餃子の日

今日は日曜日。
仕事へ行く前に、少し時間があったので、晩ご飯の餃子のネタを仕込んでおいた。
少しでも下ごしらえをしておくと、帰宅してからの時間が短縮できる。
できない日も多いが、土日はお弁当に時間を割かれない分、できることが多い。

帰宅後、さあ、餃子を包もうかと冷蔵庫を開けると、
目の前に、餃子が並んでいた。
それも美しく包まれた30個がきちんと整列している。

私は自慢じゃないが、餃子包みの速さにかけては、誰にも負けない自信がある。
ここ20年ほど、毎回90個の餃子を1人で包んできたのだ。(以前は個数を稼ぐために小さい皮で沢山作っていたが、最近は食べる人も減ったし、大きめの皮で作ることにしている。)
中国人の主婦にだって、速さだけは負けないんじゃないかと思う。
競争したことはもちろんないけど。
でも、美しさでは、たぶん最下位レベルだ。

ところが目の前にある餃子は、とても美しい。

包んでくれたのは末男だった。
包んでくれと頼んだわけでもないのに包んでくれたのが嬉しくて、
思わず涙がこぼれそうだった。

f0088647_22051713.jpg
このまま綺麗な餃子を眺めていたい気分だったが、
生では食べられないので、焼くことにした。
f0088647_22060095.jpg
いつもは水をかけて焼くが、今日は半分だけ片栗粉を溶いた水を使って焼いてみた。
以前から、羽根つき餃子が食べたいと言っていた末男のリクエストに応えたくて。

f0088647_22060174.jpg
今日は夫が丹波の黒豆の枝豆を買ってきてくれていた。
大粒の丹波黒はもっちりと美味しかった。

末男が包んだ餃子と夫が買ってきてくれた枝豆をアテに飲んだ
ビールの美味しかったこと。


ごちそうさまでした。そして、ありがとう。






[PR]
# by senbe-2 | 2016-10-23 22:04 | 料理 | Trackback | Comments(6)

特別整理期間

今朝はサンドイッチを作りましたよ。
最近のお気に入りは、野菜とチーズだけのサンドイッチ。
ハムや卵を入れるといつもの味になってしまうので、
あえて入れず。
f0088647_10442529.jpg
f0088647_10442668.jpg

具はキャベツ、ジャガイモ、トマト、チーズ。
ブリーチーズは、ときどき行くスーパーの見切り品、半額でした。

今週は図書館の年に一度の特別整理期間。
休館にして、中でひたすら書棚の整理をしています。
一日中、本棚の前で、本を一冊一冊見ているので、
目が疲れ、肩がこり、残業もしているので、ろくな晩ご飯を作れていません。
今日は、久しぶりのお休み。
休み返上で作業をしている職員もいますが、
私は休むことにしました。
しっかり休んで、明日からまた頑張りまーす。






[PR]
# by senbe-2 | 2016-10-16 10:43 | 料理 | Trackback | Comments(4)

前撮り

お久しぶりです。
2ヶ月も放置してしまいました。

来年、成人式を迎える次子が、
ある日、「私の前撮りはいつするの?」と聞いてきましたよ。
「えっ、前撮りしたいの?」と私。

長子の時は、着物を買ったお店で、
前撮り1カット無料とうたわれていたので、1カットだけ撮ってもらいました。
実際には、色々お金を請求されてしまいましたが。

長子が着た着物一式を、そのまま着る次子の前撮り写真が、
ないっていうのもかわいそうだし、
じゃあやろうじゃないの、1カットだけでも、(やっぱり1カットかい)
ということで、撮影の日を迎えました。

f0088647_08344139.jpg

ロケです。
写真館には行かず、公共の庭園で出張撮影をしていただきました。
9月後半はずっとお天気は悪かったのですが、
この日だけは奇跡的な晴れ。
雨のおかげで木々の緑は美しく、陽射しもありました。

上の画像は、私が撮ったスナップ写真。
後日、写真館に行って、1カットを選ばなければなりません。
プロが撮ってくださった写真がどんなのか
とっても楽しみです。





[PR]
# by senbe-2 | 2016-10-03 08:34 | 生活 | Trackback | Comments(4)

花火とホットケーキ

朝のドラマで、ホットケーキを食べるシーンを見ていると、
末男が、「こんなにホットケーキを見てもたら、
明日の朝ごはんはホットケーキしかないよな。」と言う。
勝手なことを言うなと言いたいところだが、
結局私も、気分はホットケーキになってしまっていて、
翌朝、焼きました。

材料は、卵、小麦粉、砂糖、ヨーグルト、牛乳、ベーキングパウダー、
塩、サラダオイル。
ふんわり、柔らかいホットケーキができました。

f0088647_20432923.jpg




夜は花火。
夫も、末男もそれぞれ、あっちやこっちの花火を見に行く予定。
次子は合宿中。

というわけで、地元の花火の、「どーーーーんっ」という音を聞きながら、
ひとり、そーめんチャンプルーを作って食べた。
そしたら、キッチンの窓から、いい具合に花火が見える事に気づいた。
花火会場と我が家の間には、山の裾野が横たわっていて、
低く上がった花火は見えないが、
高く上がった大玉はよく見える。
注意して聞いていると、
概ね、ドーン!は見えるが、
パンパンッ!は見えないという規則性がある事がわかった。
そこで、ドーンという音が聞こえたら、窓辺に行って花火を楽しみ、
終わると席に戻って、そうめんチャンプルーを食べることにした。

f0088647_20433010.jpg



ところが、音より光の方が速いのだから、
ドーンと聞こえて、見に行ったら、すでに終わっているという
悲しいことも。

ああ、田舎の花火は短いんだな。
花火と花火の間隔もけっこうあるしね。






.
[PR]
# by senbe-2 | 2016-08-06 20:42 | 料理 | Trackback | Comments(4)

長子、バイクに乗って帰ってくる

体調を崩した日に、急遽長子が帰省したのだが、
いつもは電車を乗り継いだり、祖父の車を借りてきたりするところ、
今回は、バイクに乗って帰ってきた。

f0088647_08511175.jpg



彼女は車やバイクが大好きだ。
大学のクラブは絵画部だが、最近の絵には、車やバイクがモチーフになっていることもある。
自動車部にも出入りをしていたようだ。

車の免許を取るのはもちろん承知していたが、
バイクの免許を取ったのは全く知らなかった。
誰にも言わず、自動車学校へ通い、自動車免許更新の時に、バイク免許を取得していた。
バイクの購入も、前から気になっていたのを抑えていて、
就職が決まったら買おうと考えていたらしい。

いえ、まだ就職が決まったわけではないのだが、
彼女は、今頃には就職が決まっていると思っていたのだろうか、
今回、購入し、バイク乗りになった。


確かにカッコイイ。
でも、暑いよ。こけたら危ないよ。
母ちゃんは心配だよ。
長子が居候させてもらっている祖父母も心配でたまらない。

でも、成人した娘が、自分の考えでやっていることを止める力は、
もう親の私にはない。安全に乗ってくれと言うだけだ。

家の前でエンジンをかけたら、
近所のバイク好きのお父さんたちが寄ってきた。
みんな昔のライダーたち。
若い頃、同じバイクに乗っていたという人もいたようだ。

そう、このバイク、娘より年上なのだ。
古いから悪いという図式はない。
今のモノよりいい材料で作られていることもあるだろう。
彼女を守ってやってほしい。
お願いします。

親は、もう、祈るしかないのだ。







.
[PR]
# by senbe-2 | 2016-07-22 08:50 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧