カテゴリ:生活( 307 )

高校入試

卒業式の二日後が高校入試だ。
今年は学区が再編されて最初の受験で、
実は大変なことになっている。
特に末男は自分の行きたい高校と自分の学力の差が激しく、
困難を強いられているのだ。

勉強しなかったのだから、自業自得とも言う。
そして今更しょうがないのである。

受験の前日、せめて今日くらいは早く晩ご飯を作ってやろうと、
仕事を1時間早引きさせてもらった。

f0088647_2134080.jpg


ところが帰るとほぼ出来上がっていたのだ。
次子が気を利かせてくれていた。

メニューは、牡蠣ごはんと牡蠣の味噌汁、生春巻き、厚揚げの焼いたもの。
夫も早めに帰宅できたので、ワインで義務教育終了を祝った。

(卒業おめでとうは前日に済ませていたので)
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 02:04 | 生活 | Trackback | Comments(6)

末男の卒業式

末男の卒業式は10日。
その日は雨の翌日で、天気は晴れたものの
寒くて強風の吹く大荒れの日だった。


入場を終えた卒業生の席に目をやると、
最後尾に空席が一つずつ
どのクラスにもある。
予備の椅子を置いているのかと思ったが違っていた。
どうやら不登校の生徒のための椅子だったようだ。
今この瞬間、この子達はどんなことを思っているのかと
思わずにはいられない。そして彼らの親の気持ちも。




式は滞りなく終わり、卒業生退場のアナウンスのあと、
1組から順に出て行く。
その時1組に所属する末男が大声で叫んだ。
「⚪️⚪️先生3年間ありがとうございました。」
続いてクラス全員が「ありがとうございました」と続く。
こんなに大声で叫ぶことができる末男には
この学校で確かな居場所を持つことができていたのだろう。
勉強面や部活動ではいつも何かと問題を抱えていたし、
学校からの呼び出しも数回あった。
それでも、学校が好きで、友だちに恵まれ、楽しい中学生活を送ることができた。
それは本当に幸せなことだと思う。

f0088647_152328.jpg


写真は式の後、部活動の仲間と一緒に顧問の先生にご挨拶。
ちゃんとした挨拶も考えていなくて、モジモジしている子どもたち。
ちゃんと考えておかんかい!と言いたくなった。

帰宅してから、学年主任の先生が作ってくださったであろうDVDを観た。
3年間撮りためられた映像がたっぷり収められていた。
映像は入学式の前から始まっている。
愛されていたんやなあと、ありがたく思う。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 00:57 | 生活 | Trackback | Comments(2)

ちょっと一服

2月の末の次子の卒業式から、実家の母の誕生日、味噌の仕込み、
末男の卒業式、高校入試といろんな出来事があった。
やっと一息ついている。

母の誕生日のお祝いにお花のお仕事をしているともだちに
アレンジを作ってもらった。
写真は彼女のブログで。

プレゼントを贈るってほんとに難しい。
もらうときは、何をもらっても、もらえるだけで嬉しいのに、
贈るときは何を選べばいいのかわからなくなってしまう。
いつも何かしら気の利いた物を贈れる人ってすごいなとつくづく思う。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-16 00:25 | 生活 | Trackback | Comments(2)

次子の卒業式

f0088647_1111442.jpg


卒業式当日は、仕事が休みづらく、欠席しようかと思ったけれど、
無理して参加してよかった。

校長先生のお言葉は、とても温かく、
決して権威的でも無く、
この先生をトップに子どもたちを見守ってくれたのだと、
嬉しい気持ちになった。

式後、保護者だけ残った会場で、
学年主任の先生から、挨拶があった。
ここ一週間、涙腺が緩みっぱなしであること、
この学年は、行動力のある生徒たちだったこと、
卒業までに進路を決めてあげたかったが、叶わなかったこと、
式の後は是非教室まで見に行ってくださいとの話があり、
最後に生徒たちから歌のプレゼントがあると告げられた。

しばらくすると卒業生がダダーッと戻ってきて、
代表の挨拶の後、歌ってくれたのは三部合唱「ここにいる幸せ」。

この高校はJコーラス部というのがあって、男女混成合唱はお手の物。
立派なハーモニーを披露してくれた。

どうやって練習したのか後で聞くと、
年末から準備して、学年集会の時に時間をもらって合わせていたという。

教室では、先生から卒業証書をもらい、一言ずつ挨拶をし、
先生からもメッセージをもらった後、
一番後ろの席の男の子がCDプレイヤーのスイッチを押して、
ミスチルの「GIFT」が流れ出した。
先生が「あ、俺の好きなミスチルや」ととっさにつぶやかれた。

始めから周到に準備された順番で次々と、
生徒が自分の思いを告げ始めた。
担任が決まった時に落胆したことを正直に言う子、
受験のスイッチが入ってしまって、授業中まで自分の授業に専念してしまい、
みんなに嫌な思いをさせてしまったことを謝る子、
弱気になりそうな時、お前の数学の力は俺が保証すると言ってくれた先生の言葉で、
前に進めたと言う子、いろんな思いが語られた。

そして花束が贈られた。

そも後も名残はつきそうになかったので、私たち親は、教室を後にした。



f0088647_1111593.jpg


花は、次子が部活の後輩からもらったもの。

卒業式の翌日が受験日だという子もいる。
まだまだ進路が確定するまでは、卒業気分に浸れないだろう。
次子も、また休み明けは、制服をきて普通に登校するようだ。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-01 08:22 | 生活 | Trackback | Comments(8)

皆勤賞

高校の卒業式だった。
自分が決めた高校は自転車で片道40分。
お母さんは送り迎えなどしないよと約束して決めた進路だった。
当初は通学だけで体力を消耗して、へとへとだった。
サイクリング部に入ったと思ったら、
ちょうどええトレーニングやと思って頑張り、と励ましていた。

台風が迫った朝、家を出てすぐに警報が発令されても、
そんなこと知らないで学校まで疾走する。
途中で携帯に連絡しても、カバンの奥底に入った携帯の着信音に
気づくはずも無く、そもそも音を消しているのだった。
校門で待っている先生に、今すぐ帰りなさいと言われ、
引き返したことが何回あっただろうか。
そんな日は車で送り迎えなどする家庭も少なくないようだったが、
我が家では約束だからと、突き放した。

そうそう、提出物を忘れて、二往復した日もあったっけ。

何かの都合で、友だちのお母さんに車で送ってもらった時は、
自転車がないので翌日に最寄り駅まで送って行くことは何度かあった。
家を早く出たら、学校まで送ったとしても、
私の通勤時間に間に合わないこともなかったが、
それをすることが次子のためになるとは思えず、
できる限り車での送迎をしないでおいた。
厳密には何回かあった。ただし食器洗いなど家事との交換条件で。笑

一日も休むこと無く、遅刻することも無く、通い通した彼女は、
卒業式の前日、皆勤賞をもらってきた。

偉かった次子。誇りに思います。
お母さんは、皆勤賞なんてもらったことが無いよ。
f0088647_3353543.jpg


PTAから図書カード千円分をいただいてきた。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-21 21:21 | 生活 | Trackback | Comments(4)

寒いけれど春

毎日、どうしてこんなに寒いの?ってぐらいさむいけれど、
昼間の日差しは明るく、
春はだんだん近づいているって思えます。
気がつけば日暮れも、遅くなっていますね。

我が家の受験生の春はというと、
次子には早々に春が来ています。

末男には第二希望の春がやって来ました。
本番は来月、最後まで諦めずに気持ちを持ち続けて欲しいです。

f0088647_1444441.jpg


末男が買ってきた大きな苺で作ったいちご大福。
第二希望の合格通知をもらってきて、
嬉しそうに頬張っていました。
[PR]
by senbe-2 | 2015-02-10 14:09 | 生活 | Trackback | Comments(8)

車の音

夫の前の車セリカは、エンジン音が大きく、
帰宅する時は遠くの方からも聞こえてきていました。
軽く100m位手前で大通りから自宅に向う角を曲がるのですが、
子どもたちはそのあたりで音と地響きを察知して、
「あ、お父さん帰ってきた」と立ち上がり、
その辺に散らかったお菓子の空袋を捨てたり、
放り出された通学鞄を片付けに行ったりと、動き始めます。
察知してから夫が家に入ってくるまでに、十分な時間がありました。

ところが今、夫が代車として借りている車は、プリウスα。
エンジン音なんて全く聞こえません。
夫が玄関のドアを開けるまで、誰も気づかないのです。
はっきり言って「不意打ちに合う」
という状況です。

次子が言いました。
「静かすぎて、安心して寝られへん。」


車が静かなのは、とてもいいことなのだけれど、
17年半毎日聞こえていた、ただいまの音がないことに、
私も少し寂しい気がしています。
[PR]
by senbe-2 | 2015-01-29 09:38 | 生活 | Trackback | Comments(4)

疲れたら眠る

しばらく前、とても疲れていました。
どのくらいと言うと、歩いていても眠ってしまうくらいです。

それは職場で昼食後のことでした。
一日で2番目に眠い時間ではありますが、
眠いからこそ、体を動かしておこうと、返本をしていました。
返却された本を書架に戻す作業です。
左手に10冊余りの本を抱え、右手に次に返す1冊を持って
図書館の中を歩いていました。その右手の1冊が滑り落ちたのです。
本が落ちた音を聞いて、あ、今、記憶が飛んでいたと気づきました。
座っていて睡魔に襲われることはあっても、
歩いていて眠ったのは初めてでした。

職場のみんなから、早く帰って寝た方がいいと、
4時に早退させてもらいました。
帰宅して、お布団に直行。
晩御飯の時間にも起きませんでした。
リビングで仮眠していたら、きっと晩御飯まだ?って
催促されていたと思うの。
お布団に入って寝ることで、
みんな諦めたようでした。←ココポイントです。笑

あ、そうそう、その日はとんどの日でした。
末男がとんどの火でお餅を焼いてくれていたっけ。


疲れたら眠る。お布団で。
それだけのことだけど、大事なことです。今さらですが。
[PR]
by senbe-2 | 2015-01-27 08:49 | 生活 | Trackback | Comments(8)

衝動買い

お正月に末男のジャージを買いにスポーツ店へ行きました。
そこで目に入ったのが腹筋マシーンの数々。

末男はこんなん買おうよ。
お腹が6つに割れるかも、と言います。
f0088647_9403882.jpg

でもこんな斜めに傾いた上で、
私が起き上がれるわけがない。

私は数年前から、腹筋くんという座椅子と
腹筋マシーンが合体したものが欲しかったので、
そちらを主張。普段から立派な座椅子として使えるし、
やらなくなっても無駄にはならない。
f0088647_9403922.jpg

何よりマシーンに見えないのが
気負いが無くて良いような気がする。

いやいや、買うならこっちやで、と夫。
それは見た目にも一番派手なコレ。
f0088647_9404017.jpg

巷ではすでに有名になっているマシーンなのかもしれないが、
テレビのない我が家の面々には、馴染みのない器械。
バネの力で体を支えるから、楽に腹筋ができそう。
体を鍛える道具に楽さを求めてどうすると突っ込みたくなるけれど、
楽だからこそ、効き目は少なくても続けられるかもという期待が高まる。

値段は下へいくほど高くなる。
だが買えないほど高いわけでもない。
もしこれで、体、特に私たち夫婦に一番必要なお腹周りの肉を
引き締めることができたら、安い買い物だ。
でも使わなければ、丸損。

実家の両親も一緒に来ていて、悩んでる時間の余裕もなし。
このまま買わずに見送るのが妥当な大人の判断だと思うが、
普段から一緒に買い物をする習慣がない私たちが
次に一緒にここへ来るのは恐らく一年後になるだろう。

決断を迫られた時、夫が名案を口にした。
「続けられへんかった者が弁償することにしよ。」

その一言で、見送りに傾いていた私の気持ちも決まった。
「そうしよ。続けられへんかったら、半額弁償っていうことでいこ。」

とめでたく(?)レジへ向かいました。


あれから2日。
今のところ、毎日やってます。

結果は、来年の今頃、発表したいです。

もっと早くに報告することになるかも。
[PR]
by senbe-2 | 2015-01-06 08:52 | 生活 | Trackback | Comments(7)

お疲れ様でした、リサイクルデー

この地域では、廃品回収を小学校、中学校のPTAが受け持っています。
売り上げ金と市からの補助金は、PTAに入ります。
それはかなりの金額になり、学校教育現場で使われる重要な資金源になっています。
我が家の末男は中学3年生。
とうとう、その日がやってきました。
その日とは、最後のリサイクルデーです。

長子が小学1年生だった13年前からやり続けてきた仕事です。
子どもが小さい時は、リサイクルデーのたんびに、
自家用車のチャイルドシートを外さなければなりませんでした。
また1回では回収しきれず、2往復している間に、
回収時間が終わって、回収業者のトラックを追いかけて
廃品を引き取ってもらったこともありました。
当時、日曜日でも早朝から仕事に出かける夫には頼れなかったので、
ほぼひとりでやっていたのです。


最近は、夫も時間を都合つけられるようになり、
部活を引退した末男も手伝ってくれます。
というわけで、
今日の記念すべき最後のリサイクルデーも、
男2人の活躍で締めくくってもらいました。

よかった、よかった。
お疲れ様でした、夫、末男。
お疲れ、自分!
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-05 21:43 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧