タグ:お土産 ( 18 ) タグの人気記事

ロンドン土産


長子が卒業旅行でロンドンへ行ってきた。
彼女にしては初めての海外旅行。
それもひとり旅。
子どもの頃から行動派ではあったけれど、まさかひとりで行くとは。
航空券とホテルの予約だけは旅行社に手配してもらって、
あとは全くの単独旅行だ。
親としては心配でたまらないが、私自身同じようなやり方で、
中国への卒業旅行を1ヶ月間やったのだから、ダメだとも言えない。
今はインターネットという便利な道具があるのだし、wifiさえ確保しておけば連絡は取れる。それでも、スマートフォンを落としたら…とか考えると気が気ではなかった。

結果から言えば、何の問題もなく、元気に帰ってきたのだ。
またまた大きな自信を手に入れて。

私もロンドンに娘がいるのだと、ある時気づき、どうせなら土産物を買ってきてもらおうと、開き直った。
さて、何がいいかと考えても、思いつくのは紅茶ぐらい。
イギリス、イギリスと考えていると、思いついたのが絵本だ。

気になる作家を連絡して買ってきてもらった。
f0088647_23311080.jpg
エドワード・アーディゾーニの本と「ジャイアント・ジャム・サンド」という本をお願いしたら、それ以外にも古本で2冊、「ふたりはともだち」と「春のピクニック」を買ってきてくれた。
お土産に本を頼むなんて、重かっただろう。帰国の日、スーツケースの取っ手が取れたそうだ。おそらくお土産のせいだろう。

どれも好きな絵本でとても嬉しい。
日本では絵本といえばハードカバーが主流だが、
買ってきてくれたのはどれもソフトカバー本だ。
イギリスでは、ソフトカバーの絵本も多く出版されているのだろう。

どんな風に翻訳されているのかが、わかって面白い。





[PR]
by senbe-2 | 2017-03-27 00:10 | | Trackback | Comments(4)

次子のお土産 わっぱ弁当箱

次子の忘れ物事件勃発の少し前、
彼女からもらったのが、わっぱ弁当箱。


f0088647_09220637.jpg




広島、岡山方面に旅行に行ったお土産だ。

f0088647_09220628.jpg




前から私が欲しがっていたのを知っていて、
買ってきてくれた。
2週間前一緒に京都へ行った時、
私は、弁当箱が欲しくて、見て回っていた。
でも、大きさ、値段で、踏ん切りがつかず、
見送っていました。それを見ていたんだね。

今使っているのが、100円ショップの保存容器みたいなの。
使い勝手はいいものの、
安っぽさは拭えず。
毎日使うものだから、好きなものが欲しいなと思っていた。

旅行へ行くといっても、ちょっと遠出をするだけだろうと、
餞別を渡したわけでもないのに、
まさかこんな大物を買ってきてくれるなんて。
それも今欲しいと思っているものをドンピシャで買ってきてくれるなんて。

早速使っている。
上のは次子のお弁当。
f0088647_09220676.jpg




玄米ご飯がよく似合う。
涼しくなって、玄米生活再開だ。
[PR]
by senbe-2 | 2015-09-22 09:20 | いただきもの | Trackback | Comments(2)

やっと終わったインフル休暇と夫の土産

先週の月曜日にインフルエンザだと診断された末男、
金曜日に社会復帰可能のお墨付き(診断書を学校へ提出する必要がある)をもらい、
やっとこさ、今朝学校へ行ったよ。ふう。
つまり、先週も今週も土日はしっかり楽しんで、平日5日間を合わせて、
9日間の休暇だったことになる。
インフルエンザだと言っても比較的元気な末男が家でダラダラ過ごしているのを見て、
「そんなん春休み並みやな、ありえへん!」と、長子。
修学旅行以降、土日も模試で休みがなかった彼女も、なんとかインフルエンザにかからず、
この1週間を過ごすことができた。
まったく隔離することなく過ごした割に、
家族が体調を崩すことがなくて、良かった。


この週末、旅行に出かけた夫の土産は↓
f0088647_13324516.jpg



f0088647_1334567.jpg

この1杯を仲良くジャンケンで争奪して、いただきました。
足は10本、大きくても小さくても一人2本。

f0088647_13414911.jpg

親だからこどもに譲る?
そんなことあるはずがない。
おいしかった〜。
[PR]
by senbe-2 | 2012-01-30 13:46 | 生活 | Trackback | Comments(2)

土佐へ〜冷たいモノ編

冷たいモノは食べずに、お湯を飲むんだと言いながら、
やっぱり暑いときは冷たいモノも必要。

旅の途中でいただいたものたち。


f0088647_8581458.jpg

味を確かめたくて買ったトマトと文旦のジュース。
四万十川下流の産直所で購入。さっぱりといけました。

f0088647_901314.jpg

足摺岬の売店で。
味は普通のレモン味。量が嬉しい300円。
この後、炎天下のもと、足摺岬を歩いて一回りすることになる。

f0088647_932413.jpg

20年前に土佐に来た時にも売っていた、「ごっくん馬路村」
ゆずと蜂蜜だけのドリンクで、とにかくおいしい。

f0088647_953912.jpg

土佐特産の生姜がたくさん浮いているジンジャエール。
ちょっと大人向け。


f0088647_8564079.jpg

土佐とは全く関係がない、ラズベリー味のイタリアンジェラート。
長子の一押し。


f0088647_916887.jpg

親戚のおばちゃんが、器に入れてすすめてくれたかき氷。
カップ入りよりずっとかき氷に近い。
福岡のメーカーだが、四国でも定番らしい。
5袋250円くらいだとか。


旅の途中も毎日お湯を沸かして、ポットで持ち歩き、
エアコンが効いた中では飲んでたよ。
飲むと体がほっとする。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-16 09:26 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

土佐へ〜二期作編

3年ぶりの家族旅行。
心の中ではこれが最後になるのではとの気持ちもあって、
今年は無理をしても行きたかった。
受験生の次子にはちょっと厳しいスケジュール。
帰宅してから、真剣に宿題を片付けてます。
そうそう、退路を断てばやらざるをえなくなる。
あきらめない限り、未来は明るい!

出かけたのは、先日末男と祖母が出かけた高知は中村。(現在は四万十市)

高知は今、稲刈りシーズン。
f0088647_1630849.jpg


f0088647_16311040.jpg


黄金色の稲穂と、青い稲の対比が美しい。
お米屋さんの店長をしているお友達のお店でも、
高知の新米が販売されてます。→ここ

売店でみつけたこんなアイス。
f0088647_164309.jpg

中にご飯粒が入ってました。


3年前の家族旅行までは準備と後片付けが、大変だった。
これが嫌で、家族キャンプに行かない友達も多い。
私も後片付けは苦手で負担も多いけど、
それに代えられない想い出ができるのがキャンプ。
次子が頑張った年、長子が頑張った年、
いろいろだったけれど、
今年は全員が頑張った。
帰りの車の中で役割分担をして、帰宅したその足で、
それぞれが動いた。
車からキャリーをはずして、大物を片付ける二人。
細々キャンプ道具をもとの場所に片付ける二人。
海水浴で塩まみれになった道具をお風呂で洗って干す一人。
その間に洗濯機が3回まわって、どんどん片付く。
まだまだ家の中は汚れてるけれど、
キャンプの道具は元の場所に納まった!

子どもたちは成長し、それぞれの世界へ旅立つ準備をしているんやなあ。

感傷に浸る暇があったら、掃除しろ→自分
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-15 16:55 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

聖徳太子ゲーム

f0088647_10434465.jpg


我が家は誰も塾に行っていないので、
夕ご飯には夫を除いて4人が集まる。
その日にあったことや、
自分の興味のあることなどを
みんなが、話し始めるんだけど、
我先にと話し始めたり、途中で割り込んできたり、
いつも何か問題が起こっちゃう。
「今は私が話してるんや」とか、
「いつまで話てんねん!」などなど。
そんなことがいつもあるからだろう、時聖徳太子の話になった。
10人の発言を一度に聞きとり、
全てに正確な返事をしたって言われている聖徳太子。
彼の真似をやってみようじゃないか!

4人なので、ひとりが聖徳太子になり、
残りの3人が、同時に別々の質問をする。
はたして聖徳太子はちゃんと返事が出来るか?

質問の内容は各自がその場で考えるから、
自分以外は誰も知らない。
だいたい、「明日の天気は何?」とか、
「スペインの首都はどこ?」など短い一文。

結果は、3人の発言を全部聞き取れたものは居なかった。
私などは1人の発言しかわからず。(笑)
長子や次子は2人までいけた。

どうしても最初に耳に入った言葉を追いかけてしまうのですよ、私の頭は。
なので、横で別の言葉が聞こえてきても、「ウニャウニャ・・・」としか認識できない。

子どもたちもこれでわかっただろう。
私に一度に話しかけても、一つしか理解できないってことが・・・。
そう、話は順番にしよう。(笑)

写真は次子がまた焼いたクッキー。
クッキーに文字をスタンプするセットを買ったみたよ。
わりとくっきり文字が書けるよ。

下は篠山で買った石釜焼きのスコーン(プレーン、チョコ、黒豆)。
こんなものまで買ってたのかって?
そうなんですよ、朝早くから路上で、
若い3人組(男性二人、女性一人)が売ってて、
普段は農業していて、イベントのときだけ、
スコーン売ってますという言葉にホロッときて、
特別美味しそうでもなかったのに、
応援したい気になって、3つ購入。
一つ200円だよ、高いね。(笑)
f0088647_10521738.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2010-10-15 10:52 | 遊び | Trackback | Comments(6)

篠山のおみやげ

最近は昼間がすごく暑い。
もちろん、真夏程暑いわけじゃないけど、
日中家の中にいると汗ばんでくる。
家の中が温かいと薄着の癖がついてしまい、
外出して思わぬ寒さにふるえるようなこともしばしば。
そして体調を崩したのが末男。
真冬でも半袖で過ごしたい彼はこの連休も身につけているものは
たったの3点。パンツ、Tシャツ、ジャージ(半ズボン)。
それって真夏と一緒じゃないか。
秋祭りに出かけるときはさすがに長袖長ズボンにしようよと着替えさせたが、
下着のシャツを着ていなかったので、どうやらお腹が冷えた模様。
いくらお腹が冷えても着ているTシャツをズボンに入れる様なことは絶対にしない。
彼はああ見えてもお洒落にはうるさいのだ。(笑)
私が篠山でふらふらしていた連休最終日、あまり体調が良くなかったみたい。
帰宅して、バタバタと黒豆の枝豆(夫購入)をゆでて、さあビール飲もかとなっても、
末男は一粒も食べない。なんか変。

f0088647_1225467.jpg


おいしいね。
メイプルカフェのご主人はもう少し熟してきてからの方が
もっと甘みが出て美味しいよと言われていたが、充分に美味しかった。

末男は翌朝、鼻水がズルズル、熱もあってお休み。
連休明けで実はみんな仕事や学校へ行きたくない。(笑)
「私も休もうかな〜」と気弱な発言も。
「母ちゃんに甘えたいから病気になるんやな〜」と嫌みをいう人も。

そしておやつに、私が町中を歩き回ってやっと入手した(大袈裟)(笑)小西のパンを
食べようとしても、彼は要らないと。

f0088647_12321680.jpg


もともとお豆はあまり好きじゃなかったのかな。
食欲もなく、結局末男はお土産を何も口にしなかった。
卵も入った柔らかい菓子パン生地にじっくり煮た大粒黒豆がどっさり。
美味しくないわけがないという味。
3個で525円。

もう一つお土産で黒豆のグラッセを買ってるけど、
また豆だったよ。(笑)ごめんね。
猪フランクなら絶対食べていただろうな。(笑)


後はかわいい手ぬぐいやら、木のスプーンやら、麻布やらを購入した。


末男は、鼻に丸めたティッシュを押し込み、鼻水対策をして昨夜のうちに宿題を済ませ、
今日は元気に出かけて行った。
[PR]
by senbe-2 | 2010-10-13 12:51 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

末男と二人で

次子は県大会出場で、またまた今日も一日練習。
取り残された末男と私。
ちょっと遊びに行くかい?ということで、
水族館へいきました。
せっかく遠出をするのだからと、学生時代の友達とも会いたいなと、
無理を言って呼び出し、3人で水族館を見て回りました。

いるかライブ

f0088647_23492382.jpg

f0088647_23495969.jpg

イルカのジャンプで水が客席までかかるのは、ジャンプするから仕方ないのだよねと、
今までは素直に考えていた私。
今回最上階で立ち見をしていて、その考えが間違いだとわかったよ。
イルカはわざと水を飛ばす為に、水に潜る時、あえて体を横たえていたのだね。
イルカたちが横向けに水面に落ちるのは、客席の前で着水するときだけ。
トレーナーの前では、頭から真下に向けて着水するから、
しぶきはほんのわずか。
トレーニングを受けているとはいえ、立派な演技です。(笑)


f0088647_23554074.jpg

これは黄金ナマズだったっけ。
今年捕獲されたそう。
この色だから敵に見つけられやすかったのでしょう。
しっぽがかじられたのか、いびつに再生されていたよ。
この魚は末男が気に入って、私からカメラを奪って撮影。
可愛く撮れてるじゃん。


お土産はウミガメのメロンパン。
f0088647_01267.jpg


長子たちはまだ帰らないと思って3つ購入。
でも、明日早い時間に帰宅するらしい。
それまでに食べちゃうか、
残しとこか?
ここに書いてもたから、残しとくしかないか・・・。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-08-02 00:04 | 遊び | Trackback | Comments(6)

右田農園さんでインド料理

今日は一人でこんなイベントに参加したよ。

場所は兵庫県たつの市新宮町にある、右田農園さん

ここで収穫されたばかりの有機野菜を使ってカレーを作るってイベントです。
講師は姫路でインド料理店INDUS RAYを経営されている南インド出身のサリタさん(左)と、北インド出身のスィングさん(聞き間違えていたらごめんなさい)。
f0088647_21362619.jpg


たっぷりの香辛料
f0088647_21385844.jpg

と新鮮な大量の野菜で作ったのが、
なんと、マイブームのほうれん草カレー。
f0088647_21403349.jpg
f0088647_21405438.jpg

ごはんは3種類。
日本の玄米と、その玄米を使ったフライドライス(チャーハンですな)(笑)
とインドの玄米ごはん(赤くてパラパラしていた)。

それからサラダも。
f0088647_2152436.jpg

ドレッシングがスパイシーで独特の風味だった。

プロがほうれん草カレーを作っているのを見て、
どこが違うか、はっきりわかった。
それは、オイルの量。
オイルはたっぷり入れていいのだね。
オイルでスパイスを炒めてとか、タマネギを色づくまで炒めてって、
よくレシピの本に書いてあるけど、
あれは違うよ。炒めるんじゃなくて、揚げる感じ。
英語じゃどちらもフライドと呼ぶのか。(笑)
たっぷり油を入れるから、絶対に焦げない。
タマネギが色づくのに、そんなに時間はかからなかった。
ああ、そうなんだと一人納得。

油が多いためか、出来上がりはとてもマイルドで食べやすい。
私が作った過去2回のほうれん草カレーでは、
どうしても苦みが前面に出てしまっていた。
それも、しばらく寝かせたらましになるのだが、
今回はできてすぐに食べたけど、とてもマイルド。
どうせ、お肉は入れないのだから、たっぷり目の油で作ったって多分大丈夫。
次は油多めで再チャレンジだ。(家族は嫌がるだろうけど・・・。)(笑)

このカレーランチ、特にアツアツをよばれたわけではない。
(どちらかといえば冷めていた)のに、食後はじわ〜っと汗が。
体の内部から燃えてるよ〜。(笑)

食後にはヤギのミルクで作ったチャイをよばれ、
それから、そのヤギさんにごあいさつ。

f0088647_221954.jpg


その後、インド野菜の苗(ゴンゴーラと後一つなんだったっけーな?)を植えて、
右田農園さんの畑を見学した。
いろんな種類の野菜を栽培されていて、
定期購入が可能だ。
私の場合は、気合いを入れて自分で作らないとなあ。(笑)
ちょうど食べごろのにんにくの芽を収穫させていただいて、
他のお野菜や卵(平飼い)と一緒にお土産にいただいた。
それから、手作り石鹸も。
f0088647_22372846.jpg

ヤギのミルクが入ったみるく石鹸。
もったいなくて使えるかな?(笑)

一人で参加するのはちょっと緊張したけど、
一人だっただけに、他の参加者の方とお話ができて、
かえって楽しかった。

ほうれん草カレーと玄米は合う。
確信したよ。
[PR]
by senbe-2 | 2010-05-16 22:51 | 遊び | Trackback | Comments(8)

ひまわりの種とスイカの種

ご近所さんにいただきました。

f0088647_20261567.jpg


種です、食用の。

学生時代に中国旅行をした時には、向日葵の種を買って、パリポリ食べていました。

ちょっと塩味がついていて、やみつきになります。

皮を剥くのが厄介ですが、慣れると片手でポリッとね。

勿論お行儀なんて考えずに、歯でいっちゃいます。


これをくださった方は、最近台湾への出張が多いらしく、

お土産に買ってこられていたものをくださいました。

先日のご近所新年会の席で、夫とそのご主人が種の話になったらしいです。

私が好きだと夫がアピールしてくれたのかしら・・・。

気が利くじゃないの。(笑)


f0088647_2038524.jpg


向日葵の種は塩味で、八角やら丁字で味付けしてあるの。

口に入れると(舐めるわけじゃないけど)ほんのり中華スパイスの味がひろがって、

それがまたたまりません。

そして、ここが大事なところなんだけど、

家族はそれを嫌がってあまり食べようとしないのです。

ええ、ええ、食べなくていいのよ〜。

ということで、わたくし、ゆっくり味わえます。(笑)



f0088647_20424763.jpg


剥いても実は小さいでしょ、だから、食べた気がしなくて、

一度食べ出したら、なかなかとめることができないのが難点。



f0088647_20454412.jpg


こっちはスイカの絵が書いてあるから、スイカだと思いたい。

でもね、種を見たらかぼちゃにしか見えないんだな。

大きさも固さもまさしくかぼちゃ。

瓜子としか書いてないからかぼちゃだと密かに思っています。

小学生の頃、世界の物産展があり、そこでスイカの種を大量に買い

ポリポリ食べた記憶があるのだけど、その時のスイカの種は、

私が知ってるスイカの種だった。

南国育ちのスイカは種も大きいのか?

みなさん、これはかぼちゃだよね〜。

こっちはお醤油味。

家族はみんなこっちの方がおいしいんだって。


私は絶対向日葵派。(笑)


ご近所Nさん、ごちそうさまです。
[PR]
by senbe-2 | 2010-01-21 20:58 | いただきもの | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧