家庭教師

週に1本はかかってくる、家庭教師斡旋の電話。

大抵、夕方忙しくなってきた頃にかかってくる。

みなさん同じ文句でかけてくる。

「○○大学の△△と申します。このたび、中学生のお子さんをお持ちの・・・・」

一方的にしゃべり続けるので、途中で遮るのは礼儀に反すると、

忙しいのを我慢しながら、聞いてあげる。

(そこで先回りして、家庭教師ならいりませんと、遮った方が親切なのか?)

ま、とりあえず、大抵聞いている私。

一通りしゃべり終えた彼や彼女が、「お宅のお子様も是非・・・。」

と問いかけてくるので、やっと私の番がきたと、

「家庭教師はいりません。」とお答えする。



おもしろいのはそこから。

ある関西一難関の有名国立大学を名乗ったお嬢さんは、

私の返事の後、「はい。」とだけ答え、

1秒の間もなくブチッと電話が切れた。

気持ちはわかる。何度も何度も断られ続け、

ああ、またかと、イライラしているのだろう。

でも、私は、思った。

こんな人に家庭教師を頼まなくてよかった!と。




次にかかってきたお嬢さんは、

関西の有名私立大学を名乗っていた。

彼女は、私の返事の後、

「そうですか。失礼致しました。」

と、答えた。

私にも、「では、失礼します。」

と答える暇も与えてくれた。


あー、もし頼むなら、こっちの方がええなあ。


でも、頼むわけはないのだけれど。

こんな電話で頼む人がいるのだろうか。

そもそも電話するのがアルバイトで、

派遣されるのは別の人じゃないのだろうか?


いったいどんなシステムになってるのか、知りたいものだ。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/5620533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by karen-maymama at 2007-06-16 13:55
うちもよくかかってきます。
若いお兄ちゃんかお姉ちゃんだったらだいたいそう。
私は即、「あー、家は結構です。ガチャン」です(笑)。
もっともっと子どもたちが小さいときに幼児教材の話を
最後まで聞いて生返事をしたら、家までやって来て
そこで私がやっとのこと断ったら、ものすごい剣幕で
怒って帰って行ったといういきさつがあるもので・・・(苦笑)。
Commented by senbe-2 at 2007-06-17 13:21
karenさん、
やっぱり、早めにこちらの意思表示をする方が良いのかもしれませんね。私は、軽く前置きをして欲しいんですよね。そこで一息ついてくれたら、断りやすいんだけれど、大抵、一気に話し続けられるから、断るチャンスが難しい。電話は非通知を拒否にしないといけませんかね。
by senbe-2 | 2007-06-15 13:32 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧