2017年 05月 07日 ( 1 )

電子レンジなんか…

ひとり暮らしで自炊を始めた長子からレシピ本をもらった。
自分が使ってみて、感動するほど良かったから、
お母さんにもと思って、新たに買ってくれたのだ。

4月の始めに、長子が電子レンジで調理していると聞いたときは、
なんぼ手軽でも、ごはんは火を使って調理しないといけないのに…
と思っていた。
家に居る次子には、電子レンジってね、食材を強制的に振動させて、
熱を出させているわけで、それって不自然だから、お母さんは反対なんだと
偉そうに言ったのだ。
長子が本を渡してくれた時に同席していた次子は、
私の反電子レンジ発言をありのまま長子に説明してくれたものだから、
内心ギクッとしたのだった。

でも、ひとり暮らしマンションにはコンロといえば、
IHが一つあるだけで同時に2つの鍋はかけられない。
頑張って、毎日作っているだけでも偉いなあと思っていたから、
電子レンジでもいいじゃないの、とも思っていた。

さて、いざその本を手にした私は、
じっくり読んでみて、
試したくて仕方なくなったのだ。
レシピは大体二人分でできている。
レンジ調理はムラが出やすいので大量調理には向かないらしい。

ちょうどゴールデンウィークに入り、みんな多忙で、末男と2人のご飯が続いた。
これはチャンスだと思って、やってみたのだ。

まずは、レシピ本通りに、最初に載っている肉じゃが。
f0088647_08092309.jpg
あっけにとられるほど、手順は簡単。
材料と調合タレを入れて、チン。
終わったら混ぜるだけ。

味は、水が入らないぶん、しっかり濃いめ。
ご飯ががっつり食べたくなる味だ。
悪くない。

次は、チキンのトマト煮。
f0088647_08092364.jpg
これも、手順は同じだ。
トマトが無かったので、トマト缶で代用。
ちょっとしゃぶしゃぶ気味だ。
これも悪くない。

手軽さを考慮したら、これって素晴らしいかもしれない。

2人分が限度なので、鍋調理に戻るが、
2人分の日にはまた作ってみようと思う。

電子レンジなんか…と思っていたのに。
今でもその気持ちは変わらないのに。
人間、楽な方へは簡単に行ってしまうものなのだ。



[PR]
by senbe-2 | 2017-05-07 08:47 | 料理 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧