<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柿の実の中には・・・

今朝は牡蠣じゃなくて柿の方を収穫しました。
数日で食べる量を休みの日に採るようにしています。
もう残り数個。さびしいなあ。

ひとつだけ実の半分が赤く熟しているのがあったから、
早速それを食べようと、へたのところをナイフで切り落としてみたところが・・・

f0088647_9525078.jpg


ダンゴムシの冬眠場所だったようです。
小さめのダンゴムシたちがひしめき合っていました。
どうやらまだ子どもたちの様子。
ごめんよ、急に天井がパカッと開いてさぞ、びっくりしたことでしょう。
記録に写真だけとって、ふたをして、そっと庭へ返しておきました。
f0088647_9555497.jpg

あわてて飛び出した1匹も中へ戻しておきました。
きっと蟻にやられるだろうな。木の上なら安全だったのに。
いや、寒くてアリさんたちも土の中かな?
それよりカラスがついばみに来ちゃうかも。
[PR]
by senbe-2 | 2013-11-26 10:18 | | Trackback | Comments(4)

牡蠣グラタン

実は牡蠣のむき身チューブのひとつは牡蠣鍋で食べきらずに、
とっておいたのです。末男がどうしても牡蠣グラタンを食べたいと言うので。

牡蠣グラタンとは、グラタンに単に牡蠣が入っているやつをさすのか、
牡蠣は海のミルクっていうくらいだから、
牡蠣をつぶしてソースがほとんど牡蠣って感じにするのか。

たぶん末男が以前にお店で食べた「想い出の牡蠣グラタン」は後者だったと思うのです。
でもそんな作り方は誰も知らない訳です。

料理好きの末男ならなんとかするかと、作っておく様に彼に申し渡したのが日曜日。
仕事だったわたしとしては、前日の牡蠣鍋の様に、
みんながセッティングしてくれていることを夢見て帰宅しました。

予想通り、この日も夫はいろいろ買い物をして、
用意を始めてくれていました。
でも、牡蠣グラタンにサーモンのカルパッチョ、サーモンとアボガドのディップ、
野菜サラダというメニューは、少々複雑で、牡蠣鍋の様には行かなかった様です。

みんなで力を合わせて頑張って作ったのがこれ↓
f0088647_21584170.jpg


アボガドのディップはパンにのせて。
f0088647_2211075.jpg


カルパッチョはわさび醤油のドレッシングで。
f0088647_2215345.jpg


牡蠣グラタンは普通のマカロニグラタンの牡蠣入りで。
f0088647_2224782.jpg


ワインがおいしい夜でした。
[PR]
by senbe-2 | 2013-11-19 22:08 | 料理 | Trackback | Comments(2)

牡蠣鍋〜冬支度の続編〜

金曜の夜に夫が牡蠣を買ってきてくれましたよ。
大きめのチューブ入り二袋。
翌日は土手鍋でもしますかねって話だけはしてましたが、
その週末は二日とも仕事の私。
鍋用の野菜がないのに買い物へ行く時間がありません。
夫が準備してくれるかもなあと思いながら帰宅すると、
f0088647_9363959.jpg

お、おうー、できてますがな。
ネギのぶつ切り感が素人っぽいなあと思っていたら、
左下の方に焼きめのついたネギ発見。
わっ、そんな手間かけたのねとびっくり。
次子と一緒に準備をしてくれたようです。

みそも調合されて土鍋の縁にぬりつけてありました。
そしていつも食べる食卓じゃなく、
リビングの机の上に・・・
f0088647_943430.jpg

いたれりつくせり状態にセッティングされている。
ありがとう、ありがとう。

いや、それより問題はこたつですよ。
私がいない間に出してしまったんですか、こたつ。

出したのは次子。
彼女は、今月、お小遣いアップのために、
毎日夕食の食器洗いをすることと
毎週土曜日に掃除機をかけてくれることを約束してくれています。
わたしがこたつを出すのを渋っている理由の一つが
掃除機をかけづらいこと。
そこで彼女は自分がかけるんやから、自分の好きな様にしてよいだろうと
判断したわけなんです。
確かに、そうです。
そこは私も納得しましたが、もう一つの理由、
こたつで朝を迎えない様にする対策がないままです。

そしてこの日、ふたりがこたつで新聞配達の音を聞きました。
いや、寝てるんだから、聞いちゃあいないか。
[PR]
by senbe-2 | 2013-11-18 09:58 | 生活 | Trackback | Comments(4)

冬支度

急に寒くなりましたね。
先日までは何の暖房器具も出さずに頑張っていましたが、
数日前に遠赤外線ヒーターを出し、
今日石油ストーブを出しました。

帰宅した末男は、「おお、ストーブやん。」と嬉しそう。
「これで、明日の朝からはストーブの取りあい・・・
いや、俺らもう大人やから喧嘩なんかせえへんし、大丈夫や。」
と頼もしい言葉。

でも夜には既に始まってました、ストーブの前の陣取りが。


毎年一番にこたつを出しますが、
今年は私がしぶっています。
こたつを出すと掃除をする気力が失われるのです。
そのうえ、毎日誰かがこたつで朝を迎えてしまいます。
こたつでは眠らないとみんなが約束するまでは、
出してやるもんですか。
って、一番に耐えられなくなるかもしれないけれど、
今のところはまだ大丈夫。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2013-11-12 21:10 | 生活 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧