カテゴリ:料理( 488 )

サラダ三種盛り

いつもサラダはガボッと大盛り。

たまには上品に、少しずつ盛ってみることにした。


f0088647_2036173.jpg



奥は大根ときゅうりのサラダ大葉載せ。ごまドレッシングでいただきます。

右はトマト、バジル、モツァレラチーズ、オリーブオイル和え。

左はメロンの生ハム巻き。なんてことあるはずはない。

生ハムにメロンが合うなら(私は合うと思ったことはないけど)

きゅうりでも合うはずだ。

きゅうりの種をそぎ落とし、砂糖をまぶして、しばらく置いてから、

生ハムを巻く。


純粋?な次子はメロンだという私の言葉を信じ、一つは食べた。

きゅうりだと知ったとたん、生ハムだけめくって食べていた。

「甘いきゅうりなんて食べられない」と。


まあ、そんなにおいしい物ではなかったけれど、何とかきゅうりをおいしく

食べようと、がんばっている。



ちなみに本日収穫のきゅうり6本は、めでたくご近所さんにもらっていただいた。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-17 20:54 | 料理 | Trackback | Comments(2)

バースデイロールケーキ

夫の誕生日にケーキを作ることにした。

誕生日にロールケーキってちょっと変だけど、

個人的にシフォンの生地でロールケーキを作ってみたかったから。

f0088647_17422350.jpg



夫の感想は「クリームがちょっと甘い。」

私の感想は「スポンジ生地よりしっとりしててかなりいい線行っている。」

そう、自己満足しています。


この生地なら、クリームを減らしてシンプルなロールケーキでも

おいしいと思う。

シフォンケーキより、焼き時間が短いから省エネになってるし、

冷めるのも速くていい感じ。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-17 17:49 | 料理 | Trackback | Comments(2)

長子のリベンジ

先日のレアチーズケーキ、甘すぎるとブーイングを浴びた長子。

めげずに、再挑戦。

f0088647_17353416.jpg



家族からは、「この前のよりおいしい。」と一歩前進。

でも、これ、実は箱入りのチーズケーキのもとを使用。

まあ、それは長子と私の秘密。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-17 17:39 | 料理 | Trackback | Comments(2)

セミドライトマトのスパゲティ

先日のセミドライトマトを予定通りにスパゲティに。

中身は、トマト(フレッシュトマトを半分入れる)、ニンニク、オリーブオイル、塩、コショウ。

f0088647_1724196.jpg



シンプルだけど、おいしかった。

夫は「甘みが少ないなあ。天日のドライトマトはもっと甘いはず。」という。

トマト自体、最近の雨で味が薄くなっているかもしれない。

真夏に収穫したトマトで天日干しドライトマトを作ってみるか。

今回の残りのドライトマトはタマネギと一緒に煮て甘みを補うかな。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-17 17:31 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ドライトマト

この頃、ブログでたまに目にするドライトマト、私も作ってみた。

一昨年、天日で作ったことがあったけれど、今は梅雨なのでオーブンで。

f0088647_2243991.jpg



ドライというか、セミドライくらいかな。

焼きたてを、一つつまんでみた。

「おいしいよ、これ」

このまま食べるなら、塩を塗らない方がよかったかも。


この連休中に、スパゲティに入れてみようかな。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-15 22:08 | 料理 | Trackback | Comments(2)

きゅうり餃子

きゅうり餃子を作った。

きゅうり:キャベツ が 3:1 くらい。

それに、白ネギ、にら、生姜、豚肉を入れました。


末男 : 何も考えず、バクバク食べていた。

次子 : 餃子は好きではないらしく、やっと5個食べさせる。

      末男と同様、中身に全く関心なし。

長子 : 3つめを食べているとき、「中に何入ってるん?いつもとだいぶ味が違う。」


おっ!気がついたか、長子よ。味に敏感なのはいい事よ。

これもパティシエには必要な素質に違いない。


あれや、これやと中身を言い当てようとしたが、結局きゅうりという回答は

得られず。大小合わせて5本のきゅうりを入れたけど、全て、皮をむいて小さく刻み、

塩でしんなりさせてから入れたから、わかりにくいとは思う。

でも、私にはしっかり、きゅうりの味がしていたけれど。
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-15 21:54 | 料理 | Trackback | Comments(2)

夢はパティシエ

長子がスーパーでシンプルなビスケットを買っていた。

家に帰って、「お母さん、クリームチーズある?」

        「お母さん、生クリームある?」

        「お母さん、レモンある?」

はい、全部揃っております。

図書館で借りてきた本を見ながら、レアチーズケーキを作るつもりらしい。

私は、ベイクトなら好きだけど、レアはあんまりなんよね。

と言っても、頭の中にはレアチーズケーキしかない模様。


アッという間に作ってた。

f0088647_1305784.jpg



翌日、家族に切り分けてくれたが、食べきったのは本人と気を遣った末男だけ。

味は悪くない。でも、甘くって、こってりしてて、やっぱりレアチーズケーキは

私には向いてなかった。


次の日、長子が言う、「そんなに甘すぎた?」

砂糖を減らして、また作るつもりなのか?

そうだ、長子、こんな事でへこたれてはいけない。

見た目はかわいかったし、小学生で、誰の力も借りずに作ったのだから、

自信を持っていいのだ。

みんなにおいしいと言ってもらえるお菓子を作れるように、

チャレンジあるのみ!
[PR]
by senbe-2 | 2006-07-12 01:44 | 料理 | Trackback | Comments(2)

わらびもち

わらびもち粉って、本当は山菜のわらびの根っこらしい。

でも、スーパーにそんな高価なもの売ってません。

私が食べてるのは甘藷芋の粉。とってもお安い。

でも、そこそこおいしいと思う。一人前20円くらい(きなこも入れて)。

そういえば、近所の公園内の茶店で食べたのは、一皿600円だった。

えらく高いと思ったけれど、たぶん本物なんだろう。

f0088647_1531334.jpg



子供たちも大好き。好きで、安くて、体に悪くなければ、いいおやつ。

おいしく作るこつは、餅にも、砂糖を少し混ぜること。
[PR]
by senbe-2 | 2006-06-30 15:38 | 料理 | Trackback | Comments(2)

父ちゃんのキス釣り

本日、小雨の中、父ちゃん(子供たちの父ちゃん)キス釣りへ行く。

友達の船に乗せていただいて、沖釣り。

昼過ぎに戻る。釣果は以下の通り。

f0088647_20335636.jpg

本命のキスは大小合わせて25尾。


f0088647_20351370.jpg

ベラが11尾。


f0088647_20361081.jpg

がしら2尾、チビ鰯1尾、チビてんこち1尾、チビチビヒラメ1尾。

チビチビヒラメはのどの奥に釣り針が刺さって、取れなかったので、

リリースできずにお持ち帰り。


料理を始めたのは夕方4時、3時間の格闘の末、7時から夕食となりました。


キスとベラの刺身
f0088647_20475623.jpg




キスの骨せんべい
f0088647_20493795.jpg




がしら、てんこちの煮付け
f0088647_20523521.jpg




キス、チビ鰯、チビチビヒラメの唐揚げ
f0088647_20541759.jpg




魚の下処理は何とかなるけれど、刺身だけは苦手。

今日も刺身は、全て、釣り人に、調理をしてもらいました。

さっき釣ってきた魚をいただくわけだから、文句なしに うまい


釣り人は、帰宅して、水槽管理人として一仕事し、板前さんになって刺身を作り、

現在、爆睡状態です。お疲れ様。
[PR]
by senbe-2 | 2006-06-25 21:12 | 料理 | Trackback | Comments(2)

るるさんのおかいもの

今日は家族のランチにパン作り。

生地作りは、ホームベーカリー。


f0088647_1491867.jpg


(自然光の下で撮ればよかった。電球の下では黄色くなっちゃった。)

写真は、長子が採ってくる野いちごと蜂蜜をあしらった「野いちごパン」。

るるさんのおかいもの」という絵本に出てきた「きいちごぱん」がお手本。

絵本片手に、長子が作ってくれました。

甘めの生地に酸っぱい野いちごとアカシア蜂蜜。

町のパン屋さんには売ってないであろう素朴な味。

いつものチーズパン、シナモンシュガー、ソーセージパンと合わせて、

小麦粉400グラム分を、家族5人で完食。



このるるさんにおかいもの
次子(小学4年生)が幼稚園の時に園で定期購読していたときの絵本。

おばあさん4人が共同生活している様子が、私には新鮮だった。

料理が好きなななおばあさん、掃除が好きなねねおばあさん、

裁縫が好きなりりおばあさん、お散歩が好きなるるおばあさん。

少子化の世の中、将来、こんな風に、お年寄りが集まって、助け合って生活するのも

悪くないなあと思わせてくれる、温かい気持ちになるお話。


[PR]
by senbe-2 | 2006-06-24 14:32 | 料理 | Trackback | Comments(0)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧