子どもの眼って・・・

子どもって、何を見ているのだろう。

今日、末男が食品庫から

ラム酒の瓶を持ち出しているのを見つけて、びっくり。
f0088647_1739310.jpg


どう見ても、お酒、ジュースでないことくらいわかるはず。

とうとう、お酒に手を出すことになったのか?

小学3年生じゃ、ちょっと早すぎるだろう。

「あんた、なにしとん?」

焦って問う私に、末男が見せたものがこちら。

f0088647_17472079.jpg



次子の話では、昨日、末男はこの雑誌を読んで眺めていたらしい。

今日、何か食べるものはないかと、食品庫を物色していて、

このラム酒の瓶が眼に入ったと言う訳。

f0088647_1815582.jpg


この分厚い雑誌をよく見ているものだなと、感心したのだが、

この絵が写真でなく、「絵」であったところがポイントかもしれないな。

絵は写真より、身近なものなのかも。



また、冷蔵庫でさんまを見つけた彼は、

「これ、サヨリ?」と聞いてきた。

彼にとって、サヨリの方がサンマより身近なのか。

食卓に上るのは断然サンマなのだが。


惜しいね、ちょっと違うんだな。

長細くて、光ってるところは似てるよね。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/8937923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minazuki-3 at 2008-08-30 17:14
雑誌の絵と自宅のラム酒のビンがそっくりで、気なったのでしょうね。
何か、興味の惹く事が末男くんにはあったのね。
お魚のサヨリの事も記載があったのかも。
そ云う所から、いろいろ彼なりの知識や興味が深くなっていく事に繋がるのかもしれないですね。
子供って未知だもん素敵ですね。
Commented by senbe-2 at 2008-08-30 20:09
みなずきさん、
この絵、上手に書けてますもんね。
絵は漫画に通じるところがあって、興味をひくのかもしれませんね。
魚の名前もよく知っていて、(お魚のカードゲームでね)、
字が読めなくても絵で判断する癖がついているのでしょうね。
私は、もっぱら字で読むので、いつまでたってもカードを覚えられません。
by senbe-2 | 2008-08-29 18:07 | 生活 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧