とうちゃんの誕生日

父ちゃん(夫)の誕生日を残りの4人で企画しました。

4人からのプレゼントと、ちょっと手の込んだお料理と、ケーキ。

これが定番ですが、今年はもうちょっと頑張りたかった私。

f0088647_0345553.jpg


でも、出来たのはこれだけ。

次子と末男が頑張って、作ってくれました。



長子がだいたいのシナリオを作って、いざ本番!


夫が帰ってきたら、電気を消して、

部屋に入るなり、電気をパッとつけて、

クラッカーをパンッ・パンッ・パンッ!

「お誕生日おめでとう!」


なんだか、子どものお楽しみ会のノリです。

楽しんだのは私たち4人。

喜怒哀楽をあまり表現しない父ちゃんはいつもの冷静さを

失っていませんでした。

それでも、少しは嬉しかったんじゃないかって、

私は思っているんだけど、どうかな?
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/8660196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2008-07-20 05:56
そりゃあ嬉しかったと思うよ。
誕生日、軽くスルーされるよりは、遊びイベントとしてでもこうやって祝ってくれる方がぜったいうれしいにきまってるよ。

おたんじょうび、おめでとう。
Commented by senbe-2 at 2008-07-20 08:25
レモンちゃん、
ちょっとくらい、感動してくれるかな〜なんて、甘かったわ。
でも、心の中では喜んでくれてるよね。
Commented by minazuki-3 at 2008-07-20 15:21
お誕生日 おめでとうございます。

家族に祝福されるって、嬉しいでしょうね。
照れ屋さんなのでしょう。
Commented by senbe-2 at 2008-07-21 09:07
みなずきさん、
ありがとうございます。
この先、何年こんなことができるのか、もう、秒読みの時代に入ってしまって、ちょっと寂しいなと思っているのです。子どもがまだ、家族の方を見てる今が最後の時かもしれません。充分に楽しまないとね。
by senbe-2 | 2008-07-20 00:51 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧