2017年 04月 10日 ( 1 )

滋賀へ


3月末頃に職場(図書館)のみんなで滋賀県へ行ってきました。
目的は滋賀県の図書館めぐりと観光です。

f0088647_13061326.jpg

知らない図書館へ利用者として訪れると、
新しい発見があるものですね。
今回も、本の並べ方、企画展示の仕方、休憩エリア、本のリサイクルなど、
それぞれの工夫を見つけました。
すぐに改善できるものもあり、早速実践しています。


1日で3つの図書館を巡りました。
その間に、混雑が予想されるお昼時に、
逆手をとってお茶を楽しみ、お茶の時間にご飯を食べました。
この作戦は大成功で、どちらも待ち時間なくゆっくり過ごせました。

近江八幡の街は風情があります。

八幡堀という運河が作られ、琵琶湖を往来する船を城内に寄港させたために、
近江八幡が栄えました。今はドラマのロケ地に使われることが多いそうです。
朝ドラの「あさが来た」でも、主人公のお姉さんの嫁入りに、
この場所が使われていましたね。


近江八幡といえば明治時代に来日し、
数々の建築物を残したヴォーリズさんが住んでいた街です。

私が通っていた大学が所有していた六甲山頂にある宿舎がヴォーリズ建築で、
実際に何度か泊まりましたが、暖炉の前には本を読むスペースがあり、
何とも言えない温かみがありました。
中庭に面した窓は開放的で、部屋と庭に一体感がありました。
客室にはそれぞれ洗面所が付いていてアンティークな蛇口が印象に残っています。
キッチンは、お湯が出なくて困りましたが、低い位置に吊り戸棚があり、
これは使いやすいと思ったのを覚えています。
ダイニングルームには、大きな大きなテーブルと椅子があって、
大勢で食事を囲めるのに憧れました。

今回、ヴォーリズさんの自宅を訪れましたが、
見学には予約が必要だったようで、中は見ることができませんでした。
でも、久しぶりにヴォーリズ建築に触れることができて心ウキウキでした。

f0088647_11570372.jpg

ランチをいただいたのは、近江八幡駅近くのかね安さん。
牛を一頭買いする、お肉屋さん直営のお店で、
すき焼きなどは、目が飛び出るほどのお値段でしたが、
この牛丼はお手頃価格で、しっかり牛肉の味がありました。
午後3時台で、お客は私たちだけかと思っていたら、
その後、次々にお客さんが入ってこられました。
安くて美味しいという情報はすっかり定着しているようです。

私が自分でお出かけをしたら、何の計画もなく、
何を食べようか?次はどこへ行こうか?と
行き当たりばったりになってしまうのですが、
今回は、職場の旅慣れた先輩が作ってくれたタイムテーブルに沿って、
移動したので、時間のロスがなく、充実した旅になりました。
ありがとうございます(^o^)










[PR]
by senbe-2 | 2017-04-10 11:55 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧