<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

玄米ビーフン

先日、高きびを購入したお店で見つけました、玄米ビーフン。

タイ製です。日本でお米がたくさん採れるのに、

ビーフンが輸入とは、どうしてなのかなと思う。

焼きそばがこんなにポピュラーなのに、

焼きビーフンなんて、ケンミンの焼きビーフンでしか、

聞いたことがなかった。

給食でも、お米を食べよう!って言ってる割に、

ビーフンメニューは見たことがない。

日本の食文化を変えるには、給食で子供に食べさせるのが、

手っ取り早い方法だと、戦後のパン食文化で、証明されているのだから、

もっとビーフンを食べよう!

給食でビーフンを使おう!

そうやって、日本の食料自給率を上げよう!


と、いうことで、
f0088647_2154214.jpg


豚肉とほうれん草を入れました。

焼きそばに比べたら、食べごたえがありません。

でも、あっさりしていて、体に優しい気がします。

そうめんに似ているけど、べとつかず、つくりやすいです。

小麦粉が悪い訳じゃないけど、

お菓子も、ラーメンもうどんもそうめんもみんな小麦。

お好み焼きも、もちろんパンも。


食べ過ぎているような気がしてならないのです。

お米なら食べ過ぎていいのかって疑問もわくけれど、

それもできたら玄米で。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-19 22:06 | 料理 | Trackback | Comments(10)

春ですね〜

春ですね〜。

庭の花たちも、ぽかぽかと暖かそうです。


サクランボの花、もうすぐ咲きそう。
f0088647_16402944.jpg


ムスカリ。
f0088647_16424643.jpg


スイセン。
f0088647_16432127.jpg



★ 偶然の出会い

先日アップした切り干し大根を作る時、

どうしても欲しいと思ったものがありました。

干しざるです。

家の中のざるを総動員して、干しましたが、

夕飯を作る頃には、そのいくつかを合わせて、

調理用のざるを確保するという、面倒な作業をしていました。


そして、今日出かけた喫茶店で、

欲しいと思っていた、まさにそのものと出会ったのです。

こういうのを運命的な出会いと言うのでしょうか。(大袈裟?)

f0088647_1705125.jpg


その喫茶店では、かずらの作品の展示・即売会が開催されていて、

片隅に、かずらとは何の関係もない、このざるが、

おもむろに置いてあるのです。

私に出会うのを待っていたに違いないと思いました。

値段を見たら、1000円。

安いかどうかはわかりませんが、高くはないはず。

もう、神様が、切り干し大根を大量生産せよと、

命じているような気がしてなりません。(笑)


明日も晴れてくれますように。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-17 17:14 | | Trackback | Comments(4)

お母さんも風邪をひくのだ。

昨日、朝から、どうも体がだるい。

のどの奥が「風邪だよー、風邪のウィルスが入ってきてるよー。」

と教えてくれてます。

「わかった、わかった」と、だらりと過ごしていましたが、

夕方から、ガタガタと寒気がしてきました。

そういっても、寝ていられないのが主婦。

晩ご飯を作って、子供たちに食べさせ、お稽古ごとの送迎があります。

まだ、体力は残っていたので、動けないことはありません。

でも、夫の食事が終わった頃には、水を触ることがどうしてもできず、

翌日のごはんの準備だけ、次子に頼みました。

熱いお風呂に入って、お布団に潜り込みます。

2時間ほど寝たら、寒気がとれていました。

熱を計ったら、38度4分です。

その体温を知った夫は、初めて私が病気であることを認めてくれたようです。


次の日は、末男の野球クラブの試合で、7時集合です。

お弁当も持参です。

5時30分に起きて、作りました。

幸い、朝には熱も下がり、体も楽になっていました。

次子が、「昨日、熱は何度あったん?」

「38度4分。」と答えると、

「えーっ!」


そう、誰も私が本当に熱があって、しんどいとは思っていなかったのです。

本当は体温など計らなくても、自分ではどのくらいかはわかります。

でも、計ってアピールしなければ、誰もいたわってくれないのです。

多分、常日頃、てきぱきと仕事をこなしているお母さんなら、

ちょっと様子がおかしいと、気づいてもらえるのでしょうが、

いつも、グータラな生活を送っている私のこと、

見分けがつかなかったのかもしれません。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-15 11:46 | 生活 | Trackback | Comments(4)

切り干し大根

今年も余りました、大根。

毎年余るのに、毎年たくさん種をまいてしまうのですね。

だから、切り干し大根です。

f0088647_1165139.jpg


細切りと、
f0088647_11161918.jpg


薄切りと、
f0088647_1116384.jpg


ニンジン入りも作りました。
f0088647_11212622.jpg


去年だったか、もっと前だったか、同じように作ったのだけれど、

ろくに料理にも使わず、捨ててしまったことがあります。

今年こそは、頻繁に料理に使うぞ〜!


味見をすると、とても甘いのです。

調子にのって、おやつのように食べていると、

胃がむかむかしてきました。

いけない、いけない、これはかなり消化が悪いぞ。

ちゃんと正しく食べることにします。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-15 11:23 | 料理 | Trackback | Comments(4)

料理ネタが続くよ もんじゃ焼き

なんだか、お料理ばっかりだね〜。


先日、小学5年生の次子が、クラスでもんじゃ焼きを作ったよ。

おいしかったようで、家でも作りたいと、熱望。

あまり、気が進まなかったけれど、決行しました。

気が進まなかったのは、以前もんじゃ焼きの素かなにかを

貰って、作ってみたものの、気持ち悪くなったから。


今回は、ネットでレシピを検索して、その通りに作りました。

f0088647_041915.jpg


大量のキャベツと、イカや豚肉、天かすなど、お好みの具と、

小麦粉とウスターソースを水で溶いたもの(ソースの一部を醤油に置き換えました)

を混ぜて、まず、個体の部分だけをホットプレートに入れて、焼く。

そこそこ火が通ったら、ドーナツ型にして、真ん中に残りの生地を流し込む。

生地が透明色になって、火が通ってきたら、周りの具と混ぜ合わせる。

へらで焦げ目をつけながらいただく。

f0088647_093457.jpg


茶色いのはお肉ではなく、焦げ目がついた生地です。

f0088647_010268.jpg


これは、コーンやチーズを入れて、溶き卵を流しました。


子供たちにはおおむね好評。

私も、ビール片手にそこそこ食べました。



but, 夫は拒絶。

どうしても、気分が悪いときに口から出てくるものに思えるらしく、

私が、念のために用意しておいた焼きそばを食べました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-14 00:14 | 料理 | Trackback | Comments(10)

グリーンカレー

長い間、食べたいと思っていたグリーンカレーを、

自分で作ってみました。

f0088647_1739022.jpg


電気照明の下では、黄色くなって、色がわかりませんね。

ほのかに緑っぽい白です。

これはタイ料理らしいので、添えるのはタイ米なのでしょうが、

今回は雑穀のキヌアです。



なんせ田舎の貧乏暮らし、おしゃれにカフェでランチなどの

経験はほとんどないのですが、去年、友達に連れて行ってもらった

アジアンなレストランで初めて食べました。

何とも不思議な味。

とってもマイルドなのだけれど、のどを通った後に感じる辛み、

何のにおいか、想像もつかない香り。

どうやったら、こんな味付けができるのだろうと、不思議だった。


レシピを検索すると、どうやら、グリーンペーストなるものを使うらしい。

ああ、誰も香辛料を一つ一つ選んで作ったりはしていないのだとわかる。

そこで、そのペーストを買ってきたら、あらま、簡単。

その時の不思議な味が再現できました。

グリーンカレーには、なすびが定番だとどこかに書いてあったけど、

私がレストランで食べたものには大量のタケノコが入っていました。

なので、私もタケノコをメインにニンジンと鶏の胸肉を入れました。

後は、グリーンペーストと、ココナッツミルクとナンプラー。

もう、すぐにできちゃいました。

私は大満足していますが、子供たちは辛いと受け付けません。

夫は辛いといいながら、一応食べてくれました。


カレーペーストが大量に残っているので、

あと、5〜6回は作らないといけないのに....どうしよう。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-13 17:53 | 料理 | Trackback | Comments(4)

おたべ 作りました。

おたべ、夕子、いろんな銘柄があるけれど、

要するに、あんこ入り生八つ橋を作ってみたよ。

f0088647_902373.jpg


生地にシナモンを混ぜてます。

砂糖を茶色いのにした為、色がかなり濃いです。



中身のあんこは、砂糖の代わりに、デーツを刻んでいれました。

f0088647_924180.jpg


このデーツ、ナツメヤシの実です。

もちろん初めて食べたのですが、

プルーンやレーズンのような酸味はなく、

干し柿にかなり近い味でした。

レモンごはんのレモンちゃんに、勧められて、

あんこの甘みに使いました。

正直言って、こんなので甘みがつくのか、

疑っておりましたが(笑)、

大丈夫です。

十分な甘みがつきました。

砂糖ばかりに頼らず、いろんな甘みを料理に取り入れることも、

大事なことかなと。

レモンちゃんは、米飴、メープルシロップなどを、

上手に使い分けておられます。

なんせ、高価な食材だけに、大食漢を抱えた庶民が常用するのは、

しんどいですが、お肉やお魚を減らした分で、

この辺りにお金をかけるのも、一つの選択ですね。



ああ、肝心のおたべ、大好評でした。006.gif
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-12 09:32 | 料理 | Trackback | Comments(8)

次子が作ったお昼ご飯

この前の日曜日に次子が作ってくれたお昼ご飯。


f0088647_17584843.jpg

ニンジンと豆腐のみそ汁とご飯。

f0088647_1759957.jpg

私は玄米ご飯。かために炊いた白米もおいしいけれど、

柔らかく炊いた玄米も味わい深くておいしい。

f0088647_17593633.jpg

塩鮭。ご飯にはあうよね〜。

f0088647_180497.jpg

イカナゴの釘煮。

播磨灘で海難事故があったため、かなりの重油が流れ出したとか。

もう、食い納めになるんじゃないかと心配しながら、いただいた。

これも、ご飯が進む、進む。



いつもは細長いテーブルで食事をするけど、

次子の要望で、こたつで食べてみた。

四角いこたつの真ん中におかずを置いて、

四方から、みんなでつつく。

すごく食べやすかった。

昔のちゃぶ台はこんな感じだったのかなって。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-11 18:11 | 料理 | Trackback | Comments(6)

最後はミートソース

高きびリレー、最終走者はミートソース。

一度に200ccの高きびを炊いて、カレー、麻婆と使ってきた。

今回のミートソースで終わり。

ミートソースと言えば、缶詰やレトルトを食べてきた我が家の面々。

私が作るより、それの方がおいしいと、作り手としては屈辱的なことを

言われてきたメニュー。

今度こそ、「おいしい」と言わせたい。

f0088647_12333084.jpg


今回は、ひき肉なしで高きびに頑張ってもらおうと、

肉をとばして調理していた。

煮込みの途中で、やっぱり違う、味が違うと、

何度も何度も味見をしたが納得がいかず、

「あかん、お肉入れよう。」と決断。(そんな大げさな(笑))

ひき肉を炒めて投入。(多分100g位)

やっと落ち着いた。

多分お肉を入れなくても、それなりにおいしくできたと思う。

でも、それはミートソースではない。

高きびトマトソースだ。


高きびがいい具合にとろみを付けてくれた。

「おいしい?」

「おいしい!」

よしよし、レトルトに勝ったかどうかは知らないけれど、

とりあえず、合格。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-10 12:54 | 料理 | Trackback | Comments(6)

次は麻婆豆腐

高きびリレー、次の走者は麻婆豆腐。

前回、高きびを買ったときも作った自信作。

(進歩がないとも言う。)

f0088647_19331879.jpg


今回はひき肉も少し入れた。

もっと潔く、高きびだけに任せておけばよいものを、

ちょこっとひき肉の力を借りてしまいました。(笑)

ということで、高きびの存在は、全くわからず。

とろみが少なかったのは、高きびの煮方が足りないのだと思う。

でも、まあいい感じ。

雑穀料理、お遊びみたいで、結構楽しい。
[PR]
by senbe-2 | 2008-03-08 19:48 | 料理 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧