タグ:おやつ ( 69 ) タグの人気記事

近場でゆっくり

休みの日にどこへも出かけずにすんでしまうと、
何か損をしたような気分になってしまう。
家に居るとダラダラしてしまうだけで夕暮れを迎え、
妙に残念な気持ちがするのだ。
家を片付けるとか、畑の準備をするとか、
充実した時間を過ごせば、そんなことはないのだけれど。

このままではダラダラで終わってしまいそうな午後、
夫と近所を散歩して、目的のカフェでお茶をしてきた。

f0088647_10282583.jpg



私はチーズケーキのプレート、夫は抹茶のティラミス。
どちらも満足の味と量で、コーヒーも美味しかった。
広い座敷にソファーや椅子とテーブルが置かれた室内から、
手入れされた中庭がみわたせる。

その中庭に下りて、庭の奥の方に向かうと、
小さな納屋風の建物があって、
そこはギャラリーになっていた。

f0088647_10272961.jpg


寂鉄(さびてつ)と名付けられていた。
壁掛けから、メガネスタンドやら、額縁など、
個性的な作品が多数おかれていた。
家を片付けたら、我が家にも似合いそうな作品があって、
買いそうになったけど、
いやいや、家を片付けてからだと、踏みとどまった。






.
[PR]
by senbe-2 | 2016-04-25 10:26 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

ホワイトデー 〜末男の〜

ホワイトデーが近づいて、お金が無いお金が無いと騒いでいる末男。
すぐに食べ物に使ってしまうので、お金が無いのはいつものことだ。
ホワイトデーにお金がいるのは、一ヶ月も前からわかっているのだから、
計画的に残しておくべきだ。今更お金が無いと言われても、
母にしてやれることは何も無い。

末男は最後の手段、自分でクッキーを焼くという方法を選んだ。
家にあるものを使って出費をゼロにする計画。
いや、バターはそのために買ってるんだな。払ってほしい。

ネットで検索して作り始めたのはいいが、
「バターを計るのに何に入れたらええの?」
「ふわっとするまで混ぜるって書いてあるけど、
もうふわっとしてるんかな、なあどう?どう?」
「あー失敗した。ココアとプレーン味に分けるのに、一緒に作り始めてもた。どーしよー????」
などといちいちうるさいのだ。

多分失敗は許されないというプレッシャーが彼をコチコチのさせているのだろう。

クッキーを形作る頃になって、クッキー作りの師匠、次子が帰ってきた。
その後、クッキングシートが切れていることが判明し、
次子は真夜中に車で買いに走った。
なんて優しいんだ。私なら買いに行かないだろう。

私はといえば、お役御免となり、一足先に床についた。

翌朝起きてみると、
彼女の丁寧な指導により、立派にクッキーは出来上がっていた。

f0088647_21121319.jpg



そして、私もひとつもらった。
そういえば、末男に生チョコをあげたんだった。

f0088647_21121395.jpg



ごちそうさまでした。





.
[PR]
by senbe-2 | 2016-03-16 21:09 | Trackback | Comments(2)

京都老舗めぐり

10月初旬の連休明けの日に、京都甘味どころめぐりに行ってきました。
古都京都にも、おしゃれな今どきのカフェがたくさんありますが、
今回訪れたのは、老舗と呼ばれるお店ばかりです。
案内してくださったのは、長年京都に住んでおられた方。
全くのおまかせで、私たち(職場の面々)は後をついていくばかりでした。

京都駅から直行したのは、
今出川堀川にある、鶴屋吉信 本店。
らくがんで作られた秋桜が出迎えてくれました。

f0088647_22455107.jpg



↓は本店2階のお茶屋さん。
f0088647_22455234.jpg


2階なのに中庭があり、広々としています。
この日はどこかのテレビ局が取材をしていました。

f0088647_22455274.jpg


私がいただいたのはおぜんざい。これも美味しかったけど、↑も捨て難かった。
f0088647_22455204.jpg



さあ、次に目指すは、一条通烏丸にある虎屋茶寮
f0088647_22455347.jpg


店内は中庭に大きく開かれていて、とても明るい雰囲気。
外の席でいただくこともできます。
f0088647_22455387.jpg



最初に出されたのが、↓これ。虎屋といえば羊羹で、もうこれだけで十分満足ですが、
そういうわけにもいかず、栗粉餠をオーダーしました。
f0088647_22455433.jpg


これがね、甘味が抑え気味。
口の中でほぐれていく栗の生地が香りたっぷりで上品な味わい。
中はお餅で、餠好きの私にぴったりでした。
f0088647_22455442.jpg


柿の練り切りも可愛い。
f0088647_22455486.jpg


午前中に甘味どころのはしごをしてしまった私たち、
腹ごなしに御所を突っ切って、
寺町通りに向かいます。
蛤御門から御所に入っていきました。
f0088647_22455400.jpg


後編につづく…
[PR]
by senbe-2 | 2015-10-24 22:38 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

こどもの日

今年のこどもの日は、親戚のお家でバーベキュー。
いつもなら、事前に相談して、持っていくものを相談するんだけど、
今年は、ぜーんぶ、こどもたちで準備してくれました。

とは言っても、リーダーシップを取ってくれる
頼もしい大人がいてくれるからこそできることなのです。

リーダー的存在のお兄さんが、
前日に男の子たちを連れて買い出しに行ってくれました。
当日は11時に召集がかかり、
女子も合流となりました。

男子は主に焼き係。
f0088647_16264782.jpg

BBQ場のセッティングと火起こし、焼きを担当してくれました。
こどもと言っても、成人も居ますが、
私たちのこどもという意味で。

女子は家の中で、お肉の下準備、切り目を付けたり、串に刺したり。
野菜サラダやポテトサラダを作ったり。
おにぎりもありました。

途中で、「お酒が無い!」というわがままな20歳を超えたこどもが叫び、
急遽お酒の買い出しに行くことに。

その後、デザートのクレープを作るとかで、
女子はキッチンに入り、ひたすらクレープを焼いてくれました。

f0088647_16264567.jpg

とても上手に焼けていてびっくり。

クレープ屋さんの開店です。
ひとりひとりオーダーをとって、希望通りのオーダーメイドクレープを
全員に用意してくれました。

f0088647_16264619.jpg



f0088647_16264694.jpg

味もなかなかでした。

現在上は21歳、下は15歳。
この間に8人のこどもたちがいます。
みんな仲が良くて、今回も親戚のLINEグループがあるらしく、
そこで連絡が回って、全員集合ができました。

こどもって呼ぶのはもう終わりですね。
[PR]
by senbe-2 | 2015-05-06 16:26 | 生活 | Trackback | Comments(6)

バレンタイン2015

次子は今年もバレンタイン用に、
たくさんのクッキーを焼きました。
f0088647_10274720.jpg
画像の4倍位の量を焼いていました。

ラッピングも独自のアイデアで、
紙コップでパッケージを作っています。
f0088647_10274795.jpg


パッケージの側面には、長文のメッセージとイラストが書かれています。
渡すのは、3年間お世話になった高校の先生方。
読むことを禁じられているので、私は遠目に見ているだけです。
今、高校は自由登校になっていて、ほとんどの生徒が登校していないようです。
だから、渡すのは先生だけ。

これに刺激されて、私も作りました。
ウィスキー入りの生チョコです。
お酒は夫のサントリー「山崎」を拝借。


f0088647_10274880.jpg


左が私の生チョコ、右が次子のクッキー。夫の分と末男の分。
中学生の息子にウィスキー入りのチョコを渡す親はあまりいないよね。
でも、ちょこっとだけだからね、多分大丈夫。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-14 00:36 | 料理 | Trackback | Comments(4)

寒いけれど春

毎日、どうしてこんなに寒いの?ってぐらいさむいけれど、
昼間の日差しは明るく、
春はだんだん近づいているって思えます。
気がつけば日暮れも、遅くなっていますね。

我が家の受験生の春はというと、
次子には早々に春が来ています。

末男には第二希望の春がやって来ました。
本番は来月、最後まで諦めずに気持ちを持ち続けて欲しいです。

f0088647_1444441.jpg


末男が買ってきた大きな苺で作ったいちご大福。
第二希望の合格通知をもらってきて、
嬉しそうに頬張っていました。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-10 14:09 | 生活 | Trackback | Comments(8)

こどもの日

f0088647_014316.jpg


昨年のひめじクラフトアートフェアで作らせてもらったこいのぼり。
数百円で材料も道具も自由に使わせてもらい、
指導もしてもらえました。
作品の見本を見ながら、まねっこして作ります。
所要時間は約20分。
楽しかった~。
こいのぼりだ〜って喜ぶようなチビッコは居ないけど、
季節のものはいいですね。
とは言うものの、実は一年中出しっぱなしだったのですが。(^_^;)

今年もあります、ひめじクラフトアートフェア。



お義母さんは、恒例の柏餅を作ってくれました。
f0088647_0344458.jpg


ゴールデンウィークに入る頃から、店先の柏餅を見て、
買いたい衝動に駆られていましたが、
きっと作ってもらえると、我慢していました。
おいし。
[PR]
by senbe-2 | 2014-05-09 00:39 | 生活 | Trackback | Comments(4)

次子とクッキー

バレンタインデー、誕生日のプレゼント、お世話になった方へのお礼、
事あるごとにクッキーを作ってプレゼントしてきた次子ですが、
また大量のクッキーを作りました。
今度は試合に出る友達への差し入れとして。
計画、買い出し、生地作り、成形、焼き上げ、ラッピングを1週間かけて
少しずつやってました。


f0088647_15435540.jpg


選手、先生、応援に行く友だち全部で18人分。
中に一人だけ乳製品アレルギーの選手がいて、
その子用に、↑以外にも焼いてました。
バターやココアを入れずにサラダオイルで作ったクッキーは
思ったより美味しいです。
上手に作る自信がない次子は、
事前にリハーサルする力の入れよう。
でも除去してあるとはいえ、それをプレゼントして良いのか、
ちょっと悩むところでしたが、
相手は高校生。食べる食べないは自分で判断してくれるだろうと、
次子には厳しくは言いませんでした。
ただ、アレルギー反応の強い人にとっては、少量のアレルゲンで
命を落とすこともあるから、気をつけないといけないよとだけ、
言いました。

f0088647_15583452.jpg


ラッピングは本を参考にして、
要らなくなった英字雑誌を利用して、作りました。
ここだけは母ちゃんお手伝い。
安く上がってなにより。(^^)

f0088647_162543.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2014-04-26 16:05 | 料理 | Trackback | Comments(4)

村の運動会と畑

日曜は我ながら頑張りましたわよ。

朝から村の運動会。
観覧席でコーヒーを飲みながら、
近所の人と世間話に興じ、頼まれた競技に出場するだけのお気楽モード。

それでも障害物競走では、地面に立てた野球のバッドに額をつけて、
そこを軸に自分がぐるぐる回る(まるで犬が自分の尻尾を口で触ろうとして
クルクル回り続けようとするあの感じ)という課題に果敢に挑戦した私は、
主催者の思惑通りにフラフラになり、まっすぐ走ろうとしても、
どうしても左斜めに向かってしまい、とうとう立っていられなくなって、
こけて観客の笑い者になりました。

子どもの数も減ってしまい、その分競技時間も減り、
午後1時過ぎには終わりました。


そこで、今日の第2ラウンドの畑へ。

耕す、元肥入れをやりながら、
途中夫の実家へ行ったり、
ホームセンターへ走ったり(もちろん車で)して、
それでも日没までになんとか畝立てまでやり終えました。

終盤に例の地主さんが畑にやってきて、立ち話。
そこで、つい、言っちゃったんです。
「これが済んでビール飲んで寝られたらいいんやけど、
その前にご飯作りがあるんやなあ。」って。
そこで地主さん、さっき仕舞った農具を手にとって、
私の畑へ。
「ちょっと手伝ったるわ」って。
ああ、ごめんなさい、私がしょうもないこと言ったばっかりに、
こんなことになってもたわけで、申し訳ない。
仕舞いには「下手くそはのいとれ(手を出すな)」と、
さささっと畝を完成してくださいました。

これでなんとか、夏野菜の種まき、植え付けができそうです。
地主のYさんに感謝。

f0088647_8321551.jpg


畑の途中に抜け出して夫の実家へ出かけたのは、
桜餅をもらいに行くため。
孫の誕生日に作った桜餅のお裾分けです。
美味しい。
[PR]
by senbe-2 | 2014-04-21 03:21 | | Trackback | Comments(4)

キッチン

月曜日のこと、末男が「天然生活」という雑誌の今月号の特集記事
「理由がある台所」を見ていて、
突然、「この家の台所は汚すぎる」と言い出した。
ごもっとも。
我が家の台所には調理台として半畳程度の大きさのテーブルがある。
それなのに調理台として使っているのは1/5くらい。
残りの4/5にはいろんなモノが載っている。
お菓子や果物をはじめ、いつ飲むかわからない粉末の青汁、
要るのか要らないのかわからない茶漬けの素、
洗って乾燥待ちのタッパー類や空き瓶、水筒たち。
片付け忘れたコーヒーミル、
食器棚に入りきらないガラスコップ、
学校から持ち帰ったプリントやもらった写真など。

調理台の対面にある流し回りにも各種洗剤のボトルや空のペットボトルが
いっぱい並んでいて、作業の効率を下げている。

見ているだけでイライラ・・・・したんだと思う。

「おかあさん、片付けるで。さあ、やろう!」


そう言われてやらない訳にはいかない。

既に夜の8時半を回っていたけれど、
疲れて睡魔がやってきそうな時間だったけれど、
もうお風呂に入って寝てしまいたかったけれど、

一緒にやろうと言ってくれる人がいる、このチャンスをのがしてはいけない。

覚悟を決めて立ち上がった。大袈裟。(笑)


なんとか終わったのが11時半ころ。
体はしんどかったけど、割と楽しかった。
一緒にしてくれる人がいるっていい。



学習面やお金の使い方、ゲームの時間など、
末男には、いろいろ言いたいことがある私だけれど、
このごろは助けられることが時々ある。
中学2年生。

f0088647_2132228.jpg


写真は中間テスト終わった記念、
末男が作ったみたらし団子。
[PR]
by senbe-2 | 2013-10-23 21:05 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧