カテゴリ:遊び( 82 )

にじのわまつり

今年もありました、にじのわまつり。

f0088647_929322.jpg


昨年の様子はこちら

今年はFrogman's cafe のお手伝いとして参加です。

古代米もちピザを販売。

f0088647_931954.jpg


玄米もちのピザ台を使った和風ピザ。

f0088647_9362313.jpg


2回目買いにきてくださる方もいるくらい大好評。


お昼ご飯は「米ギャラリー大手前」さんの3分づき米のおむすび弁当。

f0088647_9442946.jpg

f0088647_9445617.jpg


お米屋さんだけあって、米粒の旨さは抜群でした。

添えてある小さなおかずもおいしくて、大満足です。


今回のにじのわまつりは出店数も40以上あって、参加者も多く、

大変なにぎわいでした。

一緒に参加した長子はぶらぶら見て回り、お気に入りをゲットしていました。

食べ物関係は全てお腹の中に収まってしまったので、

残っているものだけ。

f0088647_1092610.jpg


きのこ(木の粉でつくった粘土製)が長子ので、

右側がわたしのキーホルダー(朋knitさん)。


場所は昨年と同じ、書写山円教寺。

f0088647_1013884.jpg


この後、ここ↑三つの堂がライブ会場になります。


ここは摩尼殿。
f0088647_10172770.jpg


途中の山道沿いにはこんなお地蔵さんたちもいらっしゃいました。
f0088647_10213770.jpg



見晴らしのいい場所からは田んぼアートが見えます。

古代米を使った稲で模様を描いてあるそうです。

f0088647_10372032.jpg




上り下りがしんどかった・・・(Д`Ⅲ)(長子より)


山の上にありますからね、会場につくまでに、ちょっと歩きます。

でも、山上だけあって空気が澄んでいるし、気温も低く気持ちよかったのです。
[PR]
by senbe-2 | 2009-09-23 10:49 | 遊び | Trackback | Comments(4)

美術工芸館

夏休み最後の日曜日にやっと家族が揃った。

「さあ、出かけよう!」と張り切ってるのは私ひとり。

向かったのは姫路市 書写の里 美術工芸館。

今、「木のぬくもり展」というのをやっている。

「木のぬくもり」なんていう言葉に引かれて、家族を引っ張っていった。

子どもたちは全く興味なし。

館内をさらりと回って、さあ早く帰ろうという最後の部屋で、

子どもたちの目の色が変わった。


そこは工芸工房の部屋。

部屋の中央部にはこまを使って自由に遊べる場所がある。
f0088647_14455552.jpg


私以外はみんなコマを回すことができる。

子どもたちの通った幼稚園ではコマ回しや竹馬が必修科目(?)だった。

けれど、ここではもっと高度な技が披露されていた。

回したコマを竹の棒ですくいあげる、とか、

回したコマをカンカンの蓋にのせる、とか。

夫も挑戦した。
f0088647_14563291.jpg


末男も何度も何度もやっていた。
f0088647_14572938.jpg


でも、できたのは長子だけ。
f0088647_14575122.jpg


次子はなおも挑戦し続ける末男のためにひたすらコマを回していた。
(いいお姉ちゃんがいて、よかったね)



工房の奥では、職人の方がコマを制作されている。

円柱型の木片がコマになるのにかかる時間はほんの数分。

その手際の良さはお見事としか言いようがない。

そのコマに絵付けができると聞いてやってみた。
f0088647_1502261.jpg

f0088647_1503587.jpg

f0088647_1505542.jpg

左から、夫 私 長子 末男 次子 作。

コマ代、絵付け体験代込みで1個200円。

とても良心的。

結局、閉館時間近くまで遊ばせてもらった。

ね、来てよかったでしょ。

って、ここに行こうと言い出したのは夫だったのだけれど。(笑)




ここは姫路駅からバスで約25分。

近くに書写ロープウェーがあり、書写山円教寺へも行けます。

姫路と言えば姫路城が有名だけど、

ここのお寺も見応えあります。

今月22日にはこんなイベントもあるよ。

昨年参加したら、すごく良かったよ。
[PR]
by senbe-2 | 2009-09-03 15:22 | 遊び | Trackback | Comments(4)

ちょっと遠出

畑仕事の午後、友達と約束をしている次子をのぞいた

残り3人でお出かけ。(夫、長子、私)

こうやって、一人一人用事ができて、だんだん親と一緒に出かけることが減っていく。

当たり前のことだけれど、やっぱり少し寂しい。

それだけに、ある一瞬が、記念写真のように瞼に焼き付いてると

感じることがある。


3人で訪れたのはこちら

いやあ、びっくり。

まず、こんなところにあるの?

っていうところにある。


そして敷地に入ってみると、広い庭にレンガ作りの建物がたくさんあり、

別世界が広がっている。

レンガ会社が経営しているだけあって、レンガの量は半端じゃない。

小川が池に流れ込み魚も泳いでいる。

テラスにはぶどう棚があり、ぶどうがたくさん実っている。

お庭はもちろん芝生。

ヨーロッパの街の中心にある様な(行ったことないけど)泉があり、

辺りはレンガ敷きの広場になっていて、

野外イベントや、ウェディングパーティーができそう。

大きなホールもあるからコンサートもできる。

宿泊もできるらしい。


そして、何よりびっくりなのが、お料理がおいしいこと。

私たちにはちょっと高いと思ったけれど、

中身を見て納得。

前菜というかサラダ。
f0088647_055832.jpg

シェアする前に写真を撮るべきだった。載ってない具材多々あり。



レンガ釜で焼いたピザ。
f0088647_0564971.jpg

これが香ばしくてなかなかの味。
ガスオーブンじゃ到底再現できそうにない。
その上にかけた唐辛子入りのオリープオイルがまた美味で、
これからピザにはタバスコじゃなくこれでいきます。


このパスタがほんとにおいしい。
f0088647_057175.jpg

ウニ、イカ、ホタテ、エビ、ムール貝、蛤(?)が入った冷製パスタ。
パスタは細めのカッペリーニ。トマトバジル風味がさわやかだった。

食べ盛りの長子には少し足りなかったようだけれど、

私には丁度良い。

地ビールもあって、夫が先に頼んでしまったので、

この後は私が運転する運命に。

夫を隣に乗せて運転するの、緊張するんだよなあ。

先に頼んでおくべきだった!(笑)
[PR]
by senbe-2 | 2009-09-02 01:20 | 遊び | Trackback | Comments(4)

姫路クラフトアートフェア

今年も行ってきました、クラフトアートフェア。

昨年は菓子博の関係で開催されませんでした。

f0088647_2161470.jpg


時間があまりなかったので、さーっと一回りして、一番気になった

ガラス工房の手作りはんこコーナーへ。
f0088647_2111528.jpg


思ったより簡単にはんこが彫れました。

近頃は便利です。

帰宅してから、どんなお店かなってインターネットですぐに調べられます。

こんなお店でした。

閉店間際に寄った手作り器のお店で、「あ、これだ!」と思ったコップを5個購入。

でも、買う前に言ってしまったの、「5個買ったら安くなる?」って。

お店のお兄さん、ちゃんとまけてくれました。

いけませんね、一生懸命手作りされたものを無理矢理値引きさせるなんて。

後で夫に、「おばはんやなあ」と言われてしまいました。(笑)

この方のブログはこちら

ここを読んで、また値切ってしまった事を少し反省。

私がはんこを彫っている間に、夫も買い物を楽しんだようです。

買ってきたものたちはまた明日紹介します。
[PR]
by senbe-2 | 2009-05-10 21:27 | 遊び | Trackback | Comments(6)

こどもの日

この日、義母、末男、私の3人はちょっとお出かけした。

その帰り、川の土手を車で走っていると、

末男が「手長エビがおるから、行ってみよう!」と言う。

幼い頃から網とバケツをもって探検に行くのが趣味の彼は、

川を見たらうずうずしてくるようだ。

早く家に帰りたい私は無視を決めていたが、

義母が「今日はこどもの日や、って言うてみたら。」と末男に入れ知恵をする。



ああもう仕方ないなあ、と寄り道決定。

川に入ったとたんに、末男が大きなシジミを採った。

あさりより大きいくらいの大きなシジミ。

こんなに大きいのが採れるなら・・・と損得勘定丸出しの私の心が動いてしまった。

f0088647_93887.jpg


この後、私も靴を脱いでズボンの裾をまくり上げて、シジミ採りに参加。

他にもシジミ採りの家族はたくさんいた。

でも、最初の大きなシジミはなんだったのかと思うくらい採れない。

小さいのがたまに採れるくらい。

末男の心はエビでもなくシジミでもなく、カニに移動。

f0088647_96245.jpg


実は義母も磯遊びが大好き。末男が好きなのは血筋かもしれない。(笑)

末男以上にカニを追いかけていた。もちろん手際が良いので

どんどんカニを追いつめる。
f0088647_961728.jpg


小さいのもいた。
f0088647_963524.jpg

少し大きいのも。
f0088647_96489.jpg

もう少し大きいのも。
f0088647_965913.jpg

たくさん採れた。
f0088647_9153779.jpg



カニと少しのシジミたち、持って帰って、お味噌汁に入れた。

私は少し後悔した。

逃がしてやってもよかったのにと。

自分で手を下すとそれが必要か必要でないか、はっきりとわかってくる。

自分が生きるために必要なら自分に折り合いがつくのだ。

でも、必要以上のことをすると、どこかおさまりが悪い。
[PR]
by senbe-2 | 2009-05-07 09:32 | 遊び | Trackback | Comments(4)

結婚記念日とトワイライトエクスプレス

先日迎えた結婚記念日。

たまたまその日は大阪へ行く用事がありました。

大阪駅に着いたのは昼の12時ほんの少し前。

隣のホームには懐かしい列車が。

f0088647_16384146.jpg


実はこのトワイライトエキスプレスに乗って新婚旅行へ行ったのです。

実際は結婚式の当日に乗ったのではありませんが、

結婚記念日に再会できたことに少し感動しました。


「あ〜、この列車に乗って北海道へ行ったんやなあ。」

って、長子が今月末に修学旅行へ行くのも北海道だ。

なんだよ〜。中学の修学旅行と新婚旅行の行き先が同じだなんて!(笑)



この日大阪で食べたスイーツ。
f0088647_16533615.jpg

f0088647_16542617.jpg


そば粉のクレープで、チョコバナナとベリー3種。

そば粉のクレープが素朴でいい味をしてました。
[PR]
by senbe-2 | 2009-05-05 17:04 | 遊び | Trackback | Comments(4)

潮干狩り

何年ぶりだろう、潮干狩り。

夫、末男、私の3人で干潮めざして夕方から行ってきた。

f0088647_1544646.jpg


ジャージ姿の少年が末男。こっちを向いているが、

めざしているのは沖に向かっている夫。


沖で何かしてる二人。

f0088647_154755.jpg

f0088647_15472366.jpg


カニをつかまえていた。
f0088647_15501017.jpg


日暮れとともにますます潮が引いたが、貝掘りはそろそろ終わりだ。
f0088647_1552180.jpg


あさりも採れた、カニも捕れた。

早く姉たちが待っている家に帰ってごはんにしようと駐車場に向かった。

・・・・・・。



鍵がない。・・・自動車の鍵がない・・・。

私がポケットに入れていた・・・鍵がない。

ポケットに入れていたら落としそうだから、夫の鞄に入れてもらおうと

思いながら、早く貝を掘ろうと焦って、すっかり忘れてしまっていた。

うかつな自分を責めたところで、どうしようもない。


事務所に鍵の落とし物がないか尋ねに行ったが、やはりなし。

つとめて冷静になって考えたが、ここは自宅に鍵を取りに帰るしかない。

幸いなことに、2キロ程離れたところに夫の車がある。

たまたま用事があった夫は一足先に自分の車で来ていたのだ。

暗闇のなか、カニと貝をぶら下げて歩く。



自分を責めながら、夫と末男に申し訳ないと思いながらの30分。

黙々と歩くのに精一杯な私。

「なんでそんなに暗いん?」と私を不思議がる末男。

始終明るい末男にどれほど助けられたか。

やっと夫の車にたどり着いたが、まだまだ到着ではない。

40分かけて家に戻り、40分かけてまた引き返さなければ。

それも夫と二人で。明日の朝も早い出勤の夫にはほんとに申し訳ない。



全てが終わったのは夜の10時過ぎ。

その間に、次子が貝の砂出しの作業を進めていてくれた。

今から砂出しか、とつらい気持ちになっていた私はまたも子どもに助けられていた。

ありがとう、ありがとう。


そんなこんなで、とんでもない半日だったが、

家族の暖かさを身にしみて感じることができた日でもあった。
[PR]
by senbe-2 | 2009-05-02 16:03 | 遊び | Trackback | Comments(8)

がーまるちょば

がーまるちょばの舞台公演へ行ってきました!

f0088647_9192052.jpg


私は知らなかったけど、TVのCMにも出演されているとか。

「百聞は一見に如かず」なので、こっちで、見てみて。

パントマイムとは違う、サイレントコメディーの世界。

おもしろかったよ。

基本は路上のライブパフォーマンスだけど、今回は舞台公演ということで、

後半は芝居仕立てのお話でした。最後はホロッときましたよ。

まさか、がーまるちょばで涙が出るとは。
[PR]
by senbe-2 | 2009-04-16 09:38 | 遊び | Trackback | Comments(2)

えび採り

数ヶ月前に末男がブラックバスを連れて帰ってきた。

池で釣り上げたのか、釣ったものを貰ってきたのか定かではないが、

海老しか入っていなかった末男の水槽に入れられた。

体長約10センチ。

その日のうちに、ほとんどの海老はブラックバスの腹の中に消えた。

翌日には全滅。

しばらくは餌もやらずに放置されていたが、いつまでもやらないわけにはいかない。

父親所有の魚たちの餌(粉末)をやっても、ブラックバスには見えないのか、

ほとんど食いつかず、底へ沈むだけ。

それからは末男が近くの溝へ海老をすくいに行っていたが、

それも長続きしない。

餌をやらないなら、池に放してくる様に諭されるが、

末男は決心がつかない。

そんなこんなで、ブラックバスはわずかな餌で今日まで命をつないできた。

魚でも餌がもらえることがわかるのか、ただ動くものに反応しているだけなのか

人が水槽に近づくと寄ってくるのだ。

ブラックバスも生き物。飼っていれば可愛くなってくる。

そしてとうとう、次子が動き出した。



水槽の掃除をしてやり、ここ数日何も食べていないブラックバスのために、

エビ採りに出かけた。
f0088647_23593888.jpg

初めはエビの姿を捉えることが出来ず、

これはもしかしてとても大変な作業になるのではと心配をしたが、

徐々に目が慣れてきて、見える様になってきた。

狙いを定めて網ですくう。

指の先にエビがのっている。(クリックしたら、少しだけ大きくなります。)
f0088647_23582745.jpg


f0088647_23584992.jpg


水の中のエビを探すのはちょっと時間がかかる。

そこで、何も考えず、その辺の泥を網ですくってみた。

そしたら、ちゃんとエビが入っているではないか。

おおっ!かんたんかんたん。

そして次々にゲットし、餌箱はエビで一杯にエビがそこそこに。
f0088647_0125654.jpg


30匹くらいは採れたと思う。

1日に5匹あげたら、6日分。

その後はどうなることだろう。


あ〜、暑い夏のような午後だった。
[PR]
by senbe-2 | 2009-04-12 00:19 | 遊び | Trackback | Comments(2)

SUPER DRY B-JAM

随分前に応募したコンサートSUPER DRY B-JAMが見事当選してしまった

アンダーラインがあるのは、当たらないでほしい!

という願いがわずかにあったから。(笑)

夫が見つけ、長子が是非行きたいと言い、

ビール会社のメジャーなコンサートが当たるわけないと、

お気楽な気分で申し込み。



長い間連絡がなかったから、だめだったんだね・・・って安心してたら、

突然、”INVITATION”のハガキが。

アリャリャ〜、連れて行かないといけなくなっちゃったよ〜!

長子はアニメの主題歌を歌うアーティストに会えると、

ますます予習に力が入る。

夫は、仕事の都合を付けなきゃならないし、

アーティストも歌も聴いたことがない。

でも、せっかく当たったし、整理番号はなんと10番。

そんな小さなコンサートだったっけ?

いやいや、アサヒビールがそんな小さなコンサートを企画するはずがない。

スタンディングとはいえ、整理番号順に入場できるのだから、

これはとてもラッキーなんだと、二人して出かけていった。


最終電車で帰宅した二人、かなり興奮してました。(笑)

聴いたことがないと、半分しらけていた夫も、

「やっぱり、FLOWはよかったわ〜。」

と翌日は彼らのCDをレンタルしてました。

前から2列目で楽しんだらしいけど、

あまりの轟音で、耳がおかしくなったとか。(笑)


でも、楽しめてよかったよかった!
[PR]
by senbe-2 | 2009-03-26 14:46 | 遊び | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧