カテゴリ:生活( 309 )

連休2日目

もう2日目が終わってしまう。
ちょっと焦ってます。

今日したこと。

タンスの片付け(ほぼ完了)
銀行回り
日用雑貨の買い物
美容院でカット
読書の続き

畑に手を付けない限り、やった感が湧いてこない。
こんな秋晴れの日はさぞかし紫外線も厳しいことだろうと、
ひるんでしまう私。
明日は晴れていても、外に出るしかないな。
覚悟しよ。

今日、楽しかったのはなんといっても髪の毛のカット。
いすに座ったままでシャンプーもしてもらえて、
きれいさっぱりカットしてもらって、
ブローしてもらって、ほんまに幸せな時間だった。
毎回ショートカットのショート具合がエスカレートしてます。
今回は刈り上げ手前ギリギリの長さにしてもらいました。
ベリーショートと言ってもいいくらい。
しばらくは髪の毛がまとまらないというストレスから解放されるわ。
やっほー。
[PR]
by senbe-2 | 2013-09-24 21:28 | 生活 | Trackback | Comments(2)

7連休

お久しぶりです。
今日からわたくし7連休でございます。
こんなに長いのは初めてで、ワクワクしているのです。
とは言っても、最優先事項はグチャグチャの畑やら、モノであふれる家の中などを
何とかすることであり、
その次が仕事関係の準備、その合間に読書やおでかけ。

書き出してはいるのですが、どこまでやれるか、
ここに書いて励もうと思います。

すでに1/7が終わってしまいました。

今日したこと。
食料品の買い出し
和室のタンスの片付け(途中)
お墓参り
読書(64-ロクヨン)
職場のゴミ出し

さあ、明日もがんばろ。
[PR]
by senbe-2 | 2013-09-23 21:52 | 生活 | Trackback | Comments(2)

リサイクルデー

f0088647_17523845.jpg

私たちが住んでいる自治体では、古紙やらアルミ缶などの回収を
小中学校のPTAが行っています。
そして今日はその回収日。
回収する仕事もやりますが、その前に我が家の古新聞や段ボールを
ひもでくくらなければなりません。
これは誰の仕事ということもないけれど、
スケジュールを把握しているのが私だということで、
たいてい私がやるか、家族の誰かに頼んでやってもらっています。

前々からわかっているのだから、早めに準備すればよいのだけれど、
ついつい後回しになって、最後の夜を迎えた昨日。
毎日のことですが、帰宅してご飯を作って食べて、
さあ、後片付けという8時半頃、疲れはピークに達していて、
5時起きの体は言うことをききません。
食器洗いもきついけど、その後の新聞くくりを考えると、
もっときつい。
「誰か助けて〜。お父さん、末男、頼む〜。」

2人とも反応がよろしくありません。

次子はテスト前なのでかわいそうかなと思っていましたが、
その次子が、
「食器洗い、半分したるわ。」
そういわれたら私もやるしかないわけで、
頑張って2人で食器洗いを終えました。
一足先に手が空いたわたしが、
「やるしかないな」と紐とはさみを持って、
新聞が入っている棚を開けると、


そこには、きっちりと紐でくくられた新聞紙の固まりが4つ、
きれいに並んでおりました。


やられました。

次子さん。

「ありがとう、ありがとう。明日がリサイクルやってよう気がついたなあ。」

「うん、冷蔵庫に貼ってあったから。」

「今度なんかおいしいもん買ってくるわな。」

もう私にできることはそれくらいか。

段ボールを置いているコーナーに目をやると、
そこにも紐でくくられた段ボールがこっそり置かれていました。



冒頭の生け花は、
華道部に入った次子の作品。
先生が生けてくれた見本とは全く違う生け方でした。
これはこれでいいんじゃないかなと思うのですが・・・。
先生がご覧になったら、泣くやろなあ。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2013-06-30 18:00 | 生活 | Trackback | Comments(8)

ちょっとリセット

お久しぶりです。

3月4月、今思えば忙しかった。
ゴールデンウィークに入り、少しかたまった休みがとれて、
畑や家の掃除やらができたよ。

畑は今年は次子に頑張ってもらいました。
不耕起栽培をしようかと思いつつ、今年もきっちり草かって耕して
畝をたてました。
今日、トマト、キュウリ、ピーマンの苗の植え付けと、
インゲン、オクラの種まき完了。
気になっていたことが一つできて、すっきり。

f0088647_16295874.jpg

yukarimがホットサンドを作っていたので、私も作ろうって思ったら、
材料のハムがない。ハムとチーズでクロックムッシュにするつもりだったのに。
いつもは入れないマヨネーズを入れたらぜったい末男が喜ぶだろうと思っていたのに・・・。

ここは気を取り直して、別の作戦に出ました。
f0088647_16335024.jpg

パンにケチャップを塗って、冷凍ハンバーグ(最近冷凍食品に手を出した私)を
適当に切ってのせる。タマネギのみじん切りを入れて、
マスタードをかけて、キャベツの千切りをたっぷり入れて、
その上にマヨネーズをかけて、
f0088647_16354690.jpg

チーズをのせて、パンをかぶせる。

それをホットサンドの型に入れて焼く。
じゃーん!
f0088647_16364270.jpg


あんなにてんこもりした割にはペッちゃんこになりました。


ところで冷凍食品。
今まで7年間のお弁当作りで、一度も使わなかった冷凍食品ですが、
最近バンバン買ってます。(笑)
特にこのハンバーグがお気に入りで、ファーストフードのハンバーグそのままなのです。
もちろん家で作ったハンバーグが一番おいしいけれど、
これはこれなんだな。

堅いことをいえば、使わないに越したことはないけれど、
まあいいかと適当に手を抜いてます。

こんな感じで元気にやってます。
[PR]
by senbe-2 | 2013-05-07 16:56 | 生活 | Trackback | Comments(4)

合格お祝い

高校3年生の長子の進学が決まった。

自分なりに行きたいと切望していた大学で、
模試ではたいていE判定。
そんな大学の最初の試験に合格し、
本人も家族もびっくり。

ネットで合格を確認した長子が送ってくれたメールには、
!マーク55個が2回。

家でひとり確認をしていた彼女の興奮を
よく表現していました。

仕事が忙しく、13時には送ってくれたそのメールを私が確認したのは、3時過ぎ。
そばに居た、ず〜っと年下の職場の先輩に思わず抱きつきました。(笑)

f0088647_2295320.jpg


これはその日の夕食。
次子が家庭科の調理実習で作った親子丼ぶり、吸い物、ほうれん草のおひたしを、
家で再現してくれました。
奥のお花も次子が華道部の体験入部で生けてきた、
バレンタインアレンジ。
ちょうど、次子から長子へのお祝い膳のような形になりました。
[PR]
by senbe-2 | 2013-02-15 08:43 | 生活 | Trackback | Comments(14)

日記をつけてみる

ご無沙汰しております。
f0088647_11101978.jpg


夏休みの始めに、生活目標を設定したわたし。
反省をするもしないも、既にこの夏をどうすごしたかさえ、覚えていない。
お湯のみ生活をする習慣だけは、今も続いているので、そこそこできていたのだろう。

読書時間の確保は今もってなかなかできていない。
家事を放棄して読書を優先させるという形で、なんとかやりくりしている。

片付けの時間の短縮もできていないなあ。
ただ、片付いていると、心が安らいで、やる気が起こるから、
やる気がないときは、一カ所だけきれいにして、自己満足に浸っている。
そんなことがわかったということだけでも、よしとするか!



ところで、本題の日記。

先日、仕事中に手から離れなくなった本がこちら。

「日記の魔力」表三郎 著

予備校の講師であり、日記伝道者の著者は、
日記は行動の記録であり、感想を書くものではない。
そして、書いた記録を読み返し、自分を客観的に観察して、
未来の人生に役立てていくもの、としている。

今日の反省や感想を書くのは、時間がかかりそうだけれど
起こったことを時系列に並べ立てるなら短時間で書けそう。

記録から、家事にどのくらいの時間を使ったか。
このメニューだと晩ご飯の支度が30分でできたとか、
自分の睡眠パターンから、この時間は眠いから仕事にならない、
など、時間を有効に使うヒントが得られそうな気がした。

今日は長子がセンター試験に挑んでいるが、
そんなことも、ノートの端っこに記しておくことで、
その日がよみがえるというものだ。

100円ショップでノートを買い、
4日前から付けている。

その本を、昨日図書館の利用者がカウンターで貸し出し手続きをされた。
思わずその人に声をかけましたとも。
お互いに頑張りましょうねと声を掛け合って、借りていかれた。

この本のことを同僚に話したら、
彼女も早速つけ始めた。
これで、2人、日記仲間ができた。


ブログをこんなに放置している私が、
日記を付けるなど、続く訳がない・・・・かもしれないが、
ちょっとま、やってみようかな。

もしかして、人生がもっと楽しくなるかもしれへんし。(笑)



トップのスコーンは、秋頃に末男が作ったもの。
勉強のほうは、・・・・だけれど、こういうことだけには、
まめなやつ。

混ぜる力は有り余るほどあって、
すごく滑らかになるまで撹拌できたからか、
とっても上手に焼き上がった。
私のより、ずっとずっと旨かった。
[PR]
by senbe-2 | 2013-01-19 11:16 | 生活 | Trackback | Comments(6)

こどもの日と母の日

5月ももう後半。
今更こどもの日もあるまいと思うけど、
一応記録として書いておこうと思う。

仕事を始めたこともあって、
なかなか手つかずだった畑。
5月に入って、やっと形になりました。

f0088647_21181539.jpg

この日はこどもの日。
こどもの日って子供が働く日だったっけ?
もちろん私も頑張っているのですが、
ひとりにさせるのはかわいそうだと思ってくれたのか、
末男と次子が手伝ってくれました。

ご褒美はアイスクリームね、と約束しておきながら、
まだ買ってあげてないことに、今気づきました。(汗)



f0088647_21215789.jpg

義母が作ってくれた柏餅。
いつも通りおいしくいただきました。
塩加減が絶妙です。


そして迎えた1週間後の母の日。
長子から、ワッフル二つ。
f0088647_2128573.jpg


次子から、シュークリーム一つ。
f0088647_21293286.jpg


末男から、マクドのフライドポテト一つ、と言いたいところだけど、
厳密には末男と2人で一つ。
自分用に買ってきたけど、帰り道に母の日を思い出したから、
一緒に食べようと言ってくれました。


なんと言いましょうか、子供たち、かなり私に気を遣ってる模様です。(笑)

ちょっとしたプレゼントでも、やっぱりもらうのは嬉しい。
私のことを思っていてくれているんだという気持ちが伝わります。



最近、してもらってばっかりかも。
[PR]
by senbe-2 | 2012-05-18 21:48 | 生活 | Trackback | Comments(0)

記録

今までに何度か書いているが、
我が家のご近所は仲が良い。
毎年欠かさず新年会をするし、
村の運動会もほぼ全員参加。
二次会までやってしまうこともある。

その新年会の当番幹事が巡ってきた。
(新年会と呼んでいるが、10年ほど前までは、
きちんとご仏壇の前でお経を上げてから、
お食事会をするというしきたりだった。)

そのお講の前年度からの記録を引き継いだのだが、
その記録は木箱に入っていた。

f0088647_22523197.jpg


側面には「明治12年2月27日 講中銭箱新調 桜組門中」とある。
f0088647_22591945.jpg


なんやて〜、明治のそれもまだ維新から間もない時代からの記録が
脈々と受け継がれてきたなんて、信じられない。

俄然、興味が湧いて、中を見てみた。
f0088647_2331948.jpg


中には3冊の冊子が入っていた。
後の時代に表紙をつけたと思われるものもあったが、
↓の表紙は当時のものではないだろうか。
f0088647_23815100.jpg


中には○年○月○日、誰それ宅にてお講が開かれ、
○軒参加、○銭持ちより、材料は豆腐2丁、人参2本、揚げ2枚などの
細かな記録が漢字と変体仮名とカタカナ混じりで書かれていた。

毎年特に代わり映えしない記録が綿々と綴られている。
はて?終戦の年はどうしたのだろうかとページをめくると、
ちゃんと執り行われていた。
ただ、「時節柄、お寺さんはなし」とある。
毎年お寺さんにお参りにきていただいているが、
この年ばかりははばかられたのか、もしくは、余裕がなかったのか。

そして、その最終ページは平成、それも10年を越している。
つい最近までの記録が明治時代とともに綴じられていた。

今の記録は大学ノートである。
会を運営するのに必要な情報はこの大学ノート1冊で十分だが、
されとて、この銭箱を処分することなんて、
誰にもできないから、これからも1年ごとにこの箱と記録は
ご近所を巡っていくことになるだろう。

これからもずっと記録が続いていくことを祈っている。
[PR]
by senbe-2 | 2012-04-27 23:36 | 生活 | Trackback | Comments(4)

仕事をして痩せられると思ったら・・・

仕事を始めて2週間、
さすがに最初は慣れない環境で、人並みに緊張もして、
この調子でいけば、痩せられるんじゃないかと、
少しの期待はあった。

ところが、すぐに説明があった。

「ここではね、毎月一人千円を出し合って、
当番がお菓子を買ってくることになってるの。
お菓子は誰でも自分の食べたい物を勝手に開けてもらっていいからね。」

なんというおおらかなひとたち。
好きなお菓子を勝手に開けていいって?
うちの子どもたちなら大変なことになっている。(笑)
私に理性があって良かった。

そうは言っても、新入りのおばさんが、
勝手に開けて食べまくるわけにもいかず、
少しはおしとやかに遠慮などして、
勝手に開けたりはしていないのだが、
食事が終わったら、必ずといっていい頻度で、
一緒に休憩に入っている先輩方が、
お菓子のひとつやふたつを勧めてくれる。


仕事を始めたら痩せられるという淡い期待が、
こんなに早く裏切られることになるなんて。


その上、先輩(といっても歳は若い)たちは、
休みを利用して活動的にプライベートライフも満喫されている。
そしてその度に全国のおいしいものたちが、
差し入れされるのだ。


家族のために仕事を頑張ってくれているはずのお母さんが、
毎日こんな充実したおやつライフを送っているなんて、
子どもたちには絶対にナイショにしなければ
ならないのである。
[PR]
by senbe-2 | 2012-04-16 23:16 | 生活 | Trackback | Comments(6)

何の日だ?

f0088647_21502886.jpg

f0088647_2151050.jpg


似た様な写真がありました。

これこれ

この日はわたくし、senbeの誕生日でございます。

最近は朝、出勤前にごはんの準備を半分くらいやっているのですが、
自分の誕生日くらい、手を抜いてもいいだろうということで、
中食というやつにしました。

仕事帰りにスーパーに寄って、お惣菜を買って帰るってやつですね。

なかなかラクチンではあるけれど、
もともとケチなsenbeさん、ついつい家で作れば安くあがると思ってしまうのです。

焼き鳥とごぼうの煮物を買いまして、
サーモンのお刺身を使ったカルパッチョを作り、
家にあった鶏肉を焼きました。

夫からのワインを開けて、さあ乾杯となったとき、
子どもたちが、ケーキがないことに気づきました。
「おかあさん、ケーキはないの?」

「え、ケーキって自分で買ってくるの?
今まで自分でケーキを買ったことなんてないけど・・・」

「え、え〜っ!ケーキがないなんて考えられへん。
めっちゃショック!!」


こどもたちにとって、誕生日=ケーキを食べる日
なわけで、ケーキは自動的に付いてくるものと思っていた。
まあ、いつも家族の誕生日にはプレゼントとは別に、
お母さんがケーキを用意しますけど、
まさか自分の誕生日にもケーキを用意しないといけないなんて。

そう言えば、昨年は実家の母がケーキを買ってくれ、
一昨年は子どもたちがケーキを作ってくれたのでした。

今年もみんなからプレゼントをもらって、
幸せな気分を満喫させてもらいました。
[PR]
by senbe-2 | 2012-04-16 22:50 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧