<   2007年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

カウンター

この前の休日、夫がホームセンターで板を買ってきた。

幅28センチ、長さ270センチ。

家に帰ってきてから、切り込みを入れ、きれいに磨く。

f0088647_20324746.jpg


オイルを塗って、乾かして、窓辺にセッティング。

f0088647_20341824.jpg


カウンターの出来上がり。足は大型スピーカー。

せっかくだから、「ちょっとココで、お茶しよか。」と、

一休みしてみた。

ちょっとしたカフェ気分を味わえるかと、期待して。

でも、南向きの明るい窓の下、そこは物干し場だった。



オイルが乾いた48時間後、当初の予定通り、

多肉植物他、室内組の指定席となった。

f0088647_20494661.jpg



去年から、夫が育ててる多肉植物たち。

この可愛さが癒しなのかな。

f0088647_2162314.jpg


f0088647_2164226.jpg


f0088647_2165240.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2007-01-31 21:08 | 生活 | Trackback | Comments(4)

EMぼかし

生ゴミ堆肥の最初のバケツがいっぱいになった。

買ってきたぼかしも、使い切ってしまった。

夫がぼかしを仕込んで約1ヶ月。

f0088647_20434867.jpg


保存の為に天日で乾かすとよいらしいので、

バケツをひっくり返して、日干した。

f0088647_2044201.jpg


干す前はじめっとして、固まっていたので、

使うたびにほじくり返す必要があったけど、

干したら、買ってきたぼかしの様に、さらさらになり、

使いやすくなった。

どんどん貯めるぞ、生ゴミ堆肥!



広げたぼかしの右上に写っているのは、制作中の帽子かけ。

土台をどうするか、検討中のようだ。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-30 20:51 | | Trackback | Comments(3)

白い花

数年前にご近所さんから頂いた白い花。

f0088647_825243.jpg


毎年可愛く花を咲かせるのに、名前を知らなかった。

調べてみたら、オキザリス バーシカラーという、

カタバミの仲間でした。

f0088647_8332159.jpg


カタバミだと言われたら、なるほどうなずけます。

天気の良い日は満開になるけど、曇った日は半開きだったり、

しぼんだままだったり。その辺に咲いている黄色いカタバミや

ピンクのカタバミとよく似ています。

12月の写真だけど、しぼんだ状態がこれです。

f0088647_8373763.jpg


写真は天気の良い日の朝、今から開くぞーっという時のもの。

冬に元気に開花し、球根なので、毎年勝手に咲いてくれる、

優等生の花。おすすめです。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-30 08:44 | | Trackback | Comments(1)

残念!

日曜のお昼だというのに、私はお昼ごはんも作らずに、

パソコンで、ごそごそしていた。

お腹がすいた長子、

「何か作りたいな・・・。ロールパン作るわ。」

「今からパン作っても、お昼には間にあわへんで。」と、私。

「じゃあ、おやつに・・・」と言って、本を見ながら、

一人で作り始める。

材料をまぜ、コネコネ始めた。

f0088647_19394639.jpg


器械ではなく、自分で捏ねたいと言う。

そばでは、私もやりたいと、次子が待機してる。

生地がまとまり、台の上で、バン、バン、やり出した頃、

「この生地、からいー!」と長子が言う。

ちょっと味見したら、この間仕込んだお味噌くらいのからさ。

「お塩どのくらいいれたん?」

「9グラム。」

「何で計った?」

「いつもの計りで9グラム計った。」

そう、いつもの計りとは次子の前にある、赤い計りのこと。

これは、一目盛り10グラム。

10グラム以下を計る時はもう一つのデジタル計りを

出さなきゃいけなかった。

そんなこと、長子は知らない。

結局、彼女は90グラムの塩を混ぜ込んだことになる。

落ち着いて考えれば、わかることだけど、

初めてのパン作り、うっかり間違えても、責めることはできない。

「どうしよう?」

「しょうがないやん。このまま焼いても、食べられへんから、捨てよう。」

「えっ・・・・。」

「この生地使ってパンを焼こうと思ったら、10倍の材料がいるよ。

捨てるのがいやだったら、とりあえず、袋にいれといたら?」

ということで、袋に入れ、捨てられるでもなく、

キッチンの片隅に置かれている。



晩ご飯の時、パスタみたいにならないかな?って思った私、

ブロッコリーを茹でる前に、チョビットだけ、ちぎって、薄くのばして、

茹でてみた。

からかった。

やっぱり無理だ。


明日はゴミの日。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-28 19:46 | 料理 | Trackback | Comments(4)

玄米いなり

お寿司は玄米でいこう。

先日の「カリフォルニア巻き似」の成功時に決めた。

そして、今日、玄米でおいなりさんを作った。

f0088647_12403897.jpg


誰も中身なんぞ、気にしちゃいない。

ただ夫から、「ごはんがベチャベチャしてる。」と、

厳しい指摘を受けた。

確かに、蒸らし時間が足りず、見切り発車で酢を合わせたのだった。

見てのとおり、玄米といっても、皮が茶色いだけだから、

炊いたら、中の白い色が見えて、それほど茶色いわけじゃない。

お寿司だと、臭いも気にならない様子。


玄米推進委員長は、確かな手応えを感じた。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-27 12:56 | 料理 | Trackback | Comments(6)

柚胡椒チャーハン

ゆずこしょうを買って、一度、青菜のスパゲティー

ゆずこしょう味ってのを作った。

ところが家族に不評で、その後ほったらかしだった。

←レモンごはんさんが ゆずこしょうチャーハンを作られてたので

ちょっとまねしてみた。

お昼に、私がひとりで食べるのに、わざわざ料理をするという、

めったにない行為。そんな時しか、使い道がないのだから仕方ない。

f0088647_21491560.jpg


中身はセロリの葉っぱとたまごそれにゆずこしょう。

おいしかった。でも、お昼にこんなにしっかり食べたのは久しぶり。

おやつに、何もなかったから、以前のかき餅を揚げて、つまみ食い。

ついつい食べ過ぎて、晩ご飯時にお腹がすかなくて困ったよ。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-26 21:57 | 料理 | Trackback | Comments(4)

柚を使って

柿やキーウィーをいただいたお宅の柚の木に、

まだ、柚がたくさんなってるので、あつかましくも、

「柚くださーい。」といって、もらってきた。

f0088647_115418.jpg


この木は、柚といっても、種類が違うらしく、オーナーの話に寄れば、

実は小さいし、香りも少し劣るらしい。

でも、皮もきれいなレモン色で美しい。


畑にたくさん残ってる大根を消費するために、

柚大根を作った。

ゆず味の軽いお漬け物。

f0088647_1158277.jpg


昔、京都のお土産といって、「大安(ダイヤス)の柚大根」という

お漬け物をよくいただいた。その味に近いと思う。

宣伝するわけじゃないけど、探したら、似たのがありました。

ココです。

作り方はこちらを参考にしました。



残りの柚ときび砂糖で、柚ジャム。

f0088647_11585898.jpg



レシピはいろいろあったけど、

義母は柚の皮を一度ゆでこぼすと言ってたので、

その通りにした。

後は柚の1/3の重量比のきび砂糖とゆず果汁、

それと種を出汁袋に入れて、一緒に煮た。


適当に作ったけど、まあまあの仕上がり。

手作りジャムは実が多いのがいい。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-26 12:20 | 料理 | Trackback | Comments(5)

今日のおやつ

今日はおやつが何もなかった。

子供たちの帰宅予定前10分頃、そのことに気づいて、

あわてて作った、フレンチトースト

f0088647_19142878.jpg


材料は食パン3枚。

たまご、砂糖、牛乳、バニラオイル。それと油。

牛乳は控えた方が・・・といいながら、たっぷり使った。

砂糖もたっぷり、高カロリー。

f0088647_1917542.jpg


みなさん、ぺろっと食べちゃいました。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-25 19:18 | 料理 | Trackback | Comments(6)

タマネギ追肥

久しぶりに畑仕事。

もう天気が良くて、風もなく、ぽかぽか陽気のお昼前、

タマネギ畑に肥料を入れてきた。

有機肥料を入れたらいいんだろうけど、

手っ取り早く、化成肥料ですます。

このいい加減さが長続きの秘訣。

f0088647_14303932.jpg


畑の草、今回1時間くらいかけて、タマネギまわりだけむしった。

他にも気になる草はたくさん生えてるけど、

完璧にしないのが長続きの秘訣。

そう、自分に言い聞かせて、畑を後にした。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-25 14:34 | | Trackback | Comments(4)

お味噌の仕込み

義母がお味噌造りをすると聞いて、

便乗することにした。

彼女の場合、麹作りから始まる。

「明日ぐらい麹ができると思うから、くるか?豆も炊いとくから。」

と、嬉しいお誘い。

ところが翌日、

「失敗してもた。ちょっとお客さんが来て、しゃべりすぎたら、

温度が上がりすぎて、納豆菌がでてしもた。

時間かけたらちゃんと麹になると思うけど。」

との連絡。

大豆は炊けているらしいので、それだけ取りに行って、

米麹を買って、ひとりで仕込むことにした。


麹を買いに走る。

f0088647_2292636.jpg


結構お高い物なのね。ところが欲しい麹の2/3しか手に入らず。

f0088647_22125533.jpg


仕方なく、豆の2/3だけ使ってお味噌を仕込むことにした。


柔らかく炊いた大豆

f0088647_22271538.jpg


1つつまんでみたら、おいしい。

今晩のおかずにこれで何か作ろうかな・・・どうせ余ることやし・・・・。

ああ、こんなこと考えてたら、作業がすすまへん。

つまみ食いはやめとこ・・・。

とりあえずつぶして・・・

f0088647_22272934.jpg


ネットで見つけたつぶし方。ポテトマッシャーで一気につぶす。

意外と簡単。すぐに作業が終わってしまった。

f0088647_22275072.jpg



塩を混ぜた麹と合わせて、混ぜ混ぜ・・・・。

手がふさがってるので画像はなし。

ボール状にまとめて、瓶のなかにたたきつけて、空気抜き。

f0088647_2228564.jpg


あれれ・・もうできてしまった。


「お味噌を手作りしよう」なんて言うけど、そんな大袈裟なもんじゃないね。

問題は、お味噌じゃなくて麹だ。

麹を手作りしてこそ、手作り味噌と呼べるような気がしてきた。

それに麹は案外値が高い。

私の様に家計を助けるためにお味噌を作るなら、

麹も作らないと意味がないかもしれない。
[PR]
by senbe-2 | 2007-01-23 22:39 | 料理 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧