小説

仲の良さそうなカナヘビちゃんたち
f0088647_9484518.jpg
f0088647_9491557.jpg





ブログをつけていて、嫌になる時。

それは自分の文才のなさを痛感する時。

文才などは、すぐに磨かれるものでもなし。

今更、じたばたしてもしょうがないけれど、

小説でも読めば、少しは、豊かな表現力をつけることができるかも。

そう思って、図書館に行った時に、

ハウツウ本以外に、2冊の小説を借りてきた。


それがですよ。良くないのです。

はまってしまった。

春になって、外仕事が山ほどあるのに。

外は天気も良く、畑日和だというのに。

続きが気になって、ついつい、炬燵に足をつっこんで、

読み続けてしまう。


小説も終盤になると、目が離せない状況になり、

寝る時間を削ってでも、読み切ろうとしてしまう。

以前にも、同じような状況に陥ったことがある。

韓ドラだ。

自分の時間の使い方に、疑問を抱いて、

一切、観ることをやめた韓ドラ。

状況があまりにも似ている。


たまたま借りた小説が、社会問題を交えた恋愛小説。

この選択が良くなかったのか。

冒険ものや、歴史小説にすれば、

こんなに執着することはなかったのか。

そのへんはわからないが、

次に借りる時は、ジャンルを変えてみようと思う。


それでもやめられなかったら、

小説も封印しなければならない。

子供にゲームは1日30分とか、

以前、ルールを作ったことがあるけれど、

私にもルールが必要なのか。

少々、情けない。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/5106556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2007-04-10 22:05
本を読んでてやめられなくなる気持ち、よくわかります。
あたしはジル君もいるしで寝る時間を削ってまで進めることはまずないけれど、終盤はやっぱりいつも読まない時間帯(遅めの午前中とか)に読んで終わらせてしまうこともあります。
が、たいていは時間を切って読書しているよ。
1時間とか、2時間とか。
それの切りのいい所まで。
最初取っ付きにくい本(とくにこっちの)も、そうやって無理矢理進めたりもします。

春でいいお天気だね。
あたしも今朝はベランダ作業でした。
Commented by hitochanone at 2007-04-10 22:48
こんばんは!
韓ドラ。。。私も土曜は夫婦ではまってました^^; 
しかもサンウのファンで「悲しき恋歌」は陣痛が来てたのに
み終わってから病院にいきました。
小説は、子供産んでから全然手をつけていないので、小説が読めるのは
心にゆとりがあるんだろうなあと思ってます。
でも本を読むって絶対いいことですよね!私も中学から読みまくって国語の成績が上がりました。今は漢字すら間違えますが(笑)
Commented by senbe-2 at 2007-04-11 08:44
L3MONちゃん、
時間を切ることが大事だね。読み始める時に、○時になったら、切り上げて、あれをするって決めなきゃね。小説を封印するのももったいない話だから、時間を切って、続けたい。子供でも、大人でも、時間を大切に使うってことは同じだね。親に切ってもらうか、自分で切るかの違いだけで。
Commented by senbe-2 at 2007-04-11 08:49
hitochanoneさん、
悲しき恋歌、あれは最後が本当に悲しいよね。あのあたりまでの韓ドラはかなりの量、観てます。(笑)
読書で成績上がりましたか。私でも、読み続けたら、少しはましな文章が書けるようになるかな。やっぱり、読書は続けようと思うよ。
Commented by daikatoti at 2007-04-11 11:35
私の場合、アメリカTVドラマの24にはまりました。1シリーズ24時間分あるのですが、1日12時間くらい見続けました。
本にはまるのはいいじゃないですか、なかなかハマるほど面白い本に
巡りあえませんからね。
Commented by とん at 2007-04-11 13:58 x
小説にはまるなんてステキなことじゃないですか。
好きなことをする為に他の時間を上手にやりくりしませんか?
韓ドラは、私もはまりそうな予感がしたので、
避けて避けまくって何とか無事(!?)ですが、
ブログにはどっぷりはまってしまいましたね。
子供には、ゲームは○分!パソコンも○分!とか言いながら、
私はパソコン前から離れられません^^;。
オトナだからいいんです・・・とは私の理論かな。

senbeさんが文才が無いなんてとんでもない!と、私は思います。
とても読みやすくわかりやすいブログを書かれていると思います。
写真も盛り込み、日々の生活の丁寧さがよくわかり楽しいですよ♪
Commented by senbe-2 at 2007-04-11 16:00
daikatotiさん、
24は私もはまっています。早く次のシーズンが始まれば良いのに・・・と今でも思ってます。それでも、1日12時間は見過ぎですよ、totiさん。韓ドラは秀作も駄作も、入り交じっていて、選択のしようがないので、困ります。評判のいいものだけを、観ればいいのでしょうが。
ジャックバウワー、どうなっちゃうんでしょうね・・・。
Commented by senbe-2 at 2007-04-11 16:09
とんちゃん、
好きなことをするために、他の時間を上手にやりくりする・・・立派なひとはそうするんですね。私は、とりあえず、好きな事をしちゃうんです。ふと、時間がないことに気づき、あわてふためいて、やらなきゃいけないことをするのです。最近は、ちょっと賢くなって、前の日に、明日はコレコレをしようと決めておいて、好きな事に流されないように、注意はしているんですがね。何事も計画ですね。
韓ドラで観て良かったのはチャングムくらいですよ。
他のドラマでも、オトコマエをたくさん観ることができて、楽しかったですけれどね。
Commented by runrun at 2007-04-12 02:41 x
むふ。小説ってやっぱ、唯川さんと白石さんどしたか?
白石さんは私にはちょっと難しく、難航中。
唯川さんのはさらっとしてて読みやすかったんだけどねー。
でも、ほんと小説って面白いね!
私は電車でしか読むチャンスが無いんだけど(^^)
読んだ後は、電車降りたら風景を全部文字で表現してしまいそうになるんだよね(((^0^)))
Commented by senbe-2 at 2007-04-12 09:05
runrunちゃっん、
一応、画伯が推薦されてたので、読んでみました。同じ作家でも、作品によって違うんやろね。私が読んだのはそんなに難しくなかったです。ちなみに、「一瞬の光」って題でしたけど。
次は何にしようか、考え中です。「東京タワー」は図書館で、借りられるかどうかわかんないので、ちょっと前話題になった藤沢周平さんにしようか・・・。
>電車降りたら風景を全部文字で表現してしまいそうになるんだよね
私はそうなりたいよ。なんでも言葉で表現して、人にうまく伝えたい。
読むだけで、本当に習得できるのかなぁ。
Commented by runrun at 2007-04-12 17:01 x
「一瞬の光」!そうそう1冊目はそれやった。虐待のやつやんな~ん。
あれも結構暗かったけど・・・。(^^;)
今のは、「すぐそばの彼方」っちゅうやつで、裏献金だの代議士だの秘書だの総裁選だの・・・めちゃ苦手・・・。でも、目がはなせんのだけどね。
「東京タワー」持ってるでぇ~。宅急便でおくろか??どうもリリーさん同い年らしく、やたら時代風景が重なるのよな。あれは、ええなぁ。先に本を読んでしまったもので、なかなかドラマや映画をみる気になれなかったんだけど・・・。オダギリジョーには惹かれる(^^;)
Commented by senbe-2 at 2007-04-12 19:38
runrunちゃん、
オダギリジョー好きなの?
いいよね、あの人。どの映画でも、ええ味出してるよねぇ。
どきっとするくらい、色っぽかったり、渋かったり、オタクっぽかったり、
役作りがすごいよ。だから、今回も絶対、ドラマより、芝居より、映画だね。テレビもお金もないから、最初から映画(ビデオ)しかないんだけど。

「すぐそばの彼方」ね。図書館へ行ってから、借りるかどうか考えるよ。
「東京タワー」のどから手が出そう。実家へ帰る時、借りに行こうかな。(笑)
Commented by runrun at 2007-04-13 10:19 x
オダギリジョーは仮面ライダーの時から目を付けてた(^0^)
ええ役者になったよなぁ~(母親か!)
実家へはよく帰ってくる?
「東京タワー」をダシにお茶しよ!!
Commented by senbe-2 at 2007-04-13 18:47
runrunちゃん、
仮面ライダーだったんですか。知らなかった。

実家へは月に1度か、ふた月に1度帰ってます。
ほとんどとんぼ返りだけどね。
でも、ちょっとくらい寄れるかな。
できたら、非公開コメントで、連絡先教えて。
ランニングコースへでもどこへでも行くよ。
by senbe-2 | 2007-04-10 09:52 | 雑感 | Trackback | Comments(14)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧