2010年 03月 22日 ( 1 )

お彼岸はおはぎで

お彼岸の前夜にふっと思い立っておはぎを作ることにした。

小豆をつけ、餅米をつける。
これさえやっていれば、明日の私は嫌でも作るだろう。
そうだ、ためらわず明日の自分を信じよう。(笑)

幸い夫が仕事で早朝に家を出た。
こどもたちが起きるまでにまだ2時間くらい有る。
その時間にあんこは出来上がった。
朝から行なわれた婦人会(戦時中に生まれたこんな組織がまだ現存するのだ)の総会後、
餅キビ入りの餅米を炊き上げ、
末男がぺったんぺったんやって、
私があんこを包み込み、
末男がきな粉をまぶして、
出来上がったぜ!

f0088647_0463349.jpg


これを持ってお墓参りだ。

終わったら夫の実家近くを散策してつくし採り。
「ここはよその陣地やから、俺ら泥棒?」と末男。
陣地じゃないけど、よそ様の田んぼであることには間違いない。
ということは泥棒と言われても間違いはない。
田舎の道ばたということで許してもらえはしまいか。
ご近所の息子の嫁とその子ということで多めに見てもらえまいか。
これからは、もう少し考えて行動せねばならないかも。

f0088647_0534296.jpg


昨日にうってかわって肌寒く、
風が異常に強い日だった。
[PR]
by senbe-2 | 2010-03-22 00:55 | 料理 | Trackback | Comments(8)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧