修理

ハンドミキサーが壊れた。

コードの根元が破れて、中の銅線が切れてしまっている。

長子が生まれる前だったか、1000円で買った物。

安い割に、よく頑張ってくれた。

コレを使って、シフォンケーキを何度焼いたことだろう。

何十分も回し続けても、モーターが焼けることがなかった。

「お疲れさんやったなー。

次は、ちょっといいやつ買おうかなー。

以前公民館で使ったナショナルのハンドミキサーは、

やっぱり泡立ちの速さが違ってたなー。」

なんて、考えてたら、

夫が一言、「直したらええやん。」

「えっ、直せるん?」と私。

「フタを開けて、ここを切って、つないで、テープまいといたらええ。」

と、説明を始める夫。

「簡単やで、やってみ。」

「あ、そう。」


ということで、治すことにした。

意外と簡単。夫の言うとおり。

f0088647_253366.jpg


f0088647_2532026.jpg



また、快調に動き始めた。

何の問題もない。

ハンドミキサーちゃん、捨てようなんて、考えた私を許してね。

夫ちゃん、直し方教えてくれてありがとう。

直してくれたらもっと嬉しかったかも。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/5007739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2007-03-30 09:02 x
最後のコメントが笑えました。
きっと旦那さんは奥さん育てがうまいんでしょう。
自分がいなくてもなんでもできるように。
Commented by senbe-2 at 2007-03-30 16:24
yukarimちゃん、
夫は人を使うのが大変うまい人です。
私が、「こんなこと私にはできなーい。お願い、ナ・オ・シ・テ!」
なんて言える人なら、夫も直してくれたとは思うけど、
そんなこと、口が裂けても言えませんので、自分で直しました。ハイ。
Commented by L3M0N at 2007-03-30 16:53
直して使えるようになってよかったね!
うちもこないだあたしの椅子と小さな引き出し棚を買ってきて組み立てないといけなかったんだけど、椅子はたいへんだしでやってくれたけど引き出し棚の方は「おたのしみはとっといてあげたから」と満面の笑みで言われたよ。
どうも本気で「おたのしみ」だと思ってる風だった。
Commented by senbe-2 at 2007-03-30 17:27
L3MONちゃん、
いったい、誰のおたのしみなんでしょうね。(笑)
この手の作業、やってやれないことはないと、自分でも思うんだけど、
夫が料理に手を出さないんだから、代わりにこの分野は任せるよっていう気持ちが働いてるんだよね。なんでもできると思われたくなくて・・・。これってせこいかな?
by senbe-2 | 2007-03-30 03:00 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧