<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いちごタルトとチーズスフレ

前日の夜に作ったケーキ、

上手にできました。

f0088647_20281677.jpg
f0088647_20283446.jpg
f0088647_20285464.jpg


これらを全て実家へ持っていきました。
実家の父の誕生日が近かったので、
これを誕生日プレゼントにして、一緒に食べて、
その上お小遣いをしっかりもらう計画です。
うまくいった様です。(笑)

今回末男が作ったチーズスフレ、とてもよくできていました。
カロリーが高いとわかっていますが、ついつい手が出るおいしさでした。
危ない危ない!
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-29 20:55 | 料理 | Trackback | Comments(2)

頑張る二人

晩ごはんのお好み焼きを作っている横で、お菓子作りを始める次子と末男。

二人で俺が先に作るとか私はもうやってるとか・・・

どうして一緒にやるってことにならないの?

キッチン一つで3つのことを同時にやるのは難しいよ。

作りながらいろいろ相談を受ける私も、

もう頭がこんがらがってるよ。(笑)

とりあえず、末男のチーズスフレが焼き上がり、

次子のタルト生地がオーブンに入ってます。

ううう、早くお風呂に入ってゆっくりしたいよ〜。

出来上がりはまた明日ね。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-26 22:35 | 料理 | Trackback | Comments(4)

高校生はかっこいい?

f0088647_20241165.jpg

合格発表の翌日は入学説明会。

貰ってきた書類に目を通し、必要書類を揃えて参加。

24時間前にやっと合格がわかったのに、

もうお金を持って集合とは・・・。


2時間の説明を聞き、親子二人両手にいっぱいの荷物を抱えて帰る。

雨がやんでてほんとによかった。


帰宅そうそう、教科書に名前を書き、

早速課題のワークを始めた長子。

その様子を見た末男、

「めっちゃかっこえ〜勉強やなあ。俺もあんなんしたい!」

「俺も高校行くぞ!」

俄然やる気が出た様子。

自分の成績で長子が行く高校へ行けるのか、通信簿を比べて検討を始めた。

ところがところが、最近成績が急下降している末男の成績は

長子の成績とかなりの差があることを知る。

「俺、勉強するわ。今から計画立てる。」と。

いいじゃないの、その調子。

やる気が出てきたことが母は嬉しいよ。

できるなら、計画だけにしないで欲しい。

頼むよ〜。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-25 20:14 | 生活 | Trackback | Comments(6)

冷たい雨の中で

長かった入試の結果待ち期間が昨日終わった。

雨の中の合格発表。

発表の瞬間うわ〜っという歓声があがる。

私は遠くから友達のビデオカメラで合否の確認。

ありました、長子の受験番号。
f0088647_20135198.jpg


でも、確かに番号が抜けている。

十数名の番号が抜けている。

この雨の群衆の中でがっかりと肩を落として絶えている子がいるのだ。


結果は出た。合格と不合格。

容赦のない結果だが、これが自分にとって、最良の結果だったと思いたい。

今日は寒くて孤独感に押しつぶされそうになっている子も

自分に自信を持って、歩んで欲しい。

そして今日、喜びに満たされている子も

しっかりと足下を見つめ、一歩一歩前へ進んで欲しい。


とはいえ、何とも冷たい雨だったなあ。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-24 20:17 | 生活 | Trackback | Comments(12)

お彼岸はおはぎで

お彼岸の前夜にふっと思い立っておはぎを作ることにした。

小豆をつけ、餅米をつける。
これさえやっていれば、明日の私は嫌でも作るだろう。
そうだ、ためらわず明日の自分を信じよう。(笑)

幸い夫が仕事で早朝に家を出た。
こどもたちが起きるまでにまだ2時間くらい有る。
その時間にあんこは出来上がった。
朝から行なわれた婦人会(戦時中に生まれたこんな組織がまだ現存するのだ)の総会後、
餅キビ入りの餅米を炊き上げ、
末男がぺったんぺったんやって、
私があんこを包み込み、
末男がきな粉をまぶして、
出来上がったぜ!

f0088647_0463349.jpg


これを持ってお墓参りだ。

終わったら夫の実家近くを散策してつくし採り。
「ここはよその陣地やから、俺ら泥棒?」と末男。
陣地じゃないけど、よそ様の田んぼであることには間違いない。
ということは泥棒と言われても間違いはない。
田舎の道ばたということで許してもらえはしまいか。
ご近所の息子の嫁とその子ということで多めに見てもらえまいか。
これからは、もう少し考えて行動せねばならないかも。

f0088647_0534296.jpg


昨日にうってかわって肌寒く、
風が異常に強い日だった。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-22 00:55 | 料理 | Trackback | Comments(8)

チャーハンが好きな男

チャーハンが好きな男、それは末男。

最近家に居る長子とお昼ごはんにチャーハンを作って食べることがある。

学校から帰った末男がお昼ごはんの残骸を見て、

今日、チャーハンやったん?ええなあ、俺も食べたい!と

かなり本気で思っていた様子。

卒業式の関係で金曜日が代休だった末男は、

今日のお昼はチャーハンと決めていた。

冷蔵庫から食材をあさって、勝手に作り始める末男。
f0088647_222927100.jpg


お昼ごはん作らなくて私はラッキー。

でも、おひやご飯が一人分しかなくて、私は別メニュー。残念!


f0088647_22314377.jpg


彼のチャーハンには必ず焼き肉のタレが入ります。

当初え〜って思っていた私ですが、食べてみると、いけます。

全うな味じゃないけど、もんじゃ焼きが好きっていうのと

ちょっと似た感じでわりとおいしい。


末男、このチャーハンをティースプーンでちょびちょび食べとりました。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-20 22:35 | 料理 | Trackback | Comments(8)

15の娘が外泊したいと言った時

中学校を卒業したばかりの長子15歳。

先日、お友達のうちへ泊まりに行きたいと言う。

クラスメイトの女の子のお家で4人で一緒にお泊まりするとか。

部活意外の友達を把握していない私も、クラスの子だし、

同行する友達は小学校が同じ私も知ってる友達なので、

「いいんじゃない。お父さんには話してから決めよね〜。」

なんて軽く聞き流していた。

前日の夜にそれを聞いた夫は、

「未成年は外泊禁止。それでも行くには理由があるはず。

それをちゃんと説明しなさい」と。

困った長子。言葉が続かない。

夜な夜なダラダラおしゃべりがしたい・・・なんて言えないし、

特によるに集まる理由もない。

厳しい親の元に生まれたことを憂いながら涙を流し、

気を紛らわそうと本を読み始める。

「え、もうあきらめたん?

外泊禁止だとは言われたけど、絶対行くなとはいってないやん。

理由を言ったら行かせてもらえるかもしれへんのに、

もう何もしないん?

理由やったら・・・ほら、親睦を深めるとか・・・

お父さんも職場でこの前親睦旅行してたし・・」と

少々入れ知恵をした。


気をとりなおした長子、夫に説明を始める。

夫は、泊まるとなったら、

ごはんや布団はどうするのか。

相手の家族は本当に迷惑じゃないのか。

最終的には親同士が話をして、

よろしくお願いしますの一言も言わなあかん。

ごもっとも。

私は父親との話が済んでいないことを理由にその辺のことを

一切すっ飛ばしておりました。反省。

それから友達の家に☎をかけ、お母様とも話をし、

行けるかもしれないという状態にまではこぎつけた。

後は夫がOKを出すのみ。




よくよく聞いたら泊まりに行くのは3人じゃなく5人。

よく5人もの娘を受け入れてくださるなと驚いたが、

お母様と話をして、すぐにわかった。

とってもオープンなおうちなのだ。

旦那様も突然、「明日友達が何人か来るからな」なんて言うのは

しょっちゅうあることらしく、全く気にしませんとのこと。

おもてなしなんてできないわよ。

キャベツ切って豚肉載せてお好み焼きでもしましょうか。

私は仕事で早くには帰れないので準備は彼女たちがするでしょう。


ああ、なんて素敵な方なんでしょう。

そんな風に気楽に友達を呼べる家庭って憧れる。


全ての手配が整い、長子が夫に判断を求めたら

最終的に行ってもよいかどうかの判断は私と相談しなさいと

夫は長子に言ったそうな。

そして私は、重々しく・・・・

「ええよ」と言った。


その後、夫のそばに行っても、夫はそのことには何も触れず。

私は心の中で、「お母さんしっかりしてくださいよ」と言われている気がした。

「はい、勉強させていただきました。」
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-19 22:27 | 生活 | Trackback | Comments(6)

自分の好みも大切に

温州、いよかん、ぽんかん、文旦、デコポン、八朔、

酸っぱいものでは、ゆず、スダチ、かぼす。

今年もいろんなおみかんを頂きました。

みんなおいしかったな〜。

毎年買ってる愛媛の福岡農園さんのみかんには、

無農薬有機栽培なので皮も全部食べてねって内容のお手紙が入ってくる。

そこで炊きました、伊予かんジャム。
f0088647_15233589.jpg


いよかんの皮(実を食べた後、皮を冷蔵庫保存)とデコポンの絞り汁(甘みが強い)と

八朔の絞り汁(酸味と香りが強い)と砂糖。今回は上白糖。

三温糖にしようか迷ったけど、色を楽しみたかったので上白糖。

レシピなんてありません。得意の目分量。(笑)

レシピ通り計るととんでもない量の砂糖を入れそうなので、

自分の感性を信じてみようと、全く計らず。

ジャムだけ食べておいしいと感じる甘さが目安。

パンに付けたら多分もの足りないくらい。

適当に作ったけど、おいしくできた・・・つもり。

パンに塗って、がぶり。

f0088647_15313511.jpg


みかんの香りとほろ苦さが口に広がるよ。おいしー。

子供達は好みませんよ、この味。

いいのよ、いいのよ、自分がおいしいと思うのだから。(笑)


それから数日後、次はまぐ子さんに頂いた八朔で作りました。

この八朔もまぐ子さんの畑の八朔。安心して使えます。

f0088647_15354264.jpg


八朔の皮と八朔の絞り汁と上白糖。デコポンの絞り汁も入れたかな?

雰囲気で作っているので、忘れちゃいましたー!

f0088647_15384441.jpg


左から伊予かんジャム、八朔ジャム、まぐ子さんから頂いた八朔。

どっちもおいしい。


八朔は酸味が強いから今時の子供に通用するかなと心配したけど、

剥いた5つの八朔の実、すぐになくなりました。

剥きさえすれば、みんな食べたいのだった。

みかんを剥くくらいの生活の余裕、持ちましょうよ、こどもたち。


作り方というほどではないけれど、
みかんの皮を、薄切りにしてから、たっぷりのお湯でしっかり茹でこぼすこと3回。
4回でもいいけれど、少しほろ苦さを残したいので3回。
それから砂糖を入れて水分が足りないなって思ったら、
適当に絞り汁を入れる。入れすぎると酸っぱくなりすぎるから
私はせいぜい八朔の皮5個に汁1個分。
そのためマーマレードの様な液状にはならない。
皮をたくさん食べられるので私は好きです。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-19 15:56 | 料理 | Trackback | Comments(7)

イカナゴの釜揚げ

土曜日実家に行くと、今から釜揚げするわよ〜と母。

何のことかと思ったら、水揚げされたイカナゴを

そのまま届けてもらって、家で茹でるんだとか。

f0088647_12133414.jpg


こんな状態のお魚を塩水(普通は多分海水)で短時間に茹で、

一気にさます。

f0088647_12143796.jpg


次子と二人、外に出て、次々うちわで扇いでさます。

台所からは母が次々にアツアツイカナゴを運んでくるから、

忙しくて大変。

手早くさまさないと、ふにゃっとした仕上がりになってしまいます。

こんなことなら家から大きなざるを持ってくるんだった〜。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-15 12:18 | 料理 | Trackback | Comments(8)

サクランボの花 開花

やっとあったかくなりました。038.gif

まだまだ寒いけど、卒業式の日ほどじゃないわ。



3月に入って寒波が訪れる前につぼみが膨らみかけたさくらんぼ。

寒くなる前日くらいに咲き出してしまいました。

毎日毎日陽が射さず、雨や強風の日ばかり。

さくらんぼにも寒波の訪れは読めなかったか。

でも、何となくすぼんだままなのは、今はまだ無理って知ってるからだね。

じっと我慢してるんだねえ。

私はと言えば、このままじゃ今年は実がつかないかもなあと、

さくらんぼの実の心配ばかりしておりました。(笑)


そして昨日やっとお日様がのぞきました。やった〜!

午後に庭に出てみると、ぶ〜ん、ぶ〜んと小さな小さな羽音。

虫が来てくれてるよ。

f0088647_942684.jpg
f0088647_9425375.jpg
f0088647_9431471.jpg


ミツバチだよね。

私の背丈くらいのさくらんぼの木にミツバチが10匹くらい、

頑張ってくれています。

ミツバチさん、ありがとう。



さくらんぼ、先のほんの少しのつぼみをのぞいて、満開です。

f0088647_946486.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2010-03-12 09:53 | | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧