カテゴリ:未分類( 17 )

ホワイトデー 〜末男の〜

ホワイトデーが近づいて、お金が無いお金が無いと騒いでいる末男。
すぐに食べ物に使ってしまうので、お金が無いのはいつものことだ。
ホワイトデーにお金がいるのは、一ヶ月も前からわかっているのだから、
計画的に残しておくべきだ。今更お金が無いと言われても、
母にしてやれることは何も無い。

末男は最後の手段、自分でクッキーを焼くという方法を選んだ。
家にあるものを使って出費をゼロにする計画。
いや、バターはそのために買ってるんだな。払ってほしい。

ネットで検索して作り始めたのはいいが、
「バターを計るのに何に入れたらええの?」
「ふわっとするまで混ぜるって書いてあるけど、
もうふわっとしてるんかな、なあどう?どう?」
「あー失敗した。ココアとプレーン味に分けるのに、一緒に作り始めてもた。どーしよー????」
などといちいちうるさいのだ。

多分失敗は許されないというプレッシャーが彼をコチコチのさせているのだろう。

クッキーを形作る頃になって、クッキー作りの師匠、次子が帰ってきた。
その後、クッキングシートが切れていることが判明し、
次子は真夜中に車で買いに走った。
なんて優しいんだ。私なら買いに行かないだろう。

私はといえば、お役御免となり、一足先に床についた。

翌朝起きてみると、
彼女の丁寧な指導により、立派にクッキーは出来上がっていた。

f0088647_21121319.jpg



そして、私もひとつもらった。
そういえば、末男に生チョコをあげたんだった。

f0088647_21121395.jpg



ごちそうさまでした。





.
[PR]
by senbe-2 | 2016-03-16 21:09 | Trackback | Comments(2)

春めいて

f0088647_17454138.jpg



2月後半にインフルエンザにかかった。
何年ぶりだろうか?
毎年インフルエンザの季節がきても、少し体がだるいなあ、
ちょっと熱っぽいぞと思いつつ、それでも日常生活を送れるくらいの体調を維持できていたのに、
今年は、やられてしまった。
家族の誰もかかっていないのに、だ。

家で寝ている間に、春がやってきていた。

庭のクリスマスローズが可愛く咲いている。
花瓶に挿しても、あっち向いたりこっち向いたり、
思う様にいかないが、いっぱい花をつけて頑張っているのが
愛おしい。

私の好きな季節がやってきた。
お片づけは苦手だけれど、模様替えなら嫌いじゃない。
家を変えて、気分を変えたい。
いつでも人が出入りできる風通しの良い家、
そんな家庭がいいなあ。

f0088647_17454382.jpg




夫が植えたネギがよく育った。
白いところも緑のところも美味しいこのネギはオールマイティ。
横の小さいのは、島らっきょう。
去年は育ちが悪く、収穫時期を逃してしまった。
今年も育ちが良いとは思えないが、
早めに食べたらいけるんじゃないかと、
初収穫。
さあ、どんな感じかな?楽しみ〜。
[PR]
by senbe-2 | 2016-03-08 17:43 | Trackback | Comments(2)

末男に任せる

休日に食材をまとめ買いしているが、
4日分くらいが限度で、それ以上は冷蔵庫に入らないし、
古くなってしまうものもある。
そんなこんなで、食材がなく、晩ご飯をどうするか困ってしまった日、
それはちょうど末男が休みの日で、珍しく部活も無いという日だった。
そこで、買い物も、晩ご飯の用意も全てお願いした。

f0088647_15034454.jpg



ホイコウロウ、きゅうりの中華風、厚揚げを焼いたん。

お味のほどは上々だった。

野菜の旬を知ろう、とか、ネギとか生姜とか薬味が欲しいとか、
いろいろ突っ込みどころはあるけれど、
そんなことどうでもいい。

帰ってホッとつける時間があったこの日。
幸せだった。
こたつにはいって、偉そうに言いましたよ。
「料理人は、ご飯を作りながら、洗い物をして片付けていくんよな」って。
それを聞いた末男は、その言葉通り、フライパンややボール洗っていました。

翌々日だったか、
夫と食器洗いをしていて、
「料理人は作りながら片付けるんじゃなかったん?」と、
次々出てくるお鍋やボウルを洗いながら言ってた。
ははは、できるときはそうするんだけどね。
できないときもあるんだよ。
[PR]
by senbe-2 | 2016-02-09 15:02 | Trackback | Comments(2)

バス事故から思うこと

センター試験の前日に起こったバス事故の日。
会場になる大学の学生にとっては、またとない休日ですね。
次子も部活のメンバーで温泉旅行へ出かけていました。
事故に遭われた若者たちと同世代の子どもを持つ親としては、
胸の詰まる思いがします。

もう、安さを求めるのは終わりにしたい。
安い労働力で支えられている安価なサービス。
安さを求め続けると、また同じことが繰り返されるに違いない。
ネットの普及で、価格比較は簡単になっている。
でも、安全性の比較まではできない。

賃金を上げよう。そして、サービスに見合った対価を払おう。
きちんと働く人が見合った給料をもらえるようにしなければ、
安さばかりを追求する社会は変わらない。

経済成長がマイナスの現代、資産には限りがあり、
それをどう配分するかが鍵になるという。
政治経済の知識の少ない私には、苦手な領域の話だけれど、
大企業を守れば、日本経済を引っ張っていってくれるだろうという考えは、
甘いのではないかと思う。
[PR]
by senbe-2 | 2016-01-19 13:05 | Trackback | Comments(2)

次子の誕生日

次子の誕生日に、家族全員が集まりました。
長子が数日前から帰省していて、次子はバイトが入っていたものの、
夜の8時には終わるということで、
みんなで晩ご飯を囲みました。

この日も私は仕事だったので、買い出しや準備の多くは、長子がしてくれました。
帰宅した時の私の疲れはピークで、もうご飯なんていらない、
このまま寝たいと思うほどでした。
長子が居なかったら、外食だったかもしれません。

f0088647_21470181.jpg


メニューは、パスタ2種 (ナポリタンとカルボナーラ)、シーザーサラダ、
カレー2種 (チキンカレーとキーマカレー)これは次子のバイト先からのテイクアウト。

このほかに、次子の大好物のフライドポテトを準備していましたが、
量が多くなったのと、揚げる時間がなかったので、取りやめになりました。

f0088647_21470264.jpg



ケーキは久しぶりにホールで。
ちょっと割高になるけど、ローソクもサービスで付けてくれたし、
なんせ誕生日の雰囲気が出て、いいものですね。

一夜明けたら、長子は帰るし、次子は部活で旅行へ行ってしまうしで、
昨日今日は、静かな夜を過ごしています。
[PR]
by senbe-2 | 2016-01-17 21:46 | Trackback | Comments(4)

今年も福袋作りました。

お正月になると、いろんなお店で、福袋なるものが売り出されますよね。
5000円、10000円と値札が付いているけど、
中身はもっともっと値のはる商品が入っていて、お得感のある福袋。

図書館でも最近は福袋を用意するところがあります。
私たちも作りました。
もう何年か前から、できる年にはやっていて、
今年も利用者の方から、
「今年はやらないの。」と声をかけてもらっていました。
「やりますとも」ということで、作りました。
大人用と、子ども用はそれぞれ細かな年齢別で、トータル151袋。

福袋といっても、買ってもらうわけではなく、
図書館の蔵書を借りてもらうわけなのですが、
すでにラッピングされていて、何が入っているかは、
帰ってからのお楽しみというわけです。

f0088647_17055802.jpg




福袋にはタグが付いていて、どんな本が入っているか想像をふくらませるテーマが
書かれています。「いい男になる!」とか、「眺めてみよう」とか、
まあ、それだけでは何が入っているかわからないけど、
選ぶ上でのちょっとしたヒントにはなります。

実際は、貸し出しの時のレシートに本のタイトルが印字されているので、
見ようと思えば、見ることはできますが、
私たちはわざとレシートをキッチリ折りたたんで渡しますし、
借りられる方も、遊び心いっぱいの人たちなので、
誰も見ようとはしません。ちょっとした遊びにお付き合いいただいています。

子ども用は巨大な手作りクリスマスツリーの回りに設置しました。
f0088647_17055941.jpg


f0088647_17055944.jpg



子どもたちには、プレゼントにしか見えませんから、
みんなすごい勢いで借りて帰ります。
自分では決して選ばないであろう本を手にするいい機会になるかもしれませんし、
何より開ける時のワクワク感が楽しいでしょう。

本は3冊入っています。
年末年始の休館をはさむこの時期の貸し出し冊数は通常の倍に設定してあります。
たっぷりの余裕がある今だけのお楽しみです。

12月14日から始めましたが、
1週間で残りわずかになってしまいました。

この一週間、福袋を持ち帰る利用者がちょっと楽しそうで、
それを見送る私たちも、とても幸せな気持ちになりました。
限られた時間の中で用意するのはちょっと大変だったけど、
その作業もワクワクして、楽しいものでした。

包装紙やリボン、マスキングテープなどなど、
包装資材は、全部職員の持ち寄りです。
また来年に向けて、貯めておかなくっちゃね。
[PR]
by senbe-2 | 2015-12-23 17:03 | Trackback | Comments(4)

シソの実で

畑で今夏もわんさか茂っていた青じそ。
邪魔なのはわかるけど、実を収穫したいから、
全部じゃなくていいからと前置きして、
抜かずに置いといてと夫に頼んでいた。

f0088647_21563976.jpg


穂先を収穫して洗い、
茎から実をはずしているところ。
穂先からしごくと、ポロポロと綺麗にはずれる。

全部はずして、適当な量の粗塩をまぶす。
しばらく重石をしておく。
ここで水が上がればいいのだけれど、
そんなに水分を含んでいるわけじゃないので、
水が上がらない。
しびれを切らして、少し水を入れた。笑
カビがくるのがこわいけど、パサパサは美味しくない。
1日漬けて、いい感じになったところで瓶詰めして冷蔵庫へ。

ご飯によく合う。

f0088647_21563988.jpg





実を収穫できたから、もう刈り取ってもらっていいのに、
まだ残っていると、今度は夫が収穫してくれていた。
いや、もういらないとは言えず。

長い間、このためだけに畑で陣取っていたシソ。
使わなかったら怒られそうだ。
[PR]
by senbe-2 | 2015-10-02 21:54 | Trackback | Comments(4)

進路決まる


末男の受験が終わり、
合格発表もありました。

残念ながら、第一希望の高校には合格できず、
第二希望となりました。

本人はとても残念がっていますが、
この進路が末男の人生の中できっと良い結果につながると信じて、
前に進んで欲しいものです。

(15歳の本人には、なかなか伝わらないのですが。)



f0088647_2463515.jpg


写真は入試の翌日に、次子と末男で作ってくれた夕食。
この日は、友だちの遊びのお誘いを断って、
一日中家の片付けをし、晩ご飯まで作ってくれたのでした。
家の蜘蛛の巣をはらったり(どれだけ掃除をしていないのか?)、
新聞紙を束ねたり、掃除機をかけたり、
よく頑張ってくれました。

その日から部屋のキレイをキープしようと思っていましたが、
それはやっぱり難しい。
あの日何ものっていなかった、リビングのテーブルと、
ダイニングのテーブル、キッチンのカウンターは、
すぐにてんこ盛りになってしまいました。
[PR]
by senbe-2 | 2015-03-18 23:01 | Trackback | Comments(6)

文化発表会

先日、市内のホールで、末男の通う中学校の文化発表会が開かれました。
残念ながら、私は仕事の都合がつかず、見に行けませんでした。

前々から、この日のために末男は準備している出し物があったので、
どうしても写真に収めたくて、家でもやってもらいました。

f0088647_12491259.jpg

f0088647_12491327.jpg


本番では映画泥棒に扮した末男と、パトランプ男に扮した友達との
短いパントマイムを披露したそうです。
受けたのかな。ちょっと気になるところです。

かぶり物は100円ショップで材料を買って自作し、
ぴったりのスーツは父親のものであるはずはなく、
小学校でお世話になったスマートな恩師に借りました。
[PR]
by senbe-2 | 2014-11-04 12:31 | Trackback | Comments(2)

ハンター集会

今日は月に一度の図書の整理日。
子どもたちがお世話になった小学校の図書室で、
新しく購入した本にカバーをかけたり、本の整理をしています。
子どもたちが在学中に始めたボランティア活動ですが、
卒業後も、まだ私にできることがあるなら…と思って続けています。
当初少なかったメンバーも多くなったし、整理も行き届いてきたし、
そろそろ卒業かなと思っている今日この頃...。

そんな活動日だったのですが、
始まって間も無く、運動場が騒がしくなってきました。
どうやらこの日は、2時間目と3時間目の間の大休みに、
全校遊びが計画されているようでした。
名前は「ハンター集会」

テレビでやっていた「逃走中」からヒントを得たゲームです。

まず、子どもたちが運動場に放たれます。
f0088647_21391924.jpg


その後、ハンターになった上級生が出動します。
f0088647_21392098.jpg

全身黒づくめというわけにはいきませんが、冬服をまとって出動です。

そして数分後、先生ハンターの第一陣が投入されます。
f0088647_21392066.jpg


そしてそのまた数分後、
先生ハンター第二陣の投入です。
f0088647_21392176.jpg


先生たち、みんな黒づくめでかっこいいです。
校長先生も追いかけておられました。
この集会は児童会が主催しているので、写真左下の生徒が実況したり、
注意事項をアナウンスしていました。
逃走者には、隣接の幼稚園児も参加していて、可愛かった。

逃走時間は10分ほどだったようですが、
ほぼ全員、ハンターに捕まっていました、ただひとりの幼稚園児を除いては。


終了のホイッスルの後すぐに、何処かに隠れていた幼稚園児が、出てきました。

小さい学校だからできることですね。
幼稚園児も参加するなんて、ほのぼのしていて、嬉しくなりました。

夕飯の時に末男に話したら、
ハンター集会は俺の案やでと言うではありませんか。
そして今でも続いていることに驚いていたし、嬉しそうでした。
続いているといっても、まだ、たったの3年ですけどね。
図書ボランティアは7年ですから。(何を競っているのやら、大人気ないわたし)
[PR]
by senbe-2 | 2014-10-21 21:00 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧