木かもしれなくて、

我慢です。(笑)

でも、もし誰も採らないのなら・・・もったいないなあ。


季節のものをちょっと口にできる。

それくらいがいいのかもしれませんね。
[PR]
by senbe-2 | 2009-07-02 22:33 | 生活 | Trackback | Comments(4)

こどもの日

この日、義母、末男、私の3人はちょっとお出かけした。

その帰り、川の土手を車で走っていると、

末男が「手長エビがおるから、行ってみよう!」と言う。

幼い頃から網とバケツをもって探検に行くのが趣味の彼は、

川を見たらうずうずしてくるようだ。

早く家に帰りたい私は無視を決めていたが、

義母が「今日はこどもの日や、って言うてみたら。」と末男に入れ知恵をする。



ああもう仕方ないなあ、と寄り道決定。

川に入ったとたんに、末男が大きなシジミを採った。

あさりより大きいくらいの大きなシジミ。

こんなに大きいのが採れるなら・・・と損得勘定丸出しの私の心が動いてしまった。

f0088647_93887.jpg


この後、私も靴を脱いでズボンの裾をまくり上げて、シジミ採りに参加。

他にもシジミ採りの家族はたくさんいた。

でも、最初の大きなシジミはなんだったのかと思うくらい採れない。

小さいのがたまに採れるくらい。

末男の心はエビでもなくシジミでもなく、カニに移動。

f0088647_96245.jpg


実は義母も磯遊びが大好き。末男が好きなのは血筋かもしれない。(笑)

末男以上にカニを追いかけていた。もちろん手際が良いので

どんどんカニを追いつめる。
f0088647_961728.jpg


小さいのもいた。
f0088647_963524.jpg

少し大きいのも。
f0088647_96489.jpg

もう少し大きいのも。
f0088647_965913.jpg

たくさん採れた。
f0088647_9153779.jpg



カニと少しのシジミたち、持って帰って、お味噌汁に入れた。

私は少し後悔した。

逃がしてやってもよかったのにと。

自分で手を下すとそれが必要か必要でないか、はっきりとわかってくる。

自分が生きるために必要なら自分に折り合いがつくのだ。

でも、必要以上のことをすると、どこかおさまりが悪い。
[PR]
by senbe-2 | 2009-05-07 09:32 | 遊び | Trackback | Comments(4)

えび採り

数ヶ月前に末男がブラックバスを連れて帰ってきた。

池で釣り上げたのか、釣ったものを貰ってきたのか定かではないが、

海老しか入っていなかった末男の水槽に入れられた。

体長約10センチ。

その日のうちに、ほとんどの海老はブラックバスの腹の中に消えた。

翌日には全滅。

しばらくは餌もやらずに放置されていたが、いつまでもやらないわけにはいかない。

父親所有の魚たちの餌(粉末)をやっても、ブラックバスには見えないのか、

ほとんど食いつかず、底へ沈むだけ。

それからは末男が近くの溝へ海老をすくいに行っていたが、

それも長続きしない。

餌をやらないなら、池に放してくる様に諭されるが、

末男は決心がつかない。

そんなこんなで、ブラックバスはわずかな餌で今日まで命をつないできた。

魚でも餌がもらえることがわかるのか、ただ動くものに反応しているだけなのか

人が水槽に近づくと寄ってくるのだ。

ブラックバスも生き物。飼っていれば可愛くなってくる。

そしてとうとう、次子が動き出した。



水槽の掃除をしてやり、ここ数日何も食べていないブラックバスのために、

エビ採りに出かけた。
f0088647_23593888.jpg

初めはエビの姿を捉えることが出来ず、

これはもしかしてとても大変な作業になるのではと心配をしたが、

徐々に目が慣れてきて、見える様になってきた。

狙いを定めて網ですくう。

指の先にエビがのっている。(クリックしたら、少しだけ大きくなります。)
f0088647_23582745.jpg


f0088647_23584992.jpg


水の中のエビを探すのはちょっと時間がかかる。

そこで、何も考えず、その辺の泥を網ですくってみた。

そしたら、ちゃんとエビが入っているではないか。

おおっ!かんたんかんたん。

そして次々にゲットし、餌箱はエビで一杯にエビがそこそこに。
f0088647_0125654.jpg


30匹くらいは採れたと思う。

1日に5匹あげたら、6日分。

その後はどうなることだろう。


あ〜、暑い夏のような午後だった。
[PR]
by senbe-2 | 2009-04-12 00:19 | 遊び | Trackback | Comments(2)

筍掘り

お友達に誘っていただいて、たけのこ掘りでございます。

f0088647_14405785.jpg


お友達の家の竹林でのたけのこ掘り。

なんて贅沢なんでしょう。

こんなに頭が突き出ている筍はほとんどなくて、

落ち葉をかき分けて探します。

達人は地面を踏みしめるだけで、足の裏で筍の存在を感知できるらしいですが、

素人の私には木の枝との区別が全くつかず、手探りで探しました。

筍は柔らかいです。

ほとんど掘り上がったから、後は手でグイグイとやればとれるかな・・・・

なんて思ってはいけません。

間違ってそんなことをしてしまったら、先だけがポロンととれてしまいます。

っていうか、とれてしまいました。(笑)

筍ってもう少し固いものかと。

生の筍は柔らかい。ほんとに赤ちゃんなんですね。

f0088647_1457162.jpg


昨夜はとりあえず茹でた筍をわさび醤油で。

今朝は塩昆布と炒めてお弁当のおかずに入れました。

掘りたて筍、本当においしいです。

ありがとうございました!!
[PR]
by senbe-2 | 2009-04-09 15:02 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧