<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

たけのこご飯弁当

たけのこをいただいた。
この春はまだ一度も口にしてなかったので、とっても嬉しかった。
翌日の夜のご飯にしようかと思ったが、
夫は飲み会で晩ご飯は要らないというので、
頑張ってお弁当にした。

(今春から、夫はお弁当生活。)

たけのことお揚げと鶏のミンチが入っている。
いつもよりちょっと贅沢。
出汁も鰹節でしっかりとって炊いた。

f0088647_19411261.jpg

末男の感想は、
「お弁当を開けて、あー筍ご飯かあ、気分が乗らへんなあと思ったけど、
食べてみて、ん?めっちゃ美味しいやんと思った。」
だって。

美味しかったと言われると、素直に嬉しい。
毎日毎日、こんなに手間はかけられないけど、
今はとりあえず、手間をかけられる余裕が自分にあるのだと思う。

その前の日は、夫と同時に起きてお弁当を作ったら、出かける時間に間に合わず。
ちょっと待ってーと叫びながら仕上げたけど、
カボチャが炊き上がらず、一品少なかったのだ。
そのお詫びもあってか、この日は頑張れたんだった。

毎日4個のお弁当を作っている。
さあ、どこまで頑張れるだろうか…(^-^)




[PR]
by senbe-2 | 2017-04-30 08:03 | 料理 | Trackback | Comments(4)

書く文字の大きさについて

最近、自分の書く字が恐ろしくだらしないのが気になっている。
若い時はもう少し丁寧に書いていたのではなかったか。

私の書く字は、昔から美しくはない。
それでも学生の間は、自分でとったノートを見直せば、
何を書いたのかは理解できたし、それをわざわざ清書しなくても、
そこそこ美しくまとまっていた。

ところが最近、仕事で何かに書き付けた自分の字が、
何を書いたのかわからないくらい乱れていることがあるのだ。
そこまではいかなくても、読みづらい字になっていることは確かだ。
慌ただしい仕事の合間にとった電話の伝言メモなどは、
さぞかし読みづらいだろうと申し訳なく思う。

どうしてそんなことになってしまったのだろうか?

これも1つの老化現象なのではないか。


小さい字を書くと、細かいところが表現できずに、略した字を書いてしまう癖がある。
ごんべんを書く時に、言と書かず、中国語のごんべんに当たる 话の左側を書いてしまうのだ。何かにつけて、こんな我流の略し方をしてしまう。

今日、字を書いている時に、ちょっと大きめに書いた時、
ああ、楽だとと感じた。

そういうことか。
手が、小さい文字に、もはや対応しきれていないのだ。
目が、小さい文字に対応できなくなっているのと同じように、
手も細かい作業に向かなくなっているのだ。

娘たちは小さい文字を書く。
娘たちだけでなく、職場の若い人たちの文字も小さい。
それは目の問題かと思っていたが、
手の運動機能とも関係している気がするのだ。
多分個人差はあるだろう。
でも、私の場合はおそらくそうなのだ。

こうやって、活字を書く機会が増え、ペンを持つ時間が減っていることも、
文字を書く機能の衰えになっているかもしれない。

これからはちょっと大きめに書いてみよう。
読める字を書くために。






[PR]
by senbe-2 | 2017-04-29 14:04 | 雑感 | Trackback | Comments(4)

おさがり

今朝、出かけようとして、気づいたことがありました。
それは、私が着ている洋服が全て、長子からのおさがりだったということ。

長子は、今春、引越しをするにあたり、大量の洋服を処分したのです。
私は、それを回収して、リサイクルに出す係なんですが、
出す前に中身をチェックしたら、これも着れる、あれも着れると、
自分の洋服にさせてもらいました。
もちろん、年齢的にも体型的にも一番近い次子が、お下がりの多くを譲り受けたのですが、私でもいけそうな服もありました。

長子は学生時代、大手洋品店でアルバイトをしていた関係から、
そのブランドの服をたくさん持っていました。
仕事中は、店に並んでいるものしか着てはいけないというルールがあったようで、
まだ着れるものでも売り切れてしまったものは、仕事中には着ることができず、
定期的に新しいものを購入していかなければなりませんでした。

今日身につけていた服も気づけば全てそのブランドでした。
私がもう少し細ければ、もっと活用できたでしょうに、
体型がネックで諦めた服もありました。
子どものお下がりを着るという、ちょっと寂しい思いもありますが、
割り切って活用させておもらおうと思います。

長子に見習って、不要な洋服を処分しなくては…
喜んで、服を増やしている場合ではないのだよ。






[PR]
by senbe-2 | 2017-04-25 16:05 | いただきもの | Trackback | Comments(4)

子どもたちの思い出の場所

子どもたち3人が通った地域の幼稚園が閉園になりました。
幼稚園が近くの保育園と合併して、こども園になり、
子どもたちは、今春から保育園の園舎に移りました。
写真の幼稚園舎はつぶされ、この場所にこども園の園舎が建てられ、
一年後には戻ってくるそうです。

f0088647_16210408.jpg
建て替えに伴い、桜の木も切られてしまうと聞き、
最後に会いに行ってきました。

中庭にはうさぎ小屋があり、うさぎ当番の子どもは、
野菜くずを持って行きました。
野菜くずと言われても、すぐにあるわけじゃなく、スーパへ行って、
キャベツの外皮をもらったり、家の周りのたんぽぽを掘り集めたり、
苦労したのもいい想い出です。その小屋は取り払われ、花壇になっていました。

子どもたちがこの幼稚園に通った7年間は、
私がこの街にやってきた最初の7年間にあたります。
子どもたちの社会参加のスタート地点だったのと同じに、
私にとっても、スタート地点でした。

たくさんの人と出会い、子育てを頑張った想い出の場所。
少し寂しいですが、また新しくなって、
子どもたちの笑い声が戻ってくることでしょう。

もう一度桜の木は植えられるのかな。
冬になると落ち葉掃除が大変そうでしたが、
それを集めて焚き火をして、焼き芋を作って食べるっていう楽しみもあるといいなあ。





[PR]
by senbe-2 | 2017-04-15 16:19 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

誕生日 2017

今年も誕生日がめぐってきました。
四捨五入でかろうじてアラフィフ。(^-^)

f0088647_11251744.jpg
次子が大学の授業の合間に帰宅して、
チョコレートケーキを焼いてくれていました。
サラダも作ってくれて、晩ご飯も手早くできました。

プレゼントもあって、レッサーパンダのポーチと犬のワンポイントがついたタオルハンカチ。親なのに、子どもからここまでしてもらえるなんてね、嬉しかったです。

夫は日付が変わる数分前に帰宅。
今年のバラはワインレッドと薄いオレンジ。
お花をもらうと心が華やぎます。

ありがとう(^o^)







[PR]
by senbe-2 | 2017-04-14 15:52 | 生活 | Trackback | Comments(4)

滋賀へ


3月末頃に職場(図書館)のみんなで滋賀県へ行ってきました。
目的は滋賀県の図書館めぐりと観光です。

f0088647_13061326.jpg

知らない図書館へ利用者として訪れると、
新しい発見があるものですね。
今回も、本の並べ方、企画展示の仕方、休憩エリア、本のリサイクルなど、
それぞれの工夫を見つけました。
すぐに改善できるものもあり、早速実践しています。


1日で3つの図書館を巡りました。
その間に、混雑が予想されるお昼時に、
逆手をとってお茶を楽しみ、お茶の時間にご飯を食べました。
この作戦は大成功で、どちらも待ち時間なくゆっくり過ごせました。

近江八幡の街は風情があります。

八幡堀という運河が作られ、琵琶湖を往来する船を城内に寄港させたために、
近江八幡が栄えました。今はドラマのロケ地に使われることが多いそうです。
朝ドラの「あさが来た」でも、主人公のお姉さんの嫁入りに、
この場所が使われていましたね。


近江八幡といえば明治時代に来日し、
数々の建築物を残したヴォーリズさんが住んでいた街です。

私が通っていた大学が所有していた六甲山頂にある宿舎がヴォーリズ建築で、
実際に何度か泊まりましたが、暖炉の前には本を読むスペースがあり、
何とも言えない温かみがありました。
中庭に面した窓は開放的で、部屋と庭に一体感がありました。
客室にはそれぞれ洗面所が付いていてアンティークな蛇口が印象に残っています。
キッチンは、お湯が出なくて困りましたが、低い位置に吊り戸棚があり、
これは使いやすいと思ったのを覚えています。
ダイニングルームには、大きな大きなテーブルと椅子があって、
大勢で食事を囲めるのに憧れました。

今回、ヴォーリズさんの自宅を訪れましたが、
見学には予約が必要だったようで、中は見ることができませんでした。
でも、久しぶりにヴォーリズ建築に触れることができて心ウキウキでした。

f0088647_11570372.jpg

ランチをいただいたのは、近江八幡駅近くのかね安さん。
牛を一頭買いする、お肉屋さん直営のお店で、
すき焼きなどは、目が飛び出るほどのお値段でしたが、
この牛丼はお手頃価格で、しっかり牛肉の味がありました。
午後3時台で、お客は私たちだけかと思っていたら、
その後、次々にお客さんが入ってこられました。
安くて美味しいという情報はすっかり定着しているようです。

私が自分でお出かけをしたら、何の計画もなく、
何を食べようか?次はどこへ行こうか?と
行き当たりばったりになってしまうのですが、
今回は、職場の旅慣れた先輩が作ってくれたタイムテーブルに沿って、
移動したので、時間のロスがなく、充実した旅になりました。
ありがとうございます(^o^)










[PR]
by senbe-2 | 2017-04-10 11:55 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧