<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハンター集会

今日は月に一度の図書の整理日。
子どもたちがお世話になった小学校の図書室で、
新しく購入した本にカバーをかけたり、本の整理をしています。
子どもたちが在学中に始めたボランティア活動ですが、
卒業後も、まだ私にできることがあるなら…と思って続けています。
当初少なかったメンバーも多くなったし、整理も行き届いてきたし、
そろそろ卒業かなと思っている今日この頃...。

そんな活動日だったのですが、
始まって間も無く、運動場が騒がしくなってきました。
どうやらこの日は、2時間目と3時間目の間の大休みに、
全校遊びが計画されているようでした。
名前は「ハンター集会」

テレビでやっていた「逃走中」からヒントを得たゲームです。

まず、子どもたちが運動場に放たれます。
f0088647_21391924.jpg


その後、ハンターになった上級生が出動します。
f0088647_21392098.jpg

全身黒づくめというわけにはいきませんが、冬服をまとって出動です。

そして数分後、先生ハンターの第一陣が投入されます。
f0088647_21392066.jpg


そしてそのまた数分後、
先生ハンター第二陣の投入です。
f0088647_21392176.jpg


先生たち、みんな黒づくめでかっこいいです。
校長先生も追いかけておられました。
この集会は児童会が主催しているので、写真左下の生徒が実況したり、
注意事項をアナウンスしていました。
逃走者には、隣接の幼稚園児も参加していて、可愛かった。

逃走時間は10分ほどだったようですが、
ほぼ全員、ハンターに捕まっていました、ただひとりの幼稚園児を除いては。


終了のホイッスルの後すぐに、何処かに隠れていた幼稚園児が、出てきました。

小さい学校だからできることですね。
幼稚園児も参加するなんて、ほのぼのしていて、嬉しくなりました。

夕飯の時に末男に話したら、
ハンター集会は俺の案やでと言うではありませんか。
そして今でも続いていることに驚いていたし、嬉しそうでした。
続いているといっても、まだ、たったの3年ですけどね。
図書ボランティアは7年ですから。(何を競っているのやら、大人気ないわたし)
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-21 21:00 | Trackback | Comments(2)

今日の収穫


f0088647_17121693.jpg

今日、やっとほうれん草のタネをまきました。
ついでにいくらか名残の野菜を収穫しようと思ったら、
こんなに採れました。

ゴーヤは収穫せずに放置された実が熟していたので、
採種しましたよ。
f0088647_1712177.jpg


こんなことしなくても、来年もきっとこぼれ種から発芽するとは思うけど、
夫が、種をとったかと心配しているので、とっておきました。

自家採種は、良いことですよね。
その風土に合った種が採れるのですから、
何年か続けると強い品種になることでしょう。
勿論、種代だってバカになりません。

今年まいた大根は、半分は自家採種したのをまきました。
今はまだ小さな苗ですが、
自家採種の方が、心なしか立派です。
f0088647_17121816.jpg

竹の棒の左が買ってきた種、
右側が去年自分でとった種。
品種はどちらも同じで、与作って言う名前。
ほら、ちょっと右側が大きいでしょう。楽しみです。


狭い畑にまだ夏野菜が居座っていて、
今年の冬は野菜が少なくなりそうです。
その分、夫が庭に小さな菜園を作っているので、
そっちのお世話になれるかなと、少し期待しています。
丁寧に丁寧に育てられている野菜たち、
ネットを被せてもらったり、
可愛い鉢に植えてもらったり、
私の畑の待遇とはえらい違いです。

時間をかけなくても、食べていける。
それが理想です。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-16 16:35 | | Trackback | Comments(2)

紫蘇の実ふりかけ

畑に生えてる紫蘇を使って、今年も紫蘇の実の塩漬けを作りました。

f0088647_16344757.jpg


塩漬けと言っても紫蘇の実に塩をまぶして、しばらく重石をするだけ。
紫蘇の実を紫蘇から外すのが少し手間で、
そんなに沢山出来なかったのが残念。

早速おにぎりに混ぜ込んでみました。
f0088647_16344853.jpg


紫蘇の香りとプチプチした食感が楽しいです。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-07 16:23 | 料理 | Trackback | Comments(4)

お疲れ様でした、リサイクルデー

この地域では、廃品回収を小学校、中学校のPTAが受け持っています。
売り上げ金と市からの補助金は、PTAに入ります。
それはかなりの金額になり、学校教育現場で使われる重要な資金源になっています。
我が家の末男は中学3年生。
とうとう、その日がやってきました。
その日とは、最後のリサイクルデーです。

長子が小学1年生だった13年前からやり続けてきた仕事です。
子どもが小さい時は、リサイクルデーのたんびに、
自家用車のチャイルドシートを外さなければなりませんでした。
また1回では回収しきれず、2往復している間に、
回収時間が終わって、回収業者のトラックを追いかけて
廃品を引き取ってもらったこともありました。
当時、日曜日でも早朝から仕事に出かける夫には頼れなかったので、
ほぼひとりでやっていたのです。


最近は、夫も時間を都合つけられるようになり、
部活を引退した末男も手伝ってくれます。
というわけで、
今日の記念すべき最後のリサイクルデーも、
男2人の活躍で締めくくってもらいました。

よかった、よかった。
お疲れ様でした、夫、末男。
お疲れ、自分!
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-05 21:43 | 生活 | Trackback | Comments(4)

夏野菜がまだまだつづく

今年、夏野菜が順調に収穫できました。
きゅうり、トマト、ピーマン、オクラ、そしてゴーヤ。
バジル、青じそ、ネギ、ニラなども重宝しました。

特にゴーヤは、去年のこぼれ種で勝手に生えてきたのですが、
グングン勢いが増して畑の半分位を占拠しています。
おかげで、今でもどんどん花が咲き、収穫が続いています。
残念なのは、秋冬野菜の種まきが遅れていること。
大根だけは蒔いたけど、葉物は蒔けていません。
f0088647_21414015.jpg

写真手前の大根はお隣さんの畝です。私のはまだまだちっちゃいの。
ゴーヤは肥料切れで葉っぱが黄色くなってきています。
なんせ一株でこんなに大きくなったのだから。
根元は、これ。
f0088647_21414141.jpg

オクラはもう手が届かないくらい大きくなりました。
f0088647_21414285.jpg


この日の収穫
f0088647_21414344.jpg


畑をやり続けるのは、大変だなと思うときもあるけれど、
収穫の時期を迎えると、畑のありがたさを痛感します。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-04 21:10 | | Trackback | Comments(0)

フライドポテト…もどき

フライドポテト ラブの次子も認めた一品です。
もともとは2007年にレモンちゃんから教わったベイクトフレンチフライでした。
その時の記事を発掘してきたよ。

それの改良版がこれ。

f0088647_1514464.jpg



作り方は、

ジャガイモを洗って、皮のままくし切りにする。
皮も食べた方がいいし、なんたって時間短縮だからね。


一度水にさらして、水気を拭き取り、
塩を振りかけてから、オリーブオイルを絡ませ、
その上に片栗粉をまぶす。
この片栗粉がポイント。


それをオーブン皿に並べて焼く。
f0088647_1514378.jpg

今回はレンコンも焼いてみたよ。
でもレンコンはオイルを減らしたからか、ヘルシー過ぎるできばえでした。

今回は200度で予熱し、15分焼きました。
片栗粉のついていない面はテカリましたが、
ついているところは、カリッとして、油で揚たような風味になりました。

勿論、油で揚たほうが美味しいとは思うけど、
労力を考えたら、これはなかなかの優れレシピだと思います。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-03 21:34 | 料理 | Trackback | Comments(8)

ひしわの紅茶

先日、無農薬栽培紅茶を買ってきました。

次子がストレートで飲んで、
「この紅茶甘いね。砂糖が入ってるの!」って。
いやまさか砂糖が入っているはずはなく、ただ渋みが少なく飲みやすい紅茶でした。

ちなみにこのお茶です。

調べるついでに他の無農薬栽培紅茶を検索していると、
この紅茶は甘いんです。砂糖が入っていると思うくらい…という口コミを見つけました。
次子と同じ感想を持った人がいるようです。ふふ

また、そのお店に行くことがあったら、買ってもいいな。
私は少し渋いくらいの紅茶も好きなの。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-02 21:53 | お気に入り | Trackback | Comments(6)

受験生とピザ

今年度、我が家には受験生が2人います。
高3の次子と中3の末男。

次子は高校受験を一度経験しているので、受験というものを理解しているようです。
志望大学の難易度と自分の実力とにギャップはあるものの、
今やるべきことをやろうという気持ちが伝わってくるので、
こちらは見守るだけなのですが、問題は末男。

昨日は、夕ご飯が出来上がる頃に帰宅して、
突然ピザを作ると言い出しましたよ。
それも石窯で。
もし我が家の庭に石窯でもあるなら、
突然の思いつきとはいえ、
わたしは温かい気持ちで見守ってあげられたかもしれません。
でも、そんなものはないし、
ピザの材料だって揃っているかどうかもわかっていません。

その上、強力粉が足りないとわかると、
買ってきてくれと言うではありませんか。
勿論断りました。
ピザを作りたいなら、作れば良い。
でも材料が足りないなら、自分で買ってきなさい。
ただし今日中にピザの窯を作るというのは、
どう考えても無理。
せめて、ダッチオーブンで焼くぐらいに考え直せと助言しました。

でも思い立った末男は、わたしの言葉は、後ろ向きの発言でしかない。どうして協力してくれないのかと、ケンカ腰です。
私も末男のワガママ度に呆れてしまって、迷惑をかけるな!と怒りをぶつけてしまいました。

末男が石窯の作り方やピザの作り方を検索している横で、私は晩ご飯を食べ始めました。

末男の思いつきの行動は、今に始まったことではないけれど、
今回のは、ビックリしました。

次子や夫の対応は、大人でしたよ。
次子は帰ってくるなり、
末男に何を作ってるの?と尋ね、
ピザだとわかると、すごいね、いつできるの?ってアッサリ。
夫は、ピザの窯を作ると聞いて、
ピザってどんな原理で焼けるか知ってるの?と質問。
末男が庭に数個のレンガを並べて、
覆いをつけたら焼けるだろうと、
水で濡らしたダンボールを用意しているのを見て、
燻製しかできないよと、アドバイスしていました。

二人とも自分には何の負担もかからないから、そんな冷静な言葉がはけるのだと思う反面、私はちょっと落ち込みました。もう少し冷静に対処していたら、怒鳴る必要はなかったんだなって。


結局、末男は粉の半分を薄力粉に変え、
家にある材料だけで作り始めました。
幸いピザソースの材料やピザにのせる具材も、
揃っていました。
なんせ、次の日から仕事が再開する私は、
昼間に買い出していましたのでね。

その日のうちにピザ生地を仕込んで冷蔵庫に入れ、ソースを煮て、
翌朝焼いて学校へ持って行きました。

f0088647_104516.jpg


焼いたのはガスオーブン。
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-01 23:15 | 料理 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧