<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年も福袋作りました。

お正月になると、いろんなお店で、福袋なるものが売り出されますよね。
5000円、10000円と値札が付いているけど、
中身はもっともっと値のはる商品が入っていて、お得感のある福袋。

図書館でも最近は福袋を用意するところがあります。
私たちも作りました。
もう何年か前から、できる年にはやっていて、
今年も利用者の方から、
「今年はやらないの。」と声をかけてもらっていました。
「やりますとも」ということで、作りました。
大人用と、子ども用はそれぞれ細かな年齢別で、トータル151袋。

福袋といっても、買ってもらうわけではなく、
図書館の蔵書を借りてもらうわけなのですが、
すでにラッピングされていて、何が入っているかは、
帰ってからのお楽しみというわけです。

f0088647_17055802.jpg




福袋にはタグが付いていて、どんな本が入っているか想像をふくらませるテーマが
書かれています。「いい男になる!」とか、「眺めてみよう」とか、
まあ、それだけでは何が入っているかわからないけど、
選ぶ上でのちょっとしたヒントにはなります。

実際は、貸し出しの時のレシートに本のタイトルが印字されているので、
見ようと思えば、見ることはできますが、
私たちはわざとレシートをキッチリ折りたたんで渡しますし、
借りられる方も、遊び心いっぱいの人たちなので、
誰も見ようとはしません。ちょっとした遊びにお付き合いいただいています。

子ども用は巨大な手作りクリスマスツリーの回りに設置しました。
f0088647_17055941.jpg


f0088647_17055944.jpg



子どもたちには、プレゼントにしか見えませんから、
みんなすごい勢いで借りて帰ります。
自分では決して選ばないであろう本を手にするいい機会になるかもしれませんし、
何より開ける時のワクワク感が楽しいでしょう。

本は3冊入っています。
年末年始の休館をはさむこの時期の貸し出し冊数は通常の倍に設定してあります。
たっぷりの余裕がある今だけのお楽しみです。

12月14日から始めましたが、
1週間で残りわずかになってしまいました。

この一週間、福袋を持ち帰る利用者がちょっと楽しそうで、
それを見送る私たちも、とても幸せな気持ちになりました。
限られた時間の中で用意するのはちょっと大変だったけど、
その作業もワクワクして、楽しいものでした。

包装紙やリボン、マスキングテープなどなど、
包装資材は、全部職員の持ち寄りです。
また来年に向けて、貯めておかなくっちゃね。
[PR]
by senbe-2 | 2015-12-23 17:03 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧