2016年 05月 27日 ( 1 )

弁当箱のパッキン

f0088647_01300807.jpg



これは末男の弁当箱だ。
中学生の途中から使っている。
ご飯は温かさをキープできるように、プラケースを肉厚のアルミケースに入れ、
それをおかずケースと一緒に弁当バッグに入れる仕組みだ。
おかずケースも2つに分かれている。

このお弁当箱の優れた点は、もう一つあって、
ご飯とおかずの容器を、弁当バッグの中で、縦にも横にも並べられるところだ。
通学鞄に入れやすいように、縦2段積みにしてもいいし、横に並べてもいい。

よく考えられている。

しかーし、
私は気に入らない。なぜなら、洗いにくいから。
毎日毎日、チマチマと弁当部品を洗うのは時間の無駄のように思ってしまう。
でも、買ってしまったのだから仕方ない。

もう3年近く使っているし、これからも使い続けるつもりだ。


さて、今日の本題は、弁当箱自慢ではなく、
パッキンについて。

ここ1年くらい、ずっとこの弁当箱のパッキンを探していた。
ネットで調べたり、弁当箱を買ったホームセンターへ行ったりして。

カビカビのパッキンは、カビるだけでなく、切れてしまっていた。
これ以上使い続けるのは、衛生的にどうなんだろうかと、
思いながらも、だからと言って新しい弁当箱を買う気にもなれず、
だらだらと使い続けていた。

ある時、何かの取扱説明書を探している時、
この弁当箱の取扱説明書が目に触れた。
ああ、こんなところに保管してたんだわ、
私、なかなかちゃんとファイリングしてるじゃないのと、
過去の自分を褒めてやった。
そしてそこに、
必要な分の切手を送れば、パッキンを送りますと書かれていたのだ。

f0088647_01300971.jpg



切手を送ると、速攻でパッキンが送られてきた。
弁当箱のアスベルさん、ありがとうございます。
さすがでございます。




.
[PR]
by senbe-2 | 2016-05-27 01:29 | 道具 | Trackback | Comments(8)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧