カテゴリ:遊び( 82 )

にじのわまつり

先日の日曜日、村の草刈りに参加した後、(←仕事もしているとアピール、アピール)

こちらで紹介されていたに「じのわまつり」に

行ってきました。


f0088647_10584088.jpg


場所は書写山、円教寺。

映画、「ラスト サムライ」の撮影でも有名になりましたね。

千年の歴史がある、とても大きなお寺。

そんな素敵な場所で行われたおまつり。

山の上にあり、ロープウェーに乗るか、

1時間かけて山を登らないといけない場所にあるというのに、

たくさんの人が訪れていました。

一番気になったのが、こちら。
f0088647_12471034.jpg


木のスプーンやバターナイフが並んでいます。

木製品に弱い私。こちらを買いました。
f0088647_12485543.jpg

ジャム用スプーンです。木は桜。

丁寧に作られていて、手によく馴染みます。

作者のblogはこちら



今回のお祭りで行く前から楽しみにしていたのは、朋knitさん。

手編みの帽子がなんとも素敵な配色で可愛いのです。

写真を撮りそびれてしまったので、こちらのブログホームページでチェックしてみてくださ〜い。

長子も、「めっちゃ可愛い〜♡♥♡」と言うとります。

買えばよかったな。でも、お金なかったしね・・・。(涙)




そして、お隣で書き下ろしをされている方が・・・。

Juicyさんです。ブログはこちら

f0088647_11285473.jpg


顔を見て、インスピレーションで言葉を書いてくださいます。

てんつくマンのスタイルに似てると思って、近づいてみると、

てんつくマン監督の映画「107+1〜天国はつくるもの〜」に出演されていたとか。

昨年の夏に参加した小豆島のキャンプにも、

スタッフとして参加されていたらしいのです。

私も書いてもらおうかなって思いながら、

まだまだ恥じらいが残る(?)おばさんは、言い出せず、

はがきを1枚買いました。




食べ物も充実していて、

「Backen Dichter」姫路市勝原区にあるパン屋さんで天然酵母パンを買い、
   
こさじ」さんで焼き菓子を買いました。

お昼ご飯は、これ。
f0088647_13361816.jpg


f0088647_13363972.jpg



他にもたくさんのブースがありました。

どれもみーんな、充実した内容。


後半はコンサートが行われたようですが、

私はチケットがなく、早々と下山しました。


今回参加してみて感じたことは、便利さよりも大切なものがあると考え、

実行している人たちが、たくさんいるということ。

おまつりっていう形で人が集まれば、出会いがあり、

そこにつながりが生まれるってこと。


家で、こそこそと畑を耕したり、ご飯を作ったりしている私が求めているのは

こんな、つながりかもしれないな・・・と思いました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-29 11:45 | 遊び | Trackback | Comments(9)

京都へ、その二

昨日の続きです。

昼食を終え、八坂神社を通って、次の目的地四条花見小路通角にある原了郭へ。

夫が以前から食べたいと言っていた黒七味を購入。

f0088647_10511328.jpg


昨夜、野菜と豚肉の煮物を作って、早速味見。

f0088647_10524764.jpg


色は茶褐色、味はじんわりした辛み。

赤い七味のような、とんがった味ではなかった。

これなら、何にでも合いそう。

しばらくテーブルの上に置いておこう。

早速、次子がいたずらを始めた。

f0088647_1055919.jpg


見つけた夫、「やめてくれ!」即座にはがす。

気がついたら、またこんなことに。(笑)

f0088647_10562691.jpg


どうしても鼻に見えてしまうらしい。



そして次の目的地は知恩院前の一澤信三郎帆布

歩き続けることが嫌になってきた末男をなだめながら、北へ北へ。

末男いわく、「どうせ、買わへんねんから、行かんでええやん。」

私、「前に来たとき、高くて買えへんかったんや。でも、買っとけばよかったって後悔したから、今度は買いたいんよ。」

前というのは独身時代。だから、信三郎帆布じゃなくて、一澤帆布だった。

もちろん今も、一澤帆布はあるけれど、相続問題でいろいろおありになった様子。

どちらかと言えば、信三郎帆布を応援したかった。

今度こそ・・・との思いで行ってみると、なんと、日曜定休日。

ガーーーン!


気をとりなおして、次は一澤帆布へ。

こちらは営業されていた。信三郎帆布が閉まっているからか、

店内、やたらと混雑している。


やっぱり高くて、なかなか決められない私。

でも、末男の言葉が頭をよぎる。

「どうせ買わへんねんから・・・」

やっぱり買っておこう。後で後悔したくない。


で、買ったのはこれ。

f0088647_1120718.jpg


かわいいじゃん!



もう、待ちきれないと外で待ってる末男を、

まだ引っ張る私。このとき既に4時。

これで帰るものと信じてる末男、

やって来た方角と反対側へ歩き始めたことに不信感を募らせている。

「まだ、どっか行く気?」

おっと、「もう一件、母ちゃんが行きたいって言ってるお店があるねん。」

わたし、「刀買ったやろ。文句言わへん約束やで。」

それでも食い下がってくる末男に、最終手段。

「あんまりぐずったら、あの刀、長子にやるで。」と脅しの一発。(笑)


はい、次はバスと電車を乗り継いで、

叡山鉄道、修学院駅近くの群言堂 京都店へ。


店内は婦人服5割、雑貨2割、和服3割くらいの構成だった。

またはぎれを購入。
f0088647_11431643.jpg


夫は和紙を買っていた。

今回私が釘付けになったのは、きもの。

さすが京都。

ああ、私好みの地味かわいい着物が、手の届く値段で売っている。

絹やウールではなく、綿や綿とキュプラの合繊。

お値段は綿で3万円台、合繊で5万円台。

私が欲しいと思ったのは3万円台の方。

着付けもしやすい様にと襦袢にいろいろ細工が施してある。

綿は摩擦抵抗が大きいから、着崩れも少ないという。

ああ、欲しいなあ。

でも、家の和箪笥には母が用意してくれた数々の正絹着物が眠っている。

『着るなら、あっちだろ』ってもう一人の私が叫ぶ。

また、考えよう。次の楽しみができた、できた!



やっと帰路についたのは6時。

修学院駅で長子に電話し、ご飯を炊いて、

用意しておいたカレーを食べておく様に言う。




京都駅についたらもう暗かった。

f0088647_11581469.jpg


電車が途中で遅れたため、久しぶりの駅そばを満喫して、

大満足で帰宅した。

f0088647_120336.jpg



あー、たのしかった!
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-09 12:04 | 遊び | Trackback | Comments(8)

京都へ、その一

昨日の日曜日、京都へ行った。

理由は、青春18きっぷが4枚も残っていたから。

お出かけ大好きな長子は部活の試合があって涙をのんだ。

きっぷは4枚だから、ちょうど良いといえばよいのだが・・・、

ごめんな、長子。


朝早くから、↓のサンドイッチをもって出発。

9時には京都駅にいた。

今日の予定は東山〜修学院あたり。

まず、二寧坂、産寧坂を歩く。

進まない、進まない、進まない。(笑)

次子や末男は普通のお土産やさんへ、

大人は雑貨関係のお店へ。

だから、全てのお店に入っているようなもの。

疲れたらぐずるであろう末男の口を封じるために、

刀の形のペーパーナイフを購入。

f0088647_16272411.jpg


これで、今日はぐずらないと固い約束をかわした。

私は、こんなん(大風呂敷を鞄風にアレンジ)買ったり、
f0088647_1628284.jpg


こんなん(お弁当包みやスカーフにする予定、どっちがスカーフかはわかるよね。(笑))
買ったり、
f0088647_16294866.jpg


末男がどうしても食べたいと言うので、買ってみたきんつばが、
f0088647_16305436.jpg


おいしくて、買って帰ることにしたり。
f0088647_1631398.jpg



気がついたらお昼。

空腹を抱えた4人は「維新の道」の急勾配を上り、

こちら、坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓へお参り。
f0088647_1634921.jpg


この銅像の横に本当のお墓がある。

せっかく来たのだからと、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」にも

入ってみることに。

幕末の歴史を勉強してたら、もう二時前。

ここら当たり、ランチがとても高いので、

別の場所でと思っていたが、空腹には耐えられず、

手近なおそば屋さん波ぎ茶寮へ。

f0088647_16431749.jpg
f0088647_16433642.jpg
f0088647_16435455.jpg
f0088647_1644647.jpg


おいしかったよ。

しばらく歩いて、アイスクリームも食べて、満足。

f0088647_16515896.jpg
f0088647_16521066.jpg


バニラアイスについてるのは八つ橋だった。京都ならではの演出がうれしい。

お店の人は「スプーンだから、最後に食べてね」って。



さあ、次は黒七味を求めてちょっと歩くぞ〜!
[PR]
by senbe-2 | 2008-09-08 17:10 | 遊び | Trackback | Comments(6)

たねプップ(すいか)

先日から、義母が作ってくれたスイカを、

いただいています。

今年は雨が少なかったからでしょうか、

かなり甘い出来です。

汗をかいた後の冷え冷えスイカは格別。


子どもたちもおとなしく食べていましたが、

だんだん、タネ飛ばし合戦に発展してしまいました。

次子と末男が「ペッペ、ペッペ」と唾液も一緒に飛ばしているのを見て、

夫が、「へたくそ〜!」と参戦。

下をくるんと巻いて、タネだけを「プシューッ!」と飛ばします。

こんなことでも「さすが」って言っていいのでしょうか。

f0088647_1328772.jpg


テーブルの上だけで済むはずもなく、

辺り一面タネが飛び散っていました。

スイカは戸外で食べるべし。
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-16 13:36 | 遊び | Trackback | Comments(8)

島根からの帰路 

境港で魚介類を堪能すべく、

宍道湖の夕日も諦めて車をとばした私たち、

ガイド本に載ってるお店をナビで探してたどり着いたのは「御食事処さかえや」。

私は海鮮丼1050円。
f0088647_177684.jpg


夫は本マグロの漬け丼 1580円。
f0088647_178484.jpg


次子はマグロのなんとか丼、値段忘れました。
f0088647_1713166.jpg


長子と末男は海老フライと刺身がメインの「だんだん定食」。
f0088647_17144496.jpg
f0088647_1715185.jpg


このお店、地元のお客さんがほとんどの様子。

「だんだん定食」が人気なのか、よく召し上がっていらっしゃいました。

お吸い物や小鉢も2つ、茶碗蒸しまで付いていました。


たらふく食べて、また、温泉に入り、

後は米子自動車道、中国自動車道で、一気に帰宅。


子どもたちは、爆睡。

私は眠い目をこすりつつ、起きておこうと努力はするものの、

気づいたら、うとうと・・・・。

父ちゃんごめん!と思いながらも、最後は爆睡。


このまま運転したら、12時までに高速道路を降りちゃう。

そうなったらETCの深夜割引が効かない・・・と、

途中のサービスエリアで時間調整をして、

上手に運転してくれました。



このキャンプ(旅行)中、全行程を夫がハンドルを握ってくれました。

まあ、私の運転が信用できないってのが主な理由なのですが、

よくがんばってくれたと思います。


翌朝から、早速仕事に出かけた夫。

疲れていたと思います。

全員、怪我も病気もなく、帰ってこられて、本当に良かった!




帰宅後の片付け、大変でした。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-10 17:32 | 遊び | Trackback | Comments(6)

やっと泳げるぞ〜!

キャンプ場を出発して、近くの海水浴場へ。

f0088647_1333128.jpg


ここは4年前にも一度来たことがあります。

風車があり、施設も美しく、明るいビーチです。

夫は本当は岩場で泳ぎたかった様子。

岩場なら、潜れるし、水も澄んでる。

でも、場所を探す元気もなく、子どもたちが楽しめるならと、

決めました。

f0088647_13391762.jpg


この後、末男は夫に沖まで連れていかれ、半泣き状態で上陸。(笑)

甘えん坊の末っ子をたくましく育てたい親の気持ちが、

末男に通じているかどうかは、???



海水浴を堪能した後、

テントを張りに近くのキャンプ場へ。

ここに来たのも2回目。

次の移動のために地理的にここしかなかったのです。

ちゃんと空きもあったし、めでたしめでたし。

パパッとテントとタープを張りまして、

f0088647_13524220.jpg


夕ご飯を食べに出雲市内へGo!



出雲ときたら、出雲大社へ行かねばねえ。

f0088647_1356781.jpg


あれえ、こんなに新しい建物だったかなあ。

しめ縄を見上げたら、お金がいっぱい詰まってました。

f0088647_1358389.jpg


よく見えませんが、ぎっしり硬貨が挟まっています。

私も俺も・・・と挑戦。

何度も失敗して、なんとか入れていました。

夫は一発で決めました。さすがお父さん!

f0088647_1401675.jpg




中を見て回っていると、
f0088647_144191.jpg


この写真の奥の建物、あれが本殿ではなかったか。

近づくことが出来ず、まあ、いいかと大社を後にしました。



その夜は安易に回転寿しに行き、

これまた4年前にも出かけたキャンプ場近くのいちぢく温泉で、さっぱりして、

テントサイトへ。

今日は、キャンパーも多く、「こんばんわ〜」なんて

挨拶も交わし、安心して、ふわふわテントで眠りました。(笑)


今回のキャンプでは、みんな自分の着替えは自分で管理しています。

小さい時は5人分を一人で持ち歩き、お風呂へ行くだけでも

一仕事でしたが、今回は、「お風呂へ行くで!」と

一声掛けたら、自分の鞄を持って、さっさと行ってくれます。

もう、女友達と温泉に行く気分です。

なんて気楽なんだという楽しい思いの後に、

いつまでこんな時間を楽しめるのだろうという、少し寂しい思いが、

一瞬、心の中を通り過ぎました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-08 14:22 | 遊び | Trackback | Comments(6)

なかなかたのしいキャンプ場、目田森林公園

さわやかな朝です。

f0088647_1326595.jpg


朝ご飯をさっさと済ませ、

f0088647_13384225.jpg


公園内を探検。

バンガローと同じくらいの値段のオートキャンプ場。
f0088647_13433047.jpg


土管を通り抜けたら、ファイアー場。
f0088647_13442639.jpg

f0088647_13445228.jpg


木でできた巨大迷路。誰が一番に出られるか?
f0088647_13465278.jpg

f0088647_13471877.jpg


何故か、自衛隊から寄贈された飛行機が置いてありました。
f0088647_13493457.jpg


一番おもしろかったのはこれ。
f0088647_1351177.jpg


長子が傾いてる。
f0088647_13564980.jpg

末男も傾いてる。
f0088647_1357542.jpg


この後、部屋を出ようと走り出した末男、部屋から出られず、

壁にぶち当たりました。(笑)

笑い事じゃなく、私もなかなかまっすぐには歩けませんでした。

柄杓ですくった水も、低い方から高い方へ流れて行きます。???
f0088647_13571833.jpg


体験して初めてわかる、このおもしろさ。

タネはこれ。
f0088647_1445930.jpg


家自体が傾いているの。(笑)


他にもいろんな遊具があって、子どもたちが遊ぶのにとってもいい環境です。
f0088647_148375.jpg

f0088647_1482158.jpg

f0088647_1484874.jpg



さあ、このキャンプ場ともお別れ。
f0088647_14123131.jpg


f0088647_1412503.jpg


今から、泳ぎに行くぞー!
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-06 14:17 | 遊び | Trackback | Comments(6)

めざすは島根 キャンプ2008

泳げることが前提の我が家のキャンプ。

今年も日本海へ行くことだけを決めて出発。

最初のコンビニで、みんなが買い物をしている間に、

ガイド本片手に私がキャンプ場を決めました。

島根県の目田森林公園です。こちらテント一張り320円。

☎で空いていることも確認。

海から少し離れているけれど、車で移動すればすぐだし、

なんせ320円だもの、ガソリンの値上がり分くらいは吸収できそうだと、

決めました。


安さにつられて決めたキャンプ場でしたが、

行ってみると、とっても素敵なところでした。


f0088647_062378.jpg


f0088647_074148.jpg


テントはどこに張っても良いようでしたが、

夫の目は、バンガローに釘付け。

「鬼太郎ハウスがある!」

「なあ、末男、鬼太郎ハウスに泊まりたいよなあ。」

鬼太郎ハウスと勝手に名付けたのは上の写真の右から二つ目と左端のバンガロー。

ゲゲゲの鬼太郎の家に見えないこともない。

このバンガロー1泊3150円。

公園への入園料を入れても3850円。

安めのオートキャンプ場並み。

320円のはずが・・・と思わないこともなかったけれど、

テントを張る時間の節約にもなるしと、決めました。

中はこんな感じ。


入り口
f0088647_024675.jpg

1階
f0088647_0232792.jpg

ロフト
f0088647_0245678.jpg


中は暑いよといって、管理人さんが扇風機を貸してくれました。


この日、キャンパーは私たちだけ。

管理人さんも帰られて、正直、ちょっと寂しかった。


夕飯は地元のスーパーで調達。

ちょっと地味な夕食。

f0088647_12403110.jpg


白いかの刺身と、ゲソ炒め。
f0088647_12414464.jpg


f0088647_1242123.jpg


焼き肉
f0088647_12424914.jpg


サラダ
f0088647_12432171.jpg


シジミのお味噌汁
f0088647_12451731.jpg


とご飯です。

車で移動の一日だったので、このくらいでみんな満足。

みんなで協力して、ささっと後片付けをすませ、

近くの温泉、すさのおの郷 ゆかり館で、汗を流しました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-05 23:53 | 遊び | Trackback | Comments(4)

サマーキャンプ2008

恒例のサマーキャンプ、今年は迷っていました、

行こうか、行くまいか。

私が疲れていたのです。

暑さのなか、タオルだけをたよりに、

家事をこなし、自治会の草刈り、学校の草刈り、畑の草刈り、

野球の当番、PTAの行事、それに私的なお出かけ。

書いてみたら、特別なことは何もないのだけれど、

体は少しこたえていたみたい。

キャンプに行くための準備、これが厄介で、やる気になれなかったのです。

日程的にもきつい計画になりそうだし、無理することないかな、なんてね。




でも、夫がとった3日間の休日を前に、長子が動き出しました。

「私は行くよ!せっかく部活の休みを取ったのだから。」

と、一人で準備を始めました。

車に乗せるジェットパック、テント、タープ、テーブル、椅子、寝袋。

海に入るために、水中眼鏡、シュノーケル、浮き輪、シート、パラソル。

ご飯を作る、鍋、ストーブ(ガス器具)、食器、調理器具・・・・・。

蚊取り線香、マッチ、・・・着替え、タオル・・・ランタンなどなど。

生活道具一揃えをもって出るのだから、大変です。

それを長子が次子、末男と協力してやり始めました。


そこまでされたら、出かけるしかありません。

私も行きたくない訳じゃなく、

一人で準備をするのがつらかっただけなのですから。


前夜に一通りの準備が完了。

翌朝、車に積み込み、目的地が決まらないまま、

とりあえず、西に向かって出発しました。

さあて、どうなることか。(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-03 23:20 | 遊び | Trackback | Comments(6)

花火大会

お久しぶりです。


ドッカーン!

昨日はこちらでも花火大会がありました。

f0088647_22182782.jpg

f0088647_2224122.jpg

f0088647_22244688.jpg


歩いて行っても楽しめるのですが、

今回は次子が川の向こう岸(メイン会場)まで、

自転車で行くというので、長子、末男と連れ立って行ってきました。

間近で、それほどの混雑もなく、座り込んで花火を見ることが出来る、

これがわが町の花火のいいところ。

花火はそれほど大きくはないのですが、

夕飯を家ですませて、夕涼み感覚で出かけられるのは、

やっぱり、小さな街だから。

最後は恒例の仕掛け花火、「ナイアガラ」です。

f0088647_22251059.jpg




ちょっとしたハプニングあり。

さあ、帰ろうと駐輪場へ着いたら、

末男が「鍵がない」という。

探しても探してもなく、

仕方がないから、自転車を残して、一同帰宅。

もちろん末男は走って帰った。

家に着いたら合鍵があるはずだったのに、

末男が使っていたのは私がしまい込んでいた合鍵の方。

とっくの昔に始めの鍵はなくしていた模様。

今度は自動車で出かけ、二人(末男と私)で会場を

懐中電灯片手に探しまわりましたが、

見つけることは出来ず。代わりに100円玉を拾いました。(笑)

最終手段、車に自転車を積み込むという方法で、帰宅。

あー、疲れました。
[PR]
by senbe-2 | 2008-08-03 22:40 | 遊び | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧