現実逃避

f0088647_8371657.jpg


日曜の午後、体はだるく、お昼ご飯の後片付けもせずに、

だらりーっと過ごしておりました。

夕ご飯を作る気力もありません。

なんとか、外食にでもこぎつけたいところですが、

家族が揃っていないので、それもままならず。

夕方、そろそろ夕飯の準備をする時間になって、

私は逃げ出しました。(笑)

誰もそんな風には思っていないかもしれませんが、

私の心の中では、この言葉がピッタリ。

そう、家事が嫌になって、逃げ出したのです。




状況としては、仕事から帰った夫が用事で出かけるのに、

ついて行っただけなのですが。

どこかへ出かけたいと思っていた長子も付いてきました。

次子は宿題が残っているからと、居残り。

末男が野球から帰ってくるのに、留守番役も必要なので、

次子に頼みました。


私たちは結局、夜の8時頃帰宅。

すると、家の中が片付いているのです。

次子がリビングのテーブル上を片付け、

お昼ご飯の洗い物も終わっていました。

二人でお風呂にも入り、さっぱりした笑顔で迎えてくれました。


ありがとう、ありがとう。

私たちが出かけた後、大急ぎで宿題を終え、

片付けに入ったようです。

夕ご飯も作りたかったようですが、

外出中は火を使うなと、日頃から言い渡しているので、

できなかったと。


帰りにスーパーで買った、

レトルトのカレー、ざるそば、ラーメン、コロッケで

夕飯をいただきました。


次子を見ていると、私もこんな女にならなければと

頭が下がる思いです。

ありがとう。



写真は昨年夫が植えたフサスグリ。レッドカラントともいいます。

酸っぱくて、甘くて、とっても美味しいです。

やっぱり実のなる木はええわ〜。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/8351521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minazuki-3 at 2008-06-11 09:29
良く出来たいい子ですね。
お母さんの気持ちも子供は結構見ていて、疲れているなと理解してくれているのかも。
>二人でお風呂にも入り、さっぱりした笑顔で迎えてくれました。
笑顔で迎えるって、幸せを感じますね。
心も救われたでしょうね。
Commented by senbe-2 at 2008-06-11 12:23
みなずきさん、
普段は子供たちにえらそうに、「これをしなさい、あれをしなさい」と言ってる私ですが、内面的には彼女たちに負けてます。勝ち負けの問題じゃないけど。(笑)
笑顔で、がポイントですよね。
「遅い!お腹空いた。」って怒って言われると覚悟して帰ったのに、
ニコニコですから、参りました。
Commented by runrun at 2008-06-11 12:26 x
すばらしい!!素敵なおじょうちゃま。おぼっちゃまんじゃぁありませんか!!

それに、この写真。
実の透明感が心洗われる感じで、
これまた素敵!!
Commented by senbe-2 at 2008-06-11 13:02
runrunちゃん、
今回は、いえ、今回も、1本とられました。
私も、笑顔で家族を出迎えようと思います。

写真の説明を忘れていました。
スグリです。今から追記しておきます。
ありがとう。
Commented by TOMOZO at 2008-06-12 15:36 x
親の背を見て子は育つといいますが、
まさにsenbeさんご夫婦の背中を見て育って、やさしいお子さんになったんじゃないでしょうか?

ブログからの想像でしかないですけど、とっても素敵なご家族ですもん。

雨だったりむしむしと暑かったりで、私もうまくバランスがとれなかったりします。うまく気を抜いて下さい。
Commented by yukarim at 2008-06-12 17:41 x
きっと、子供さんたち、お母さんのことが大好きなんだよ。
やっぱり愛情って通じるもんだね。

体調がすぐれないとのこと、
こう言っちゃ失礼かもしれないけど、
私たちの年代って、そろそろ更年期ってこともあるかもね。
まだまだ若いと思ってても、中身は中年だものね。

気晴らしに図書館で借りた 群ようこさんの「ぬるい生活」
49才の作家の日常だから、近未来風景と思うと
こわおもしろいよ。
Commented by senbe-2 at 2008-06-12 20:20
TOMOZOさん、
次子のこういう行動は私の背中じゃないですね。(笑)
では、父親でしょうか???
いつも笑顔でいようと、子供から教わりました。

今までは疲れていたら、少し眠ると元気になったのですが、
今回はなかなか回復しませんでした。年かな〜。(笑)
Commented by senbe-2 at 2008-06-12 20:28
yukarimちゃん、
私もうすうす感じてました。やっぱり?(笑)
「ぬるい生活」ね、図書館にあったら、借りてみるよ。
近々、図書館へ行こうと思ってたところよ。
読書はしんどくてもできるからね。
Commented by L3M0N at 2008-06-13 00:47
しんどいときに、こうしてくれるとほんとたすかるしうれしいものだね。
いい子たちだよ〜。
加齢とともに体も変わってくるから、いままでと同じようにしてても体の方が違った反応をしてくることもあるし。
あたしもかあさんからよく話をきくので、じっくり耳を傾けているよ。

レッドカレント...こっちでいうgroseilleかな、たぶん。
甘酸っぱいよね。そのままではあんまり食べないけれど、お肉の付け合わせだとか、あとはやっぱりジュレ!にします。
ジャーナルにも以前ジュレを作った時に載せた気が...。
ジュレ、おいしいよ。
そのうち困るくらいたくさん実るだろうから、そのときはぜひ。(笑)
Commented by senbe-2 at 2008-06-13 15:25
レモンちゃん、
ほんとにね、娘の方が大人やな〜と思いました。(笑)
逃げ出したことで、私も楽になったし、
我慢せず、好きな様にしてもいいんじゃないかとちょっと思ってます。

レッドカレント、早く大きくなってほしいなあ。
ジュレができるくらいにね。子供が子供でいる間にね。
by senbe-2 | 2008-06-11 08:52 | 生活 | Trackback | Comments(10)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧