<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

義母の畑から

もらってきました、野菜たち。あれっ、茄子が写ってないなあ。


f0088647_22362781.jpg


義母の畑へ行くと、野菜が楽しそうにしてるんです。

f0088647_22381327.jpg


f0088647_22383232.jpg


ちゃんと世話をしてもらっているからでしょうね。

土がふわふわしていて、あったかいお布団のようです。

自分が耕しいる畑との違いは歴然。

昨秋に仕込んだ落ち葉堆肥は、熟成まではまだ時間がかかりそう。

頼みのミミズもイノシシに食べられちゃったようだし、

なかなか思う様にはいきませぬ。

それでも秋冬野菜が芽を出し、頑張ってくれています。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-30 22:49 | いただきもの | Trackback | Comments(4)

にじのわまつり

先日の日曜日、村の草刈りに参加した後、(←仕事もしているとアピール、アピール)

こちらで紹介されていたに「じのわまつり」に

行ってきました。


f0088647_10584088.jpg


場所は書写山、円教寺。

映画、「ラスト サムライ」の撮影でも有名になりましたね。

千年の歴史がある、とても大きなお寺。

そんな素敵な場所で行われたおまつり。

山の上にあり、ロープウェーに乗るか、

1時間かけて山を登らないといけない場所にあるというのに、

たくさんの人が訪れていました。

一番気になったのが、こちら。
f0088647_12471034.jpg


木のスプーンやバターナイフが並んでいます。

木製品に弱い私。こちらを買いました。
f0088647_12485543.jpg

ジャム用スプーンです。木は桜。

丁寧に作られていて、手によく馴染みます。

作者のblogはこちら



今回のお祭りで行く前から楽しみにしていたのは、朋knitさん。

手編みの帽子がなんとも素敵な配色で可愛いのです。

写真を撮りそびれてしまったので、こちらのブログホームページでチェックしてみてくださ〜い。

長子も、「めっちゃ可愛い〜♡♥♡」と言うとります。

買えばよかったな。でも、お金なかったしね・・・。(涙)




そして、お隣で書き下ろしをされている方が・・・。

Juicyさんです。ブログはこちら

f0088647_11285473.jpg


顔を見て、インスピレーションで言葉を書いてくださいます。

てんつくマンのスタイルに似てると思って、近づいてみると、

てんつくマン監督の映画「107+1〜天国はつくるもの〜」に出演されていたとか。

昨年の夏に参加した小豆島のキャンプにも、

スタッフとして参加されていたらしいのです。

私も書いてもらおうかなって思いながら、

まだまだ恥じらいが残る(?)おばさんは、言い出せず、

はがきを1枚買いました。




食べ物も充実していて、

「Backen Dichter」姫路市勝原区にあるパン屋さんで天然酵母パンを買い、
   
こさじ」さんで焼き菓子を買いました。

お昼ご飯は、これ。
f0088647_13361816.jpg


f0088647_13363972.jpg



他にもたくさんのブースがありました。

どれもみーんな、充実した内容。


後半はコンサートが行われたようですが、

私はチケットがなく、早々と下山しました。


今回参加してみて感じたことは、便利さよりも大切なものがあると考え、

実行している人たちが、たくさんいるということ。

おまつりっていう形で人が集まれば、出会いがあり、

そこにつながりが生まれるってこと。


家で、こそこそと畑を耕したり、ご飯を作ったりしている私が求めているのは

こんな、つながりかもしれないな・・・と思いました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-29 11:45 | 遊び | Trackback | Comments(9)

ホシノ酵母を使って焼いてみた。

二種類の方法で起こした生種の一つを使って、翌日パンを焼いてみた。
f0088647_1611427.jpg


もちろん一日でできる生種の方です。


本日は訳あって手ごね。

十数年ぶりです。


本にはコロコロ転がすだけでよいと書いてあるので、

その通りにやってみた。

特に力は入れず。たたいたり、ぐいぐい引いたりもせず、

転がすだけ。

それでも、なんとかできたよ。よかった、よかった。

でも、ちょっと生地がゆるいのが気になるところ。

水分をもう少し控えるべきだったかも・・・。

f0088647_1615271.jpg

その日の常温27度で5時間程醗酵させたら、

f0088647_1625968.jpg


ワォ!醗酵し過ぎか?

成形、二時醗酵をして焼き上げてみると、

ジャーン!


f0088647_166585.jpg


情けない出来上がり。恥ずかし〜。

水分が多すぎたこと、一時醗酵が長過ぎたことが原因か。

もう少し膨らませたかったな。

切ってみたら、

f0088647_1672473.jpg


味はよし!子どもたちは、おいしいおいしいと言ってくれた。

でも、満足いかず。


昨日、一週間かけて起こす生種が出来上がった。

次はこれを使って、焼くことにしよう。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-28 16:39 | 料理 | Trackback | Comments(4)

ホシノ酵母

いつのことだったか、私がホシノ酵母を手に入れたのは。

確か夏より前だった。

冷蔵庫で眠ること数ヶ月。

最近涼しくなって、やっとやる気が出てきた。

f0088647_13232987.jpg


作り方は袋に書いてある。

図書館で本も借りた。
f0088647_13301239.jpg



おやおや、作り方がだいぶ違うぞ!

生種の作り方一つとっても、袋には30度で24時間、

本には20度で一週間とある。

ひょえ〜、どうすればいいのだあ〜。

とりあえず、両方やってみることに。

一つは常温(27度くらい)で、

もう一つはクーラーボックスに保冷剤を入れて、

一週間かけて熟成させてみよう。
f0088647_1334986.jpg


温度計はIKEAでステーキの温度を計るための温度計を買っておいたのだ。

温度感知部分と表示部分が離れていてなかなか便利。

f0088647_133527100.jpg


右側の57度というのは無視してください。ここに設定した温度に達したら

ブザーが鳴る仕組みです。あくまでステーキを焼く時の機能なので。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-24 13:39 | 料理 | Trackback | Comments(4)

おはぎ

年中行事を執り行うという今年の目標。

お彼岸にはおはぎを作ろうと思っていました。

なんせ、いただきものの餅米と小豆がありましたので。

日曜日、この日、早朝に大雨が降り、

末男の野球も長子の練習試合もなく、グッドタイミングで作りました。


f0088647_12492419.jpg


さすがに長子は丸めるのが上手。

私が作ると、餅米の割にあんこが少なくバランスが悪いと言って、

少しの餅米に可能な限り多めのあんこを詰めるように工夫していました。

少しくらいあんこがはみ出しても、きな粉をまぶすのだから問題ない!

と言いながら。(笑)

末男も挑戦したけど、グジャグジャになってギブアップ。

きな粉係に徹しました。

次子の姿がありませんが、この日、急遽実家へ行くことになって、

慌てて二階で宿題をしています。(笑)

f0088647_12493949.jpg



小豆はデーツと塩で味付けしました。

ところが甘みが少ないと、てんさい糖を追加。

それでもおはぎにすると味がぼやけるというので、

上白糖も追加。いったいどのくらい砂糖を入れたのやら、すっかりわからず。

たくさん入れたつもりになっていたけれど、

できたおはぎを食べてみると、ほんのり甘い程度。

あんこの味付け、なかなか難しいものでした。


とりあえず、お彼岸の行事終了。

次はクリスマスを軽く済ませ、最難関のお正月へ続きます。

わたくし、結婚して十数年、

おせち料理を作ったことが全くございませんの。(笑)

ここらでちょっと普通の家庭では作るものだということを

子どもたちに見せておかないと、

日本の伝統が途絶えてしまうのではないかと危機感をつのらせております。

さあ、作ったことのない私におせちが作れるのか、

お楽しみに!
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-24 13:21 | 料理 | Trackback | Comments(6)

イノシシ 現れる。

最近イノシシが毎夜山から下りてきて、

畑を荒し回っているらしい。

そんなに山に食べ物がないのかと

かわいそうになるが、畑の持ち主も黙ってはおれぬ。

自治体総出で山のふもとに「イノシカくん」という柵を

張り巡らせたのは二年程前。

でも、いっこうに畑荒らしが治まらないことをみると、

役目を果たせていないようだ。

自衛の策で個人が畑の回りにネットをかぶせてしのいでいる。

近くの田んぼで米を作っても、鹿が食べてしまうので、

我が家の近所にここ数年稲は作られていない。

私もサツマイモをやめて二年が経つ。

先日、冬野菜の種まきが終わったうちの畑で足跡を発見。
f0088647_10265318.jpg


畑のすみには、掘り返した後も。
f0088647_10275365.jpg


手前から二本目の畝の回りをきれいに掘り返している。

どうやらミミズを食べていたようだ。

このあたり、この前まで枯れ草を山積みしていた場所。

イノシシはミミズが好きなのか、

ミミズくらいしか食べるものがなかったのか。

詳しいことは知らないけど、少し腹の足しになったのならよかったか。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-20 10:37 | | Trackback | Comments(4)

友達のお家で

ごちそうをよばれた。


今日はお酒も飲める様にと、泊まり込みの準備もして、

さあ、かんぱーい!


生ハムとモツァレラチーズ、トマト添え。
f0088647_8335424.jpg

イカと鯵の刺身。(鯵はご主人がその日の朝に釣ったもの)
f0088647_8343214.jpg

鶏とイシモチ(小魚)の唐揚げ
f0088647_8345813.jpg

中華おこわ。これがまたおいしかった!
f0088647_8361142.jpg

車エビのガーリック焼き。いやあ、贅沢。頭ちかくの味噌がまた美味。
f0088647_8363913.jpg

↑にお庭のゆずを大胆に絞っていただく。
f0088647_8372844.jpg

ワインも開けてもらって、今日はとことん飲むぞ〜!
f0088647_8374493.jpg

子どもたちはゲームやカラオケで、勝手に遊んでいた。
f0088647_838673.jpg


この他にも、ピザやパンも用意してくれていて、

大満足の一夜だった。




ここのご主人、以前の記事に「ええ人」として紹介した方。

釣り用の船をお持ちで、夫と末男は釣りに連れて行ってもらった。

釣れた魚を全ていただいて、翌日からの我が家の貴重なタンパク源に。

キス38匹、テンコチ28匹
f0088647_98198.jpg


キスは唐揚げに、中骨は骨せんべい。
f0088647_9105643.jpg

テンコチは煮付けに。
f0088647_9115189.jpg


ごちそうさまでした。

また、よんでね!
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-18 09:21 | およばれ | Trackback | Comments(4)

次子のお弁当

次子がもって行くお弁当じゃなく、

次子が作ってくれたお弁当。


f0088647_161479.jpg


f0088647_1615083.jpg


今日は末男の野球当番で朝から出かける私に、次子が作ってくれた。

義母の梅干しが入ったおにぎりがとってもおいしい。


一人でお弁当が作れるなんて、成長したもんだ!
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-15 16:10 | 料理 | Trackback | Comments(8)

自転車生活 再開!

夏の間、ちょっと遠ざかっていた自転車生活。

秋の風が吹き始めた先週から再開。

そんな折り、友達がいいものを送ってきてくれた。

f0088647_141014.jpg


サイクルコンピューター

これを自転車に装着すると、時速、走行距離、消費カロリーが瞬時にわかる。

積算距離や時計もついている。


さっき、装着。

f0088647_14183615.jpg


買い物へ行ってきた。

f0088647_14191957.jpg



走行距離、5.9キロ。

しれてます。でも、自動車で行けば、500ccくらいのガソリンを使ってる。

お値段にして、85円くらい。

消費カロリーは50キロカロリー。

りんご1/3個程度。

(消費カロリーについては、個人差があるため、正確な数値ではないようだ。)

でも、自転車は環境にやさしいし、体も鍛えられる。その上経済的。

そしてもひとつ付け加えるなら、楽しい。

路地にでも入って行けるし、道々のお店屋さんに気軽に立ち寄れる。

ちょっと引き返すのにも便利。

これからの季節、しばらくは楽しめそう。



そして、こんなの↓にも登録してみた。

エコサイクル・マイレージ
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-12 14:40 | 生活 | Trackback(1) | Comments(8)

パタゴニア

先日、アウトドア・ウエアのお店、パタゴニアから、

カタログが届いた。

f0088647_15344691.jpg


ご覧の通り、左半分が再生封筒になっている。

ちょっとしたことだけど、気持ちがうれしい。

せっかくなので、作ってみた。

f0088647_15382067.jpg
f0088647_153838100.jpg


こちらの会社、環境保護の分野でも活躍されている。

できればこんな会社を応援したい。

そんな気持ちはもちながら、

子育て世代の私には手が届かない商品であるのも確か。

いいものを長く愛用したい方、

自分の生活で自然環境に負担をかけたくない方は、

積極的に応援してほしい。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-11 15:44 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧