<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日記をつけてみる

ご無沙汰しております。
f0088647_11101978.jpg


夏休みの始めに、生活目標を設定したわたし。
反省をするもしないも、既にこの夏をどうすごしたかさえ、覚えていない。
お湯のみ生活をする習慣だけは、今も続いているので、そこそこできていたのだろう。

読書時間の確保は今もってなかなかできていない。
家事を放棄して読書を優先させるという形で、なんとかやりくりしている。

片付けの時間の短縮もできていないなあ。
ただ、片付いていると、心が安らいで、やる気が起こるから、
やる気がないときは、一カ所だけきれいにして、自己満足に浸っている。
そんなことがわかったということだけでも、よしとするか!



ところで、本題の日記。

先日、仕事中に手から離れなくなった本がこちら。

「日記の魔力」表三郎 著

予備校の講師であり、日記伝道者の著者は、
日記は行動の記録であり、感想を書くものではない。
そして、書いた記録を読み返し、自分を客観的に観察して、
未来の人生に役立てていくもの、としている。

今日の反省や感想を書くのは、時間がかかりそうだけれど
起こったことを時系列に並べ立てるなら短時間で書けそう。

記録から、家事にどのくらいの時間を使ったか。
このメニューだと晩ご飯の支度が30分でできたとか、
自分の睡眠パターンから、この時間は眠いから仕事にならない、
など、時間を有効に使うヒントが得られそうな気がした。

今日は長子がセンター試験に挑んでいるが、
そんなことも、ノートの端っこに記しておくことで、
その日がよみがえるというものだ。

100円ショップでノートを買い、
4日前から付けている。

その本を、昨日図書館の利用者がカウンターで貸し出し手続きをされた。
思わずその人に声をかけましたとも。
お互いに頑張りましょうねと声を掛け合って、借りていかれた。

この本のことを同僚に話したら、
彼女も早速つけ始めた。
これで、2人、日記仲間ができた。


ブログをこんなに放置している私が、
日記を付けるなど、続く訳がない・・・・かもしれないが、
ちょっとま、やってみようかな。

もしかして、人生がもっと楽しくなるかもしれへんし。(笑)



トップのスコーンは、秋頃に末男が作ったもの。
勉強のほうは、・・・・だけれど、こういうことだけには、
まめなやつ。

混ぜる力は有り余るほどあって、
すごく滑らかになるまで撹拌できたからか、
とっても上手に焼き上がった。
私のより、ずっとずっと旨かった。
[PR]
by senbe-2 | 2013-01-19 11:16 | 生活 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧