タグ:おでかけ ( 62 ) タグの人気記事

満月バー 赤穂

満月の夜に、おいしい料理とワインを楽しむという満月バー。
各地で静かに人気を集めているらしい。
赤穂のお城通りでやっていると夫から聞き、
連れて行ってもらった。
あまりメジャーになると、いっぱいで入れなくなる心配もあるから、
宣伝をする必要もないけど、
このブログを見ている人はかなり少ないから、
きっと大丈夫。(笑)

2人でお酒を飲みに出かけると、帰りの心配が要る。
車がないと、近くの駅までも行くことができない土地に住んでいるので、
いつも2人のうちどちらかがお酒を我慢するのだ。
でも、ワインバーへ行くのにお酒を我慢することなんて無理なので、
赤穂にお住まいのお友達の家に泊めてもらうことに。

まだ明るいうちに会場入り。
f0088647_1952923.jpg

f0088647_1955132.jpg


いただいた料理。
f0088647_19545421.jpg

f0088647_19554838.jpg

f0088647_19554319.jpg



もう夏が終わる。
遊び足りない夏が行っちゃう。
今日は楽しんでやるぞと意気込んでいた。

料理もおいしいし、ワインもうまい。
グラスで5杯は飲んだと思う。
その割にワインの写真が1枚もないが、
酔いが回り始めた人間が写真を撮ることを忘れるのは普通のこと。(笑)

立ち飲みだから、込んできたら場所を譲り合って、
それをきっかけに初対面の人とも、自然とおしゃべりが始まる。
お酒の力も借りて、心が軽くなる。

えっ、単なる酔っぱらいのおしゃべりおばさんになってしまったって?(笑)

でも、楽しかったから良かったことにしよう。
それに、そんなに迷惑になっていた訳でもないと思うし・・・。


肝心の満月は・・・、見えなかった。
いや、正確には見なかった。
曇っていたし...、誰も見ていないと思う...。
[PR]
by senbe-2 | 2012-09-01 20:21 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

おでかけと末男の宿題

夏休みも折り返し地点に近づきつつある。

f0088647_213727.jpg


先日、末男がズボンを買ってくれと言うので、
仕事から帰ってきてバタバタとやっている夕飯の支度の手を止めて、
買い物につき合った。

母親にとって一番忙しい時間帯に、
息子のわがままな望みを聞き入れ時間を割き、
ここで母親の気分を損ねると、
店にも寄らず、速攻で引き返すという可能性もある中、
私は切り出した。このタイミングが大事。

宿題がお盆が終わるまでにできなかったら、
それ以後は宿題が終わるまで部活禁止にするか、
それがいやなら今日から毎日、お母さんの立てた計画通りに宿題をやること。
もしできなかったら、翌日の部活は欠席する。

さあ、どっちがいい?
末男に選ばせてあげるから、自分で決め!

指図されるのが嫌な末男は前者を選びそうになったが、
冷静に考えて、ほとんど手をつけていない宿題をお盆に終わらせるなんて、
現実的でないと姉に諭され、後者を選んだ。

改めて計画表を作ると、
今まで、やってこなかったつけの大きさにめまいがしそうだった。
このペースは過去最低。

宿題は自分の責任だから、もう私は口出しなどしたくないのだが、
1学期の終わりにもらってきたプリントには、
親が宿題を見てあげてほしいと先生からのメッセージが入っていた。

本来なら、親は口出しせず、夏休みの終わりにさんざんな結果になろうが、
それを本人に全て受け止めさせてこそ、成長があるのだと私は心の底では思っている。

でも、放置できないのが、私の懐の小さいところ。(笑)
中学生になった覚悟がない息子には、まだもう少しサポートがいるのではないかと
思ってしまっているのだ。

悩んでいても始まらない。
宿題の進み具合を毎日チェックする、そう決めたのだから、前に進もう。


決めて早々、家族旅行に出かけた。
↑の写真はその小さな旅のはじまり。
そのことは、またおいおい。
[PR]
by senbe-2 | 2012-08-09 21:20 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

喜多川泰さん 講演会

土曜日に友だちを誘って出かけたのは、喜多川泰さんの講演会。

彼の講演会は3回目。
追っかけしている訳ではないのに、
機会が巡ってくるのです。
きっと今の私に必要なのだと思います。

小説家として何冊も本を出版されていますが、
本業は塾の経営者であり、英語の先生もされています。

受験生をもつ母として気になるのは、勉強。
もっとやればいいのにとやきもきするのは回りだけ。
本人はすごくのんきなものです。

喜多川さんいわく、人間の行動を起こすものは、
恐怖と憧れ。
恐怖とは、勉強しないと将来困るという危機感、
憧れとは、私もあの人のようになりたいという願望。
恐怖は動物的で一時的な動機。
憧れは人間的で持続的な動機。

ああ、確かにそうかもしれない。
親として、勉強の動機が恐怖であるより、憧れであってほしいもの。
自分が憧れられるような人間なら言うことないけど、
そうでなくても、ステキな人を積極的に紹介してあげられたら、
こどものモチベーションも上がるのかも。
そういう経験が少ないのかもしれないなと反省しました。


講演会の後、壇上に上がられたのは島根県から来られた大島健作さん
なんと島根県から「芋焼き装置」とサツマイモ100本を持参され、
会場でお芋を配られた方です。お芋の記事はこちら

壇上でアピールされたのは焼き芋だけではありませんでした。
ご自身で発行された講演集やDVDをセットにして
販売しますというお知らせだったのです。

正直言って、あまり興味をもたなかったのですが、
焼き芋の隣に並べてあったもので、
この講演集セットを買えば、焼き芋をもらえるかも・・・
という下心で講演集を購入。
ああ、ごめんなさい、そんな動機で近づいていった自分が恥ずかしい。

そしてしっかり焼き芋をゲットし、講演集を買わない友だちにも、
もちろんくださいました。



そしてそして家に帰り、その講演集を手にしたわたし。
感動しました。
焼き芋の味と同じくらいの感動。(並べていいものなのか?)
中学生向けなので、文章も短く分かり易い。
生きていく上で大切なことを具体的な人を取り上げて説明してくれます。

講演会で何回もお話を聴くけど、オバサンの頭はすぐに忘れてしまう。
これなら何回でも読めそう。
しばらく手元において、読み返そうと思っています。

f0088647_22383662.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2012-02-01 22:49 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

ゴーヤカレー

畑にはまだゴーヤが成っている。
さすがに気温が下がってきたから、
そろそろ終わりだろう。

いつもチャンプルーか天ぷら。
天ぷらはあまり人気がないから、たいてい炒めている。
違う味を試したくって、今日はゴーヤカレー。

f0088647_19222056.jpg


器からして、普通の煮物にしか見えませんね。
奥に見えるのは切り干し大根の煮物だし。(笑)
全く脈絡のない献立になってしまった!

ゴーヤは素揚げしてからひき肉のインド風カレーに投入。
最後に気にならないくらいのココナツミルクをいれてまろやかさを出しました。
トッピングはタマネギのフライ。

カレーはおいしい、と思っているのは私一人かもしれないけど、
かまわない、かまいませんとも。
野菜がおいしく食べられるのがカレーの良いところ。
きっと本場インドでもカレーってのは、
煮物総菜という役回りなんだと思う。



今日は家計簿の講演会へ行ってきた。
よそんちの家計簿の集計を見せてもらって、
その家庭の事情を織り交ぜて、熱心に語ってもらった。
勉強になりましたよ。

しばらく休んでいた家計簿、
12月から再開させてみますかね。
[PR]
by senbe-2 | 2011-11-15 19:45 | 料理 | Trackback | Comments(6)

戦国BASARA HERO 武器・武具列伝

夏休み最後の日曜日、ひっさしぶりに休みの父ちゃん(夫)と末男が、
ココへ行った。

f0088647_4275163.jpg


戦国武将大好き、ゲーム大好きの末男にはまたとない機会だ。
彼が着ているTシャツはロロノア・ゾロ。
刀つながりだけれど、どうせなら伊達政宗のTシャツにすればよかったね。



大好きな方の刀を見て嬉しかったに違いない。
f0088647_4362311.jpg

f0088647_4335262.jpg

f0088647_4341759.jpg


武将に成ることもできた。
f0088647_4403728.jpg


よかったね〜。
頭についてるやつ、ペンチに見える。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-29 04:43 | おでかけ | Trackback | Comments(7)

土佐へ〜番外編

もう旅行話もええかげん飽きてきた。
終わりにしようと思ったけれど、
ココのことも書いておかなければならないことを思い出した。
四国へ行くことを決めた理由はいくつかあるが、
その一つがこれだった。

f0088647_1111492.jpg


海洋堂といえば、そう、それ、フィギュアの海洋堂。
チョコエッグの「おまけ」というには存在感があり過ぎの、
中に入ってるフィギュアが欲しくて、
一時期はまってしまったこともある。

アニメ好きの長子や末男も興味津々。

なら、行ってみるかということになった。

今時カーナビがあればどこでも行ける。
そう思って行ってみたが、
それは、え〜っ て思うような場所にあった。

f0088647_11352599.jpg

ミラーもない恐怖のカーブ。
対向車が居ないことを願うだけ。

のぼりがあるから大丈夫だと思える、
かろうじて車が一台通れるだけの道が続く。
f0088647_1128567.jpg





みつけた!
f0088647_11413239.jpg



正面はど派手だった。
f0088647_114269.jpg


廃校の小学校を使ったミュージアム。
会場は今のところ、↑の派手に着飾った体育館。

中に入ると、体育館だとわかるものが随所に。
f0088647_11553583.jpg

f0088647_11554815.jpg


f0088647_11564990.jpg

f0088647_11571942.jpg

f0088647_11575730.jpg


一通り見終わった後は、パーツを合わせて作るコーナーで楽しむ。
こういうの好きなのはやっぱり末男。
はまってました。
f0088647_120216.jpg



海洋堂の館長さん、
ヨタヨタ軍団という65歳以上ひと限定の活動などを計画されているらしい。
すごくおもしろそうな人。



長子と末男は自分たちのお土産に、
お金を出し合って、エヴァンゲリオン初号機を
買っておりました。
f0088647_12183246.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2011-08-20 12:19 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

土佐へ〜風景編

高知と言えば、桂浜。
f0088647_16112143.jpg

石切をする末男と五色の石を探す面々。
f0088647_16121421.jpg

五色あるかな。


中村へ向かう途中に見た四万十川にかかる沈下橋ふたつ。
f0088647_16104349.jpg

f0088647_1613477.jpg

道幅は狭いけれど、どちらもちゃんと日常生活道路だった。



絵に描いた様な海岸、大岐の浜
f0088647_1614493.jpg

ハワイじゃないの?ってハワイへ行ったことなどないんだけど、
きれいな海岸だった。




足摺岬の灯台が見える。今からあそこへ行くところ。
f0088647_1619033.jpg




その灯台の入り口。足摺埼無線方位信号所というのか。
f0088647_1620122.jpg




岬の一角にある白山洞門
f0088647_16234776.jpg

ココへ降りる階段がきつかった。そしてもちろんまた上がる。
しんどいのが嫌な人はこの上にある足湯(無料)から一望できる、というのが
この後わかった。




雄大な景色を眺めていると、小さいことにこだわっているのがばからしくなる。
外の世界に目を向けた偉人が輩出したことと無縁ではないだろう。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-18 16:33 | おでかけ | Trackback | Comments(11)

土佐へ〜生き物編

今回、中村を起点に足摺岬を一周してきた。
途中、以布利港に海遊館以布利センターというのがあって、
予約をすれば、ジンベイザメがいる水槽を見学できる。
(毎月第2日曜日の午前9時から正午までとパンフレットで確認)
もちろん予約などしている訳がない私たち。
厚かましく、いきなり押し掛けて見学を希望。
職員の方はおそらく研究員。
予約もない観光客のわがままをいちいち聞いている余裕はない。
でも、たまたま20分後に予約の観光バスが到着するとかで、
私たちも紛れ込ませていただけた、ラッキー!
f0088647_837771.jpg

f0088647_8373548.jpg

f0088647_8375214.jpg


f0088647_8392313.jpg

このお魚がずっとチラ見していくよ。


足摺岬を一周したあとに立ち寄った足摺海洋館は、小さいながらも水族館。
夕方だったからか、ほぼ貸し切り状態でのんびり観察ができた。
f0088647_8491478.jpg

触れるんじゃないかと思うくらい近くにいるアザラシ。

f0088647_850080.jpg

建物の真ん中にある大水槽。

f0088647_8503081.jpg

幕を触りながら浮いているマンボウちゃん。

f0088647_8512034.jpg

恐いもの見たさで見てしまうウツボさん。

f0088647_85263.jpg

四国の海でも見かけたカクレクマノミ。

f0088647_8531011.jpg

大きいけど、ヤドカリでいいのか。

f0088647_8545236.jpg

会えて一番嬉しかったチンアナゴ。
もう、ちっちゃくて、気が小さいのか、すぐに隠れてしまうかわいいやつ。

f0088647_904883.jpg



せっかく来たのだからと、一日は海で泳いだ。
岩場でシュノーケル。
高知の海は南国だね。
沖縄の珊瑚の海程白くはないけど、
泳いでるお魚はカラフルなのが多い。
それに魚が近づいてきて、ツンツンしてくる。
人間を恐れているようには見えなかった。

時間を忘れてずっと潜っていたら、
背中側が日焼けで真っ赤になってしまった。
この歳で体を焼くとは・・・うかつだった。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-18 09:13 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

土佐へ〜冷たいモノ編

冷たいモノは食べずに、お湯を飲むんだと言いながら、
やっぱり暑いときは冷たいモノも必要。

旅の途中でいただいたものたち。


f0088647_8581458.jpg

味を確かめたくて買ったトマトと文旦のジュース。
四万十川下流の産直所で購入。さっぱりといけました。

f0088647_901314.jpg

足摺岬の売店で。
味は普通のレモン味。量が嬉しい300円。
この後、炎天下のもと、足摺岬を歩いて一回りすることになる。

f0088647_932413.jpg

20年前に土佐に来た時にも売っていた、「ごっくん馬路村」
ゆずと蜂蜜だけのドリンクで、とにかくおいしい。

f0088647_953912.jpg

土佐特産の生姜がたくさん浮いているジンジャエール。
ちょっと大人向け。


f0088647_8564079.jpg

土佐とは全く関係がない、ラズベリー味のイタリアンジェラート。
長子の一押し。


f0088647_916887.jpg

親戚のおばちゃんが、器に入れてすすめてくれたかき氷。
カップ入りよりずっとかき氷に近い。
福岡のメーカーだが、四国でも定番らしい。
5袋250円くらいだとか。


旅の途中も毎日お湯を沸かして、ポットで持ち歩き、
エアコンが効いた中では飲んでたよ。
飲むと体がほっとする。
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-16 09:26 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

土佐へ〜二期作編

3年ぶりの家族旅行。
心の中ではこれが最後になるのではとの気持ちもあって、
今年は無理をしても行きたかった。
受験生の次子にはちょっと厳しいスケジュール。
帰宅してから、真剣に宿題を片付けてます。
そうそう、退路を断てばやらざるをえなくなる。
あきらめない限り、未来は明るい!

出かけたのは、先日末男と祖母が出かけた高知は中村。(現在は四万十市)

高知は今、稲刈りシーズン。
f0088647_1630849.jpg


f0088647_16311040.jpg


黄金色の稲穂と、青い稲の対比が美しい。
お米屋さんの店長をしているお友達のお店でも、
高知の新米が販売されてます。→ここ

売店でみつけたこんなアイス。
f0088647_164309.jpg

中にご飯粒が入ってました。


3年前の家族旅行までは準備と後片付けが、大変だった。
これが嫌で、家族キャンプに行かない友達も多い。
私も後片付けは苦手で負担も多いけど、
それに代えられない想い出ができるのがキャンプ。
次子が頑張った年、長子が頑張った年、
いろいろだったけれど、
今年は全員が頑張った。
帰りの車の中で役割分担をして、帰宅したその足で、
それぞれが動いた。
車からキャリーをはずして、大物を片付ける二人。
細々キャンプ道具をもとの場所に片付ける二人。
海水浴で塩まみれになった道具をお風呂で洗って干す一人。
その間に洗濯機が3回まわって、どんどん片付く。
まだまだ家の中は汚れてるけれど、
キャンプの道具は元の場所に納まった!

子どもたちは成長し、それぞれの世界へ旅立つ準備をしているんやなあ。

感傷に浸る暇があったら、掃除しろ→自分
[PR]
by senbe-2 | 2011-08-15 16:55 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧