<   2006年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

年末にお出かけ

お友達家族に誘われて、淡路島に行ってきた。

ちょうど寒波がやってきた日だった。

寒くて外に出たくはなかったけれど、

せっかくなので、頑張って外で遊んだ。

f0088647_2050040.jpg


それも、水の上のフィールドアスレチック。

落ちたら最後、後は寒さとの戦いだ。

f0088647_20532825.jpg


この後、末男は最後のボールから足がはずれ、

みんなの期待通りに、水の中へ。

f0088647_20545493.jpg


その後のボード渡りは難なく成功。

私はこの色板に載って、あわや沈みそうになった。

危ない、危ない。


冷えた体を温めに、この後温泉に直行。


鳴門海峡大橋も、立ってられないくらいの強風だった。

f0088647_2133099.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2006-12-30 21:04 | 遊び | Trackback | Comments(0)

お手伝い

私が小学生の時、学校の宿題にお手伝いが出された記憶はない。

出されなくても、お風呂を焚いたり、洗面所を洗ったり、

玄関を掃いたり、ちょこちょことはやっていた。

楽しくはなかったけれど、やるのは当たり前だった。

わざわざ宿題になるのは、仕事をしない子供が増えていると言うことか。



末男が「掃除機ならボクにお任せ」

というレポートを書いてしまったらしい。

ええかっこしいなので、ついつい他の子がやりそうにない

お手伝いを書いてしまったのだろう。

仕方なく、滅多にやらない掃除機をかけていた。



f0088647_20401443.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2006-12-30 20:44 | 生活 | Trackback | Comments(2)

長椅子

とある医院の玄関先においてあった長椅子。

f0088647_16223822.jpg


お迎えの車を待つお年寄りや、

けがをした人たちへのちょっとした心遣いだ。

座り心地は、特別良さそうではないけれど、

アンティックなデザインに、惹きつけられるものがあった。

丁寧に使われてきたのだろう。シートも全く破れていない。

ものを大切に、末永く使う。

当たり前の事を、あらためて、感じさせてもらった。
[PR]
by senbe-2 | 2006-12-27 16:34 | 生活 | Trackback | Comments(0)

気分はパティシエ

クリスマスなのに、ケーキを作れなかった。

ごちそうも作れなかった。

そしたら、25日になってから、長子が、

「私がケーキ作るよ。」と、言ってくれた。

この際、任してみよう。

スポンジだって、ちょっとアドバイスすれば、作れただろうけれど、

今回は、私に余裕がなくて、市販のケーキ台を購入。

飾り付けを、全部長子に任せた。

「パティシエの気分や!」と本人は喜んでいる。

それに、今日は、私が口出しをしないので、思うようにデザインできる。

f0088647_22375780.jpg


生クリームの泡立てから、後かたづけの洗い物まで、頑張った。

ありがとう。助かったよ。

おかげで、1日遅れかもしれないけど、みんながクリスマスを祝えた。


(注) ケーキの真ん中があいて、困っていたので、助け船を出した。

    この間のクックパッドのメールマガジンに載ってた、

    いちごのサンタの作り方を、伝授。おかげで、

    クリスマスっぽくできあがった。

f0088647_22455268.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2006-12-25 22:45 | 料理 | Trackback | Comments(2)

冬休み

今日から冬休み。

学校から、上靴などを持ち帰ってきた。

「自分の靴は自分で洗う。」

これは、長子が幼稚園の時からの私の方針。

たとえ新学期が始まるまで、子供たちが洗おうとしなくても、

私は絶対手出しはしない。

そう決めて、今まで無理矢理でも頑張らせてきた。

実際には、私が毎日毎日、何回も声をかけ続けて、

渋々やり始める状態。


今回、私は、別のことで頭が重く、

何日も、子供たちに声をかけ続けるか、

この際、私が全部洗ってしまうか、考え、

後者を選んだ。

煩わしいことを、少しでも減らしたい気持ちで、

「みんな、靴をだしなさーい。洗ってあげるから。」

と言ってしまった。


上履き、体育館シューズ、登校靴、お一人様3足ずつ。

末男は登校靴が2足あるので、全部で10足、計20個。

f0088647_1343668.jpg



所要時間1時間15分。

前屈みで洗い続けた。

自分の中で、煩わしいことを1つ減らせたが、

もう二度と手出しはしない。

と心に決めた。
[PR]
by senbe-2 | 2006-12-23 13:46 | 生活 | Trackback | Comments(4)

嬉しかったこと

地主さんの奥さんがうちに来て、

「大根1本くれへんか。」と言う。

「1本でも、2本でも、3本でも、4本でもどうぞ。」と答えた。

それにしても、こんな事はあり得ない話。

地主さんの畑にはたーくさんの大根が植わってるはずなのに、

なぜ、育ちの悪い私んちの大根が、いるのか?

「芋版か何かの版画で、小さい大根でもいるんですか?」

大根で芋版など作るはずもないのに、的はずれな質問をする私。

「いやぁ、うちの大根は、スが入っちゃってね。」

「そんなことなら、いつでも取っていってください。」


暖冬で、野菜が育ちすぎて、栄養たっぷりの畑で育った大根に、

例年より早く、スが入ってしまったらしい。


うちの大根は、毎年ス入りが遅い。

育ちも悪いけど、それはそれでいいこともあると再確認した。


約1時間後、どんぶり1杯の白和えが届いた。

f0088647_16392129.jpg


これは5分の1。

私も5年に1回ぐらい、白和えを作るが、私のはほうれん草とこんにゃくだけ。

このあたりでは、ニンジンも大根も

もちろんほうれん草やこんにゃくも入っているのが主流。

その日の我が家のメニューに大変よくマッチした。

f0088647_16441499.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2006-12-21 16:45 | | Trackback | Comments(2)

お菓子断ち その後

前回の報告から、約2週間が経過した。

また1㎏減った。

試しに、高校3年生の時に買ったスカートをはいてみた。

実はダイエットの前にも一度履いていたのだけれど、

その時はウエストが全く閉まらなかった。

2週間前は、ギューッと締めて、とりあえずフックが届いたが、

はち切れんばかり。

そして今回、きれいに留めることができた。バンザーイ!


実は、お菓子断ちと言っても、かなり食べている。

夫が連日の様に買ってきてくれるドーナツも、食べているし、

お土産のチョコレートも、一粒だけね、と言い聞かせて、食べている。

この前のクッキーも食べたし、フリーマーケットで購入した、

他のお店のお菓子もかなり食べた。

ご飯は以前と全く同じように食べている。

なのに減った理由は、何なのか?


やはり、玄米か?

1日2回、朝と夜は玄米を食べている。

腹持ちがいいので、昼までは、何も食べなくて過ごせる。

その上、排便が規則正しくなった。(以前は便秘症だった)

朝ご飯をしっかり食べてると、お昼ご飯が軽くても、夕食まで我慢できる。

とはいっても、大抵おやつの時間に、少し何か食べてるんだけどね。


今日は夕食後に、友達が焼いてくれた栗入りのシフォンケーキを

紅茶と一緒にいただいた。

f0088647_0444990.jpg



そこそこ食べても、大食いをしなければ、徐々にやせるのだ。

油断はできないけれど、後2㎏。

目標に向かって、精進することにしよう。
[PR]
by senbe-2 | 2006-12-21 00:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの気分転換

以前から、チケットを買っていた、甲子園ボウルへ行ってきた。

アメリカンフットボールの東西大学王座決定戦。


久しぶりの甲子園。昔阪神タイガースが弱かった頃は、

シーズンに1回くらいは観に行ってたけど、

最近はチケットが取れなくて、ご無沙汰してました。


甲子園は改装のため、すでに外壁の1塁側の蔦がはぎ取られている。

改装後、また蔦を植えるらしいが、元通りになるのは10年先らしい。

3塁側に残った蔦はこんな感じ。

f0088647_20424514.jpg


f0088647_2043092.jpg



肝心のアメフトは、応援していた関西学院大学が法政大学に僅差で負けた。

途中で雨に降られ、雷も鳴って、試合が中断し、

それでもカッパを着て、応援し続けたのに、残念だった。

でも、見応えのある試合でもあった。

f0088647_21183279.jpg



その後、神戸に戻って、神戸市立博物館で開催中の、

「オルセー美術館展」に行った。

もし、パリに行けたら(そんなことはあり得ないけど)、

ルーブルよりオルセーに行きたかっただけに、

観ておきたかった展覧会。夕方限定入館のペアチケットで、

時間がなかったのが少し心残りだった。


そして、ルミナリエ。

f0088647_2114295.jpg



お腹が空いたから、元町駅高架下の丸玉食堂へ。

f0088647_2133844.jpg


f0088647_2135966.jpg


f0088647_21501.jpg


はっきり言って、愛想のないお店だけど、

薄味の中華でとっても食べやすかった。



ルミナリエの為か、かなりのお店が遅くまで営業していて、

お店散策もでき、田舎者のわたしは、街の空気をいっぱい吸って、

帰路についた。

f0088647_21204184.jpg

[PR]
by senbe-2 | 2006-12-19 21:22 | 遊び | Trackback | Comments(4)

今日のおやつ、じゃなくて商品

長子がフリーマーケットでお店を出すことになった。

自分のもっているアクセサリーやら、キーホルダー、文房具、本

と、手作りクッキーを売りたいと言う。

「なら、クッキーは頑張って作ろうよ。」と言うことになり、

私も少しお手伝い。

レシピは、ココ からいただいた。


f0088647_14432275.jpg


f0088647_14434191.jpg


f0088647_14435710.jpg


f0088647_14445611.jpg


f0088647_1445932.jpg



長子の担当は生地作り、その後の成形は私が担当。

バターたっぷりで、とってもおいしいクッキーができた。


全部で22袋、一袋にクッキー5,6枚。重さで95グラム前後。

フリマ会場は、小さな集会所の庭で、販売時間はたったの1時間。

行ってみると、手作りお菓子のお店がいーっぱい。

「あちゃー!」と思ったけれど、

早めに完売できました。「ホッ!」


アクセサリーも順調に売れ、長子のフリマデビューとしては、

まあまあの結果となりました。
[PR]
by senbe-2 | 2006-12-19 14:59 | 料理 | Trackback | Comments(6)

帽子 その2

編み物第4弾、夫の帽子。

f0088647_12385834.jpg


f0088647_12392219.jpg


f0088647_12393434.jpg


いま、家に誰もいないので、むさし君にモデルをお願いした。

むさし君は、結婚前から飼っている私の犬。

さだまさしさんのコンサート会場で出会った。

近頃は、おもちゃ箱の底で寝かされていることが多い、かわいそうな犬だ。

久しぶりに、たたき起こされ、無理矢理帽子をかぶせられ、

ご機嫌がよろしくないようす。


夫の頭は、もっと大きいので、縁を折り返すことなく、

すっぽりかぶることになる。

2枚目の写真はズームしすぎて、編み目の乱れが目立つ。

修行がたりないなー。


「ボクのしっぽに免じて、勘弁してやってください。」

とむさし。
[PR]
by senbe-2 | 2006-12-15 12:54 | 縫い物 | Trackback | Comments(8)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧